長島スパーランドのプール場所取りと無料休憩所の様子、必要な持ち物は?


今度のお休みの日を利用して、ナガシマスパーランドのプールに遊びに行きたいなと考えている人もいると思いますが、実際に行くとなると疲れた時に休憩したり、荷物を置いたりするための休憩所の場所取りが重要になってきます。

ただ、実際に行こうとした時に、場所取りをいつから行えばいいのかかわからないと悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、長島スパーランドのプールの場所取りをする時間と、無料休憩所の様子とおすすめの場所行く時に必要な持ち物についてお伝えします!

スポンサードリンク

長島スパーランドのプールの場所取りはいつから?

長島スパーランドのプールに遊びに行く時は、疲れた時に休憩したり、荷物を置けるスペースをしっかりと場所取りしておく事が重要になってくるのですが、

「一体いつから場所取りをしておけばいいの?」

と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

長島スパーランドのプールの混雑状況はこちら!
上のリンクでは、長島スパーランドのプールの混雑状況を詳しく解説しているので、気になる方はチェックしておいてほしいのですが、7月上旬~9月下旬までプールは営業していて、その中でも土日祝日夏休みお盆の時期の11時~14時が最も混雑しやすくなっています。

これら混雑する時期に行くと、開園時間前には入場ゲートに多くの人が並んでおり、開園すると同時にみんな一斉にプールエリアまで走って場所取りに行くので、人気のプールやスライダーに近い無料休憩所はあっという間に埋まってしまうんですよね。

さらに11時~14時の混雑時間帯に行くと、駐車場では大混雑していて、入場ゲートまで遠く離れた駐車場しか空いてませんし、休憩所はプールやスライダーから離れた休憩所や、2階・3階とプールまでの移動が大変な場所が、わずかなスペース分しか空いていないので、できるだけ混雑時間外に場所取りに行くのがおすすめです。

場所取りの事を考えて入場ゲートに並ぶとしたら、

通常営業時の平日なら人が少ないので開園時間までに到着しておけば、プールやスライダーに近い休憩所を場所取りすることができるでしょう。

通常営業時の土日祝日や夏休みの平日に行く場合は、休日ということもあって人が多少増えているので開園1時間前遅くても開園30分前までには到着して入場ゲートに並んでおきましょう。

夏休みの土日・お盆は、大人から子供まで最も多くの人が利用するので場所取りもかなり激しくなっています。

プールやスライダーに近い休憩所を確実に場所取りしたいのなら開園1時間30分前遅くても1時間前までには並んでおきましょう。

しかし、中には、

「こんなに早くから場所取りに行けないよ~(>_<)」

という人もいるのではないでしょうか?

そんな人は比較的に混雑が落ち着いてきた14時以降に利用するのがおすすめです!

14時を過ぎると午前中から利用していた人が遊園地の方へ遊びに行ったり、帰宅し始めるので、その人たちが利用していた場所がチラホラと空いています。

好きな場所を確保できるとは限りませんが、11時~14時の混雑時間帯に行くよりも場所取りしやすくなっていますよ♪

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、ナガシマスパーランドに実際に行ってきた人たちの口コミ情報や実際の写真などをチェックすることができるので、お出かけする前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】ナガシマスパーランドの口コミ情報を確認する

最後に場所取りに向かう際の注意点として2つありますので、こちらもしっかりとチェックしておいて下さいね♪

場所取りの注意点
前売り券を購入しておく
入場ゲートとチケット窓口の列は別々になっているので、現地でチケットを購入していると、窓口に並んでいる間に入場ゲートの行列が伸びており、その時間分だけ後ろの列に並ばないといけなくなってしまいます。

JTBなどのチケットサイトでは前売り券を販売しているので、前もって購入しておくと無駄な時間を過ごさなくて良くなりますよ♪

ちなみにこちらでは、長島スパーランドのプールのチケット料金をお得に利用できる割引クーポン情報を紹介していますので、行く前にチェックしてお得に利用しましょう!
長島スパーランドのプールの割引クーポン情報はこちら!

テントやパラソルを持ち込んでの場所取りが禁止
長島スパーランドでは、テントやパラソルの持ち込みは禁止されているので、レジャーシートのみで場所取りする必要があります。

ちなみに最後の章で、行く時に必要な持ち物について紹介しているので、行く前にしっかりと所持品を確認しておきましょう。

スポンサードリンク

長島スパーランドのプールの無料休憩所の様子は?

長島スパーランドのプールには有料休憩所が無いので、プールエリア内に4か所ある無料休憩所を利用することになりますが、どの場所を確保したらいいのかわからないという人もいることでしょう。

そこで、それぞれ4つの無料休憩所の特徴をまとめてみたので、どの場所を確保しようか検討してみましょう!

無料休憩所の場所

第1休憩棟
更衣室の近くにあり、3階建てになっている無料休憩所ですね!

この場所はプールやスライダーまでの距離も近いですし、インフォメーションセンターやレストラン・売店、更衣室、コインロッカーの距離も近いので、とにかく便利です。

場所も広く、スパキッズまでの距離も近いので、小さな子供を連れた家族連れの方に人気のある場所ですよ♪

第2休憩棟
サーフヒルスライダーの下にあり、1階にはサーフヒルレストラン、2階・3階が無料休憩所になっている場所になります!

この場所はプールエリアのほぼ中央の位置にある休憩所で、どのプール・スライダーにも近い場所なので、活発に遊び回る小学生以上のお子さんがいる場合はここを利用するのがおすすめですよ♪

1階にはレストランがあるので昼食を取るのは便利ですが、2階・3階の休憩所に行くには階段を利用しないといけないので少し大変です。

第3休憩棟
ビッグワンスライダーの近くにあり、プール入口から最も離れた位置にある無料休憩所になります。

離れた場所ということもあって比較的に空いていることが多く、お昼頃から利用する方はこの休憩所を目指して場所取りしに行くと良いでしょう。

小さな子供がいる場合は、歩き疲れてしまう事がありますので、大人だけのグループの人におすすめの場所です。

第4休憩棟
サーフィンプールの目の前にあり、最も敷地が広い無料休憩所になっています。

1階~3階まですべてが休憩所になっていて、目の前の見晴らしや風通しも最高です。

混雑時でも空いている確率が高いので、お昼頃から利用される方は要チェックです!

この中で最も場所取りが激しいのが、各プールやスライダー、更衣室、売店から近い第1休憩棟の1階になります。

この場所を取りたいのなら、開園1時間30分前~1時間前までに並んでおかないと厳しいので、早めの行動を心がけましょう。

おすすめの休憩所の順番としては以下のようになりますので、もしも第1休憩棟の1階が場所取りできなかったらこれらの場所も考えておきましょう。

無料休憩所の場所取りおすすめ順番
①第1休憩棟 1階
②第1休憩棟 2階・3階
③第2休憩棟 2階・3階
④第4休憩棟 1階~3階
⑤第3休憩棟

長島スパーランドのプールに行く時に必要な持ち物は?

長島スパーランドのプールの場所取り時間や休憩所の目星もつけ、後は荷物を準備して出かけるだけ!

と考えていると思いますが、

「プールに行く時に必要な持ち物ってなんだっけ?(^_^;)」

と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

長島スパーランドは持ち込みできる・できない物のルールが厳しいので、事前にしっかりと確認しておく事が必要です。

そんな持ち物について悩んでいるあなたのために、行く時に必要な持ち物を一覧でわかりやすく紹介したり、

「これってどうなの?」

というような物の、持ち込みOK・NGについて詳しく解説しているので、こちらからチェックしてみましょう!
プールに行く時に必要な持ち物と持ち込み可能な物を確認する!

まとめ

今回は、長島スパーランドのプールの場所取り時間、無料休憩所の様子とおすすめの場所、行く時に必要な持ち物についてお伝えしました!

土日祝日・夏休み・お盆の時は大混雑しますので、できるだけ開園前から並んで場所取りを行いましょう!

ちなみにこちらでは、長島スパーランドのプールの混雑状況や更衣室の様子、割引クーポン情報、カップル・家族におすすめの宿泊場所など、役に立つ情報を紹介しているので、こちらもチェックしておきましょう!
長島スパーランドのお役立ち情報を確認する!

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています