スキー&スノボのバックパックでおすすめは?防水の人気商品を紹介!


休日を利用してスキーやスノーボードを楽しみたいなぁと考えていると思いますが、実際に行こうとするとたくさんの物を準備する必要がありますよね。

そんな時にバックパック(リュック)を持って行くと、食べ物や飲み物、着替えなどたくさんの物を持参できますし、手ぶらになるので、スキー場での行動がラクになったりと良い事だらけです。

ただ、バックパックといってもたくさんの種類があるので、スキーやスノボに行く時におすすめのバックパックの選び方をご紹介していきますね!

スポンサーリンク

スキー&スノボのバックパックを選ぶ時におすすめする条件とは?

最近では「バックパック」(もしくはリュック)と検索すると、デザインや色など様々な種類のバックパックが販売されていますよね。

普段使いする物なら自分が好きなデザインや色の物を選べばOKなのですが、スキー場に行く場合は機能性も注意しながら選ばないと、行った時に後悔してしまう事が非常に多いです。

スキー場は街中とは違って気温や天候が違うので持ち物が増えますし、激しい動きをする場面が多いので、以下の3つことに注意しながら選ぶようにしましょう!

容量(大きさ)

スキー場に行く時に必要な持ち物についてはこちらのリンクから確認できますが、
日帰りスキーに行く時に必要な持ち物リストを確認する!

食べ物や飲み物、着替え、携帯・スマホ、常備薬などたくさんの物が必要になるので、バックパックの容量は多い方がおすすめです。

日帰りで利用するのなら、約25Lぐらいの容量があれば十分足りるので、商品を選ぶ時に確認するようにしましょう。

保護性

スキーやスノーボードは激しい動きをしたり、転倒によって激しい衝撃が伝わったりするので、背中部分にパッドが付いているバックパックがおすすめです。

さらに、ゲレンデにいる間はずっと背負っている事が多いので、肩紐によって肩が痛くならないよう、デザインを確認しながら選ぶようにしましょう!

防水性

スキー場は標高が高い場所にあるので天候が悪くなりやすいですし、雪質によっては転倒した時に服からバックまでビチョビチョになってしまうことも非常に多いです。

そんな時に、水が染みこみやすいバックパックを使用していると、中に入れていた着替えやカメラなどの精密機器までも濡れてしまうので、いざという時に最悪な気分になってしまいます。

バックパックを選ぶ時は、防水性のある素材を使用した物を選ぶようにしましょう!

スキー&スノボのバックパックは防水性がめっちゃ重要!

バックパックを選ぶ時の条件を3つご紹介しましたが、この中で最も重要なのが「防水性」です!

別に荷物が少なければ、肩掛けの小さいバックでも十分ですし、インナーやスキーウェアを着た状態で背負ったら、服がクッションの代わりになってそんなに痛くないので、案外どれを選んでも大丈夫なんですよね。

しかし、防水性に関してはこだわって選ばないと、外で疲れて荷物を下ろす時に濡れている場所がほとんどなので、地面に置くことも出来ませんし、雪や雨で中まで水が染みこんできてしまい、中の物が濡れてガッカリしてしまうことが非常に多いです。

そのようなことから、スキーやスノボに行く時は、防水性の高い素材を使用したバックパックを選ぶのがめっちゃ重要ですよ!

ちなみに、防水スプレーをバックパックに振りかけて防水対策しようとする人もいますが、防水スプレーをムラ無くを吹きかけるのは案外難しいんですよね~

全体をしっかりスプレーしたと思っていても、ムラが出来ていた部分やファスナーなどから水が染みこんできて、中の物が濡れてしまうことが非常に多いです。

ハッキリ言って防水スプレーはおすすめできないので、防水バッグ(出来れば完全防水)を購入するようにしましょう!

スポンサーリンク

スキー&スノボのバックパックで人気ブランドをご紹介!

防水性の高い素材を使用したバックパックがおすすめと言いましたが、楽天で「防水バック」と検索してみると、
【楽天市場】防水バック商品一覧を確認する!

「たくさんの種類があって悩むなぁ~(^_^;)」

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ただ、素材の影響で部活で使用するエナメルバックみたいな光沢で安っぽく見えたり、デザインがダサい物が多くないですか!?

さらに、完全防水ではないバッグも多いので、

「もっとオシャレで機能性の高いバックパックが欲しい!」

という人も多いと思います。

そんな悩みを抱えるあなたのために、数ある防水バックパックの中から、スキーやスノボで大活躍する人気の防水バックを厳選しましたので、早速チェックしてみましょう!

VICIOUSVENOMのDRY_PACK



[DRY_PACKの基本情報]
色:4種類
容量:25L
重量:765g
幅:32cm
高さ:47cm
奥行:22cm

VICIOUSVENOM(ヴィシャスヴェノム)は、他の防水バッグに比べて高級感がある完全防水バッグを販売しているブランドで、2017年に日本初上陸した商品になります。

他の防水バックはビニール素材(PVC)を使用している商品が非常に多く、ビニール独特の安っぽい光沢がありますが、VICIOUSVENOMで扱っている商品はプラスチック素材を使ってバックが作られているので、安っぽい光沢感が全くありません。

色も黒やネイビー、白を基調として作られており、他の防水バックと比べると大人の高級感が感じられるので、スキー場だけでなく通勤・通学時のバックパックとしても使用することが出来ますよ。

さらに、ビニールとプラスチックの強度を想像すればわかりますが、他の製品と比べると耐久性も非常に高いので、スキー場に移動する時の電車や車の中で擦れてしまったり、バックを背負いながら滑って派手に転倒したとしても、傷が付きにくくなっています。

紹介している「DRY_PACK」は全部で4種類あって、容量が25Lと十分なサイズですし、バッグ自体の重量も軽いので、非常に使い勝手が良いですよ♪

また、VICIOUSVENOMの商品は他の商品にはなかなか無い、便利な機能が2つあるので非常におすすめです。

便利な機能
こんな所まで完全防水!

プラスチック素材を使用しているので、防水性が非常に高く、強い雨に打たれたり、水に多少浸かったり、写真のように雪に埋まっていても、水が染みこまない完全防水となっています。

さらに、荷物を入れるバックの口の部分は、クルクルと丸めて止めるロールトップ式となっているので、より一層防水性が高く、中の荷物をしっかりと守ってくれますよ。

また、フロントポケットのファスナー部分が防水加工されていたり、バッグの縫い目部分は熱溶接で生地を接着しているので、スマホや財布などを入れていても、水が染みこむことが無いので非常に安心です。

バックの裏地が取り外し可能!

バックの裏地には、ダイビング用のウェットスーツの素材や、PC保護ケースでもよく使われている「ネオプレン」という、柔らかくて強度のある素材が使用されています。

バックと裏地はマジックテープで固定されているだけなので、裏地が汚れたら簡単に取り外して洗濯機で洗うことができ、バック本体はシャワーでササッと汚れを落とすことも出来ます。

スキー場を利用した後は、濡れた服や道具をバックに入れる人も多いですが、長い期間使用していると、バックの臭いが気になる人も多いのではないでしょうか?

そんな時でも簡単に着脱できて別々に洗えますし、一晩あれば乾かすことが出来るので、安心して清潔に使用することが出来ますよ。

ちなみに、私自身もこのVICIOUSVENOMの「DRY_PACK」を愛用しており、実際に届いて開封した時の様子や、数日間使用してみて感じたことについて詳しくレビューしているので、気になる方はチェックしてみましょう!
VICIOUSVENOMのDRY_PACKの購入レビューを確認する!

ここまでVICIOUSVENOMの「DRY_PACK」についてご紹介してきましたが、気になるのはそのお値段ですよね。

2018年現在「DRY_PACK」という商品は、公式サイトで2万7500円(税抜)というお値段で販売されています。

他の防水バックなら1万円前後ぐらいで購入することが出来るので、

『お値段高いなぁ~(^_^;)』

と、どうしても思ってしまいますよね。

しかし、他の防水バックよりもさらに優れた防水性と、普段使いもできるようなおしゃれなデザイン。

多少乱雑に扱っても大丈夫な耐久性やお手入れのしやすさなども考えると、普通の防水バッグよりも長持ちするので、このお値段は納得がいくのではないでしょうか?

ちなみにVICIOUSVENOMの公式サイトでは、無料お試しキャンペーンを行っており、申し込みをすれば全11種類のバッグを無料で利用できるようになっています。

購入しようか悩んでいる方は、無料お試しキャンペーンを利用してから検討するのがおすすめですよ♪
VICIOUSVENOM公式サイトから購入・無料お試しをする!

まとめ

今回は、スキーやスノボのバックパックを選ぶ時におすすめする条件や、人気の防水バックについてご紹介しました!

ご紹介した商品以外にもたくさんの防水バックがありますので、こちらの商品一覧から探してみるのも良いでしょう。
【楽天市場】防水バック商品一覧を確認する!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています