敬老の日に作ってあげたい行事食とは?家族みんなでお祝いしよう!

敬老の日は毎年9月の第3月曜日にある祝日で、おじいちゃん、おばあちゃんに日頃の感謝と敬意を表す日となっています。そんな日だからこそ、家族みんなで食事をしながら祝いたいですよね(^o^)

そこで今回は、敬老の日に作ってあげたい行事食について詳しくお伝えします!

スポンサーリンク

敬老の日の行事食を作ってお祝いしよう!

敬老の日には何を食べるのかと聞かれたときに、パッと答えることはできますか?子供の日と言えば「かしわ餅」、七夕と言えば「そうめん」、他の日の行事食は出てきますが、敬老の日の行事食は特に決まりが無く、あやふやです。しかし、もうすぐ秋ということで、栗やサツマイモなどを使った料理がよく作られていて、お祝いなので紅白を基調としているものが多いです。柔らかいものや、とろみがついていたり、噛み切りやすいものもいいでしょう。

☆敬老の日に食べる物一例☆
○赤飯
お祝いと言えば赤飯ですよね。普通の赤飯でもいいですが、もうすぐ秋ということで、栗を入れて栗入り赤飯にしていることが多いです。サツマイモを入れてもおいしいですよ。これは外せない鉄板と言ってもいいでしょう。

○魚の煮付け
お刺身でもいいですが、煮付けにすることで柔らかくなり、食べやすくなります。サワラや金目鯛などの魚を使うといいでしょう。

○天ぷら
キスやエビ、ナス、シシトウなどの天ぷらもおすすめです。天つゆと一緒に食べると柔らかくなるので食べやすくなります。

○茶碗蒸し
柔らかくのどごしがいいのでおすすめ!茶碗蒸しがあると一気にお祝い感がUPするので、是非作ってみて下さい。

○お吸い物
敬老の日の行事食は和食に近いので、魚の煮付けで使わないアラなどを使って、お吸い物を作るといいでしょう。

○お浸しや漬物
小松菜と菊のお浸しや、かぶの柚子漬けなどのちょっとしたものも作るといいでしょう。

○デザート系
お祝い事には紅白まんじゅうがおすすめですが、おはぎやケーキ、ようかんなどでも大丈夫ですよ!

スポンサーリンク

目安としては、「まごわやさしい」を基準として作ると良いそうです。
豆類(豆腐・大豆・納豆など)
ごま
わかめなど海藻類
野菜

しいたけなどきのこ類
いも類

どれも、食物繊維や栄養、ミネラルが豊富で、お年寄りに限らず、すべての年代におすすめの食材です。実際、遠く離れていて当日会えない時でも、このメニューを取り入れて、おじいちゃんやおばあちゃんのことを思いながら食べるといいでしょう。

食事だけでなく、プレゼントも渡すかもしれませんので、せっかくなら思い出に残るように、驚くようなサプライズプレゼントを贈りませんか?
敬老の日のプレゼントをサプライズで贈る方法!

メッセージカードのアイデアと例文も詳しくお伝えしています。
このメッセージカードのアイデアを知ればワンランク上のカードを作れるだろう。

もしも寝たきりのおじいちゃん、おばあちゃんがいる場合、どんなプレゼントが喜んでくれるのかご紹介しています。
寝たきりの祖父母がもらってうれしいプレゼントはコレ!

まとめ

今回は、敬老の日に作ってあげたい行事食について詳しくお伝えしました!

いつも通りの食事でもいいですが、せっかくの祝日ですので、行事食を作って、みんなでお祝いしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています