夏野菜を食べて夏バテ予防!その他夏バテ予防食材と防止レシピの紹介

夏になると冷たいものや飲み物を口にしすぎて夏バテになりがちですよね。

夏バテになると食欲や、やる気もなくなってきてツラいです…(ー_ー)

そうならないためにも日頃からの食事を気にしておかないといけませんが、

どの食材を食べたら夏バテの予防に効果があるのでしょうか?

そこで今回は、夏バテを予防できる食材と、そのレシピについてお伝えします!

スポンサーリンク

夏野菜を食べて夏バテ予防をしよう!

夏の暑さの中ずっといると胃の消化機能が低下してしまい、

栄養の吸収が悪くなり、

食欲不振を起こしてしまいます。

栄養の吸収が悪くなると、

ビタミン・ミネラル・たんぱく質といった、

身体に必要な栄養素が不足し、

夏バテ特有の症状が出やすくなります。

夏バテを予防するためには、

いつもよりもビタミン・ミネラル・たんぱく質を食べましょう!

夏野菜には夏バテに効果のあるビタミンがたくさん含まれています。

枝豆などの豆類、トマト、キュウリ、とうもろこし、ゴーヤ、オクラ、ピーマン

などはビタミン豊富で、

たっぷり水分も含まれているので、体温を下げてくれる効果もあります!

これらの野菜はスーパーに行けばいつでも売ってありますが、

旬の野菜はおいしさも違います。

赤く熟したトマトを丸かじりしたり、

キュウリにちょっと味噌をつけて食べたり、

ゴーヤやピーマンなど、お肉と炒めてご飯のお供にしたり、

たくさん夏野菜を食べて夏バテを予防しましょう!

夏野菜の中でも食欲がないときは、

食事前に冷たく冷やしたトマトを食べましょう。

口の中が爽やかになり、食欲がわきやすくなります。

トマトはビタミン・カリウム・ペクチンなど栄養価が多く、

トマト料理もたくさんあるので、ぜひ作ってみて下さいね!

トマトの栄養がなぜ夏バテに良いのか詳しくまとめています。

トマトの栄養の何が夏バテに良いの?より効果的な食べ方は?

野菜以外の夏バテ予防になる食材とは?

夏バテ予防には、ビタミン・ミネラル・たんぱく質が重要と言いましたが、

夏野菜だけでは必要な栄養をすべて取ることができません。

野菜以外ではどのような食材を取ればいいのでしょうか?

ぜひ食べてもらいたい物は、

ウナギ・卵・鶏肉・豚肉・牛肉・柑橘類(みかん・グレープフルーツなど)です。

ウナギはよく夏バテに効果があると言われていて、

土用の丑の日にウナギを食べるという風習があります。

ウナギにはビタミン・ミネラルが豊富でコラーゲンも入っているので、

ものすごく優秀な食材です。

夏バテに良いうなぎのもっと詳しい情報はこちら!

夏バテにうなぎが効果がある理由は?アナゴじゃダメ?

お肉にはタンパク質が豊富に含まれていますが、

タンパク質は身体の疲労回復に効果的です!

タンパク質は、筋肉疲労を治したり、

血液を作ったり私たちの体を作るのに重要な栄養素です。

これが不足すると夏バテ特有の疲労感を感じてしまいます。

お肉を食べて夏バテに負けない体を作りましょう!

特に豚肉は優秀です。

豚肉がなぜ夏バテに良いのか、詳しい情報はこちら!

夏バテ予防に豚肉がいい理由は?効果を高める食材も紹介

柑橘系にはクエン酸という栄養素が含まれています。

(主に酸っぱいと感じる成分ですね)

このクエン酸は疲労を回復させて、

暑さで弱った内臓を正常に戻してくれるという効果がありますが、

正確にはビタミンB1の働きを手助けし、

エネルギーを作り出しているという役割をしています。

そのためクエン酸を取っていないと、エネルギーがなかなか生み出されず、

体がだるくなってしまうということになってしまいます。

柑橘系を食べると口の中がさっぱりして食欲もわくのでおすすめです(*^_^*)

梅干しもクエン酸が含まれているため夏バテに効果があります。

梅干しのもっと詳しい情報はこちら!

夏バテ対策で梅干しが良い理由は?似た効果の食べ物も紹介

スポンサーリンク

夏野菜を使った夏バテ防止レシピを紹介!

夏野菜などの夏バテに効果のある食材を使った料理を食べて、

早く夏バテを吹き飛ばしたいですよね。

そこで栄養満点!夏バテに効果のある簡単レシピを紹介します!

「夏にサッパリ!キュウリとささみの中華風酢の物」

eb6820a8c1b7035022ebbd7cd621ece8221a65e8.97.2.3.2

○材料(2人分)
・きゅうり  2本
・ささみ   1~2本

☆ゴマ油   大さじ1
☆しょうゆ  大さじ2
☆酢     大さじ2
☆砂糖    大さじ1
☆塩     適量

○作り方

1、ささみはゆでるかレンジでチンして火を通す。
その間に☆の材料をまぜておく。

2、きゅうりは千切りにして塩をふり水気を絞る。

3、ボウルにささみをさいて入れ、きゅうりと☆を混ぜ合わせる。

4、皿に盛ってできあがり!冷蔵庫で冷やしておくとおいしいです。

夏野菜であるキュウリと、タンパク質を多く含むささみ、

さらにお酢が入っているので夏バテ予防にはもってこいの料理です!

良い具合の酸っぱさでサッパリし、食欲が高まります。

ラー油やゴマを入れてもおいしいですよ(*^_^*)

次におすすめの料理はこちら!

「ネバネバオクラとささみの梅肉あえ」
76750379014ef620f1722d47794183419ba38e96.13.2.3.2

○材料(2人分)
・おくら5本
・鶏ささみ3本
・梅干し2個

・めんつゆ大さじ2
・酒大さじ1

○作り方
1、オクラを電子レンジで2分程度加熱して粗熱を取る。

2、ささみを容器に入れ、酒を入れたら電子レンジで3分程度加熱する。

3、ささみを加熱している間に、オクラを5~8ミリの大きさで切る。

4、梅干しを包丁で叩き、切ったオクラとめんつゆを合わせる。

5、加熱したささみをほぐしながら入れ、混ぜ合わせる。

6、お皿に盛りつけて完成!

オクラのネバネバと、梅の酸っぱさが食欲をそそります!

私はご飯にかけて良く食べていますね(^_^)

ささみを大きめにしておくと、食べごたえもあっておいしく食べられます。

めんつゆでなくても、ポン酢でもおいしいのでお好きなように作ってみて下さい!

まとめ

今回は、夏バテを予防できる食材と、そのレシピについてお伝えしました!

まだまだ暑さが続きますが、夏バテに効果のある食材をいっぱい食べて元気に過ごしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています