大磯ロングビーチの更衣室とコインロッカーの様子、雨の日に行く場合は?


今度の休みの日を利用して大磯ロングビーチに行きたいなと考えていると思いますが、意外と気になってしまうのが更衣室の様子ですよね。

個室はあるのか、どれくらいの広さなのか気になりますし、コインロッカー情報や雨の日に行く場合も気になる人がいるのではないでしょうか?

そこで今回は、大磯ロングビーチの更衣室の様子と、コインロッカー情報雨の日の営業状態についてお伝えします!

スポンサーリンク

大磯ロングビーチの更衣室の様子は?

大磯ロングビーチのプールに行く前に意外と気になってしまうのが更衣室の様子ですよね。

更衣室が狭かったり、設備が整っていないと利用しにくいので、ちょっと気になるという人もいるのではないでしょうか?


大磯ロングビーチには更衣室が3ヶ所ありますが、日帰りで利用する人のほとんどは「プールセンター」にある更衣室を利用する事になります。

第1駐車場に近い「流れるプールロッカーハウス」の2Fにある更衣室と、「波のプールロッカーハウス」にある更衣室は、状況によっては営業しない場合があるので注意しましょう。

プールセンターに入ると更衣室は男女別々に分かれていて、中に入るとテーブルがいくつも設置されており、荷物をテーブルに置いてタオルを巻いて着替えるといった感じになっていますね。

ちなみに他の人の目が気になる方でも安心して利用できるように、鏡付きの個室ブースもありますよ♪

ただ、数が少なく、開園直後や混雑時間帯は待つこともあるので注意しましょう。

あと、プールの更衣室に行くと、床面が汚くなくて「ヌメッ」とか「ネトッ」とかいう足に来る嫌~な感触が気になる人もいるのではないでしょうか?

そのあたりの衛生面に関しては、よく清掃されていることもあって、素足でも全然気にならないくらい綺麗なので、安心して利用する事ができますよ~♪

更衣室内の周辺の設備状況が気になる方もいると思いますので、そちらについても解説していきます。

設備状況
ドライヤー
ドライヤーは更衣室内のドレッサーに設置されていますが、有料となっており、1回100円となっています。

ただ、数に限りがあるので、混雑時に利用する場合は注意しましょう。

ちなみに宿泊客向けの更衣室のドライヤーは無料です。

脱水機
更衣室の近くに設置されており、無料で利用する事ができるようになっています。

水着が濡れたまま持ち帰るよりも、脱水機で無駄な水分を抜いてから持ち帰ると、荷物にならないので便利ですよ♪

シャワー室
更衣室の近くにあり、無料で利用できて個室になっているシャワー室を利用できます。

温水も出るようになっており、水圧も強いので気持ちよく利用できますよ~

シャンプーやリンスを使用してもOKなので、必要な人は自分たちで持参するようにしましょう。

空気入れ
無料で利用できて、自動で入れることができる空気入れがプールエリア各所に設置されています。

空気を入れ過ぎでパンパンッと割ってしまう人もいるので、入れ過ぎには注意しましょう。

スポンサーリンク

大磯ロングビーチのコインロッカー情報!

更衣室で着替えた後は、不要な荷物をコインロッカーに入れて遊びに行くことになるのですが、コインロッカーがどのようになっているのか気になる人もいるのではないでしょうか?

コインロッカーの場所ですが、更衣室がある3つの建物内に設置されており、男女共同で利用できるようになっています。

3種類のコインロッカーを利用できるようになっているので、荷物の量によって使い分けましょう!

小口ロッカー(400円)
利用当日であれば何回でも開け閉めができるタイプのコインロッカーで、お帰りボタンを押すと100円が戻ってきます。

大口ロッカー(500円)
利用当日であれば何回でも開け閉めができるタイプのコインロッカーで、お帰りボタンを押すと100円が戻ってきます。

特大ロッカー(600円)
特大ロッカーのみ1回ごとに精算するタイプのコインロッカーになります。

大磯ロングビーチに雨の日に行く場合は?

大磯ロングビーチに行くためにちゃんと計画してスケジュールを空けておいたのに、行こうとした日が天気予報で雨のマークが出ていると本当に悲しいですよね。

その日にしか行けないという人もいると思うので、

「雨の日でも営業しているかな?」

「雨の日のプールエリアはどんな感じだろう?」

と考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

大磯ロングビーチは屋外にあるプールですが、小雨程度の天気なら営業していることがほとんどですね。

だた、台風のような雨風が強くて安全が確保できない場合は、さすがに営業中止となってしまうので注意しましょう。

ちなみに公式HPの「お知らせ」にて営業状況等の情報公開をしているので、気になる方はチェックしておきましょう!

小雨の時のプールエリアの様子としては、混雑しやすい夏休みや土日祝日でも雨が降ると人が少なく、場合によってはほぼ貸切のような感じで遊ぶことができるので、ある意味で狙い目でもあります。

朝早くからの場所取り合戦もかなり穏やかになっているので、昼ぐらいに行ってもスペースは空いていますし、プールやスライダーも利用し放題なので、十分楽しむことができますよ♪

しかし、注意しておいてほしい事が3つありますので、早速確認しておきましょう。

雨の日の注意点
気温が低いので上着やタオルを持っていく
雨が降ると高かった気温が一気に下がるので、状況によっては肌寒く感じることもあります。

プールの水温も通常より下がっていますし、相模湾の目の前なので天気が悪い日は風が強く、体感温度も下がってしまいます。

上から1枚羽織れるものを持って行ったり、タオルを多めに持って行ったりするなどの対策をしておきましょう!

ちなみにこちらでは、大磯ロングビーチに行く時に必要な持ち物や、持ち込み可能な物について詳しく解説していますので、こちらもチェックしておきましょう!
行く時に必要な持ち物と持ち込み可能な物を確認する

昼から晴れる時は混雑する
1日中天気が悪い日は、先ほど紹介したような営業状況になっていますが、昼から晴れるという天気予報が出ている場合は、通常時と同じく混雑しやすくなっていますので注意しておきましょう。
通常時の混雑状況を確認する

プールエリアがちょっと汚い
雨風吹いていると、どうしても落ち葉などの小さいゴミが、プールエリア内に落ちていることが多いので、気になる人もいるかもしれません。

従業員の方も一生懸命掃除されていますが、なかなか間に合わないのが現状なので、割り切って利用するようにしましょう。

まとめ

今回は、大磯ロングビーチの更衣室の様子と、コインロッカー情報、雨の日の営業状態についてお伝えしました!

ちなみにこちらでは、場所取りに行く時間や行く時に必要な持ち物、お得に利用できる割引クーポン情報なども紹介していますので、行く前にチェックしておきましょう!
大磯ロングビーチのお役立ち情報はこちら!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています