通天閣の混雑状況と駐車場情報、お得な割引券クーポンはある?


大阪府大阪市浪速区にある通天閣は、なにわのシンボルとも言える展望塔で、5階には大阪の街を一望できる展望台や、足の裏をなでると幸運が訪れるという神様「ビリケン像」などがあり、大阪を訪れる観光客で人気のスポットとなっています。

そんな通天閣の展望台に上ってみたいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると混雑状況や駐車場情報が気になりますし、チケット料金を見てみると高いので、もう少し安く利用できないかなぁと思ってしまいますよね。

そこで今回は、通天閣の混雑状況駐車場情報と行く時間安くお得に利用できる割引券クーポン情報についてお伝えします!

ちなみにこちらでは、通天閣の基本情報やアクセス情報など確認できるので、行く前にチェックしておくと役に立ちますよ♪
【楽天トラベル】通天閣の基本情報やアクセス情報を確認する!

スポンサーリンク

通天閣の混雑状況は?


今度の休日を利用して通天閣に行きたいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると混み具合が気になってしまいますよね。

人が多いと待ち時間が増えてしまったり、ゆっくりと利用できない事もあるので、できることなら人が少ない時に利用したいものです。

通天閣が混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか?

通天閣が混雑する時期としては、平日よりも土日祝日が混雑しやすく、混み合う時間帯としては11時~15時の時間帯が混雑しやすくなっています。

ただ、ゴールデンウィークやお盆などの連休や特定の日になると、通常の土日祝日よりも混雑するので注意が必要です。

特に注意するべき連休や特定の日をまとめましたので、チェックしておきましょう!

注意するべき連休・特定の日
春休み
3月下旬~4月上旬

ゴールデンウィーク(GW)
5月上旬

夏休み
7月下旬~8月下旬

お盆
8月13日~8月16日前後

シルバーウィーク(SW)
9月中旬

冬休み・年末年始(正月)
12月下旬~1月上旬

3連休の中日

これらの連休や特定の日になると、平日でも土日祝日並みの混雑が予想されますし、土日祝日と被ると普段の数倍の混雑になるので注意が必要です。

ちなみに、春~秋の期間中はお出かけしやすい気候ということもあって、冬に比べると多くの人で混雑しやすくなっていますね。

特に春休みやGW、夏休み、お盆は最も多くの人が訪れる時期でもあるので注意しましょう。

できるだけ混雑を避けて楽しむためには、どの時期でも平日に利用したり、営業開始直後や15時以降の人が少ない時間帯を狙ってお出かけすると、混雑が少ない状態で楽しめるのでおすすめですよ!

ここまで大体の混雑状況について解説してきましたが、

「混雑すると言われても、通天閣のどこが混雑するの?」

と悩んでいませんか?

通天閣で実際に混雑に注意してほしい場所としては、駐車場チケット窓口エレベーター写真撮影ですね!

駐車場の混雑状況


駐車場についてですが、通天閣には専用の駐車場は無く、車でお出かけする場合は周辺の有料駐車場を利用することになります。

ただ、土日祝日や連休に行く場合、他のお店や施設を利用する人も有料駐車場を利用するので、駐車場や周辺道路で混雑しやすくなっています。

この次の章で、車で行く人向けに駐車場情報を詳しく解説しているので、どうしても車で行きたいと考えている方はしっかりと確認しておきましょう!

チケット窓口の混雑状況


チケット窓口についてですが、平日なら特に問題なく利用できますが、土日祝日や連休時になると、チケットを購入するための長い列ができており、10分以上の待ち時間が発生している場合もあります。

JTBでは、通天閣の前売り券が販売されているので、事前に購入しておくとスムーズに利用できるのでおすすめです。

ちなみに、デイリーPlusという割引クーポンサイトを利用すれば、チケット料金を通常より格安で利用できるようになっています!

【デイリーPlus】通天閣のチケット情報を確認する!
※実際にどれだけ安い料金で利用できるかはこちらからチェックできます。
※タイムアウトと表示される場合はトップに行き、施設名で検索してください。

通常ならば1か月間無料なのですが、下記のリンクから登録して下さった方限定で2か月間無料で利用できるので非常におすすめです。

しかも割引率は高いですし、家族みんなで利用すればかなりの金額を節約できるので、お出かけする前に登録してお得に利用しましょう!

エレベーターの混雑状況


展望台までエレベーターを使用して上ることになりますが、全部で2台分しかなく、実質片道1台分しか稼働していないので、平日や人が少ない時間帯でも待ち時間が発生しています。

口コミ情報等を確認してみると、平日は約10~20分の待ち時間、土日祝日・連休は約30~40分の待ち時間になっていたという情報があったので要注意。

下に降りる時もエレベーターでは待ち時間が発生していますし、状況によってはさらに混雑する可能性もあるので、時間に余裕をもって利用するようにしましょう!

写真撮影の混雑状況


写真撮影についてですが、エレベーターで展望台に到着するとカメラマンがいて、観光写真を撮影してもらうことができます。

ただ、口コミを見てみると強制的に撮影するみたいで(笑)購入を断ることも可能みたいですが、1枚1,100円程で販売しています。

この強制写真撮影のために順番待ちが発生してしまう事があるので注意しましょう。

混雑情報まとめ
・平日よりも土日祝日が混雑
・11時~15時が混雑
・連休や特定の日に行く時は特に注意!
・駐車場、チケット窓口、エレベーター、写真撮影に注意

・出来るだけ平日に行く
・営業開始直後や15時以降の人が少ない時間帯を狙って行く
・前売り券を購入しておく

デイリーPlusに登録してお得に利用する!
・待ち時間が発生しやすいので時間に余裕を持った行動を!

スポンサーリンク

通天閣の駐車場情報と行く時間は?


通天閣まで車で行きたいなと考えている人もいると思いますが、その時に気になるのが駐車場情報ですよね。

ただ、通天閣には専用の駐車場が無く、車でお出かけする場合は周辺の有料駐車場を利用することになるので注意が必要です。

下記に通天閣周辺にあるおすすめの有料駐車場をまとめましたので、車でお出かけする場合はしっかり確認しておきましょう!

通天閣周辺の有料駐車場情報


※各Pマークをクリックすると駐車台数や料金などの情報を確認できます。

通天閣周辺の駐車場情報はこのようになっていますね。

たくさんの駐車場がありますが、地図上の黄Pマークの「リパーク通天閣第3」「リパーク通天閣第6」が個人的にはおすすめですね!

通天閣から近いのはもちろんの事、平日・土日祝日でも最大料金が設定されているので、長時間駐車していても安心なので、通天閣だけでなく新世界の観光も時間を気にせずにゆっくりと行うことができます。

また、比較的に駐車台数が多い駐車場でもあるので、この2つの駐車場を目指してお出かけすると良いでしょう♪

駐車場の混雑状況についてですが、どの駐車場も駐車台数が少ないので、平日でも満車になってしまっている駐車場が多々ありますね。

土日祝日や連休になるとなおさら、朝早くから行かないと空いていない事も多いですし、歩いている観光客が多いので、車で通る時には細心の注意が必要です。

そのため、細い道に入るとノロノロ運転になってしまって渋滞が発生しやすいですし、周辺の大きな道路でも渋滞している場合もあるので注意しましょう。

個人的には、すぐ近くに恵美須町駅・新今宮駅・動物園前駅があるので、車よりも公共交通機関を利用してお出かけするのがおすすめですよ!

どうしても車でお出かけしたい人は、満車だった場合も考えて周辺にある駐車場情報をしっかり確認するのはもちろん、できるだけ混雑が少ない平日や午前中に行動し、時間に余裕をもってお出かけしましょう。

通天閣をお得に利用できる割引券クーポン情報!


通天閣のチケット料金は確認してみましたか?

展望台に上るためには入場料が必要になりますし、通天閣最上部に位置する特別屋外展望台「天望パラダイス」を利用する場合は別料金が必要になりますが、その料金は以下のようになっています。

[入場料]
大 人:800円
5歳~中学生:400円

[特別屋外展望台料金(天望パラダイス)]
大 人:500円
5歳~中学生:300円

通天閣の公式サイトを確認する!

こうやって見てみると、

「もう少し安く利用できないかなぁ~(^_^;)」

と思ってしまいますよね。

さらに、車で行くとなると駐車料金やガソリン代がかかりますし、周辺施設やお店などを利用するとさらに出費が増えてしまうので、チケット料金だけでも安く利用したいものです。

そんな少しでも格安に利用したいと考えているあなたのために、通天閣をお得に利用できる割引クーポン情報をこちらで紹介しているので、行く前にチェックしておきましょう!
通天閣を格安に利用できる割引券クーポン情報を確認する!

まとめ

今回は、通天閣の混雑状況、駐車場情報と行く時間、安くお得に利用できる割引券クーポン情報についてお伝えしました!

土日祝日や連休時は混雑しやすいので、しっかりと対策をしてからお出かけするようにしましょう!

ちなみにこちらでは、通天閣の基本情報やアクセス情報など確認できるので、行く前にチェックしておくと役に立ちますよ♪
【楽天トラベル】通天閣の基本情報やアクセス情報を確認する!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています