長島スパーランドのプール混雑状況と必要な持ち物、持ち込み可能な物は?


ナガシマスパーランドでは、夏になると「ジャンボ海水プール」というプールの営業が開始されますが、実際に遊びに行きたいと考えている人もいるのではないでしょうか?

しかし、実際に行くとなると、混雑する時期や時間帯、プールエリアの様子などが気になりますし、必要な持ち物などあらかじめ知っておきたいですよね。

そこで今回は、長島スパーランドのプールの混雑状況と、必要な持ち物持ち込みが可能な物についてお伝えします!

スポンサードリンク

長島スパーランドのプールの混雑状況は?

ナガシマスパーランドのジャンボ海水プールに行く時に気になる事といえば混雑状況ですよね。

人が多いと場所取りが大変ですし、スライダーなどで待ち時間が出てしまうので、できるだけ人が少ない時に利用したいものです。

長島スパーランドのプールが混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか?

長島スパーランドのプールは7月上旬~9月下旬まで利用できるようになっており、混雑する時期としましては、平日よりも土日祝日が混雑し、時間帯としては11時~14時の時間帯が混雑しやすくなっていますね。

さらに詳しい時期を説明すると、夏休みの土日祝日お盆の期間は学校や会社がお休みの人が多く、最も多くの人で混雑しやすくなっているので注意しておきましょう。

土日祝日の11時~14時の時間帯に行ってしまうと、プールエリアの無料休憩所の良い場所は場所取りされていて、プールやスライダーから離れた休憩所や、2階・3階とプールまでの移動が大変な場所しか空いていない事が非常に多いです。

それに比べて平日や夏休み期間外に行くと、混雑が少ない状態で利用できるので、できるだけ時期をズラして遊びに行くことをおすすめします!

もしも混雑時期にしか行けない場合は、開園時間前から行ったり、14時を過ぎた時間帯を狙っていくと、比較的に利用する人が少ない状態で利用できるので、行く時間をズラすなどの対策をしておきましょう。

ちなみにこちらでは、休憩所の場所取りのために行く時間や注意点、おすすめの無料休憩所ついて解説しているので、実際に行く前にチェックしておきましょう!
場所取りする時間や注意点、おすすめの無料休憩所を確認する!

ここまで長島スパーランドのプールの混雑状況について解説してきましたが、

「プールエリアのどこの場所が混雑しているの?」

と考えている人もいるのではないでしょうか?

混雑に注意してほしい所としては、駐車場入場ゲート&チケット窓口更衣室売店各プール&スライダーですね!

駐車場は伊勢湾岸自動車道を挟んで2つの駐車場に分かれており、普通車は1日1,000円で利用できるようになっています。

夏休みの土日やお盆の時でも満車にはならないくらい、ものすごく大きい駐車場ですが、到着するのが遅れてしまうと入場ゲートまでかなり離れた場所しか空いていないという欠点があるんですよね。

夏の厳しい日差しの中を、重い荷物を持って歩くだけでも疲れてしまうので、できるだけ早く駐車場に到着しておくのがおすすめです。

駐車場に到着しておくべき詳しい時間は、先ほど紹介したリンク、

場所取りする時間や注意点、おすすめの無料休憩所を確認する!

で、紹介しているので、車で行こうと考えている方はチェックしておきましょう!

入場ゲート&チケット窓口では、休憩所の場所取りのために朝早くから並んでいる人を多く見かけることができますし、混雑時間帯になってくると、チケットを購入するために10分以上の待ち時間が発生していることもあります。

JTBなどのチケットサイトでは前売り券が販売されており、事前に購入しておくと現地でチケット窓口に並ばずに、直接入場ゲートに並べて時短できるのでおすすめですよ♪

ちなみにこちらでは、長島スパーランドのプール付チケットを格安に利用できる割引クーポン情報を紹介しているので要チェックです!
プールの割引クーポン情報を確認してお得に利用する!

更衣室は開園直後や混雑時間帯になってくると多くの人が利用するので、着替えるスペースなどが狭く、利用しにくい部分があります。

ちなみにこちらでは、長島スパーランドのプールの更衣室やコインロッカーの様子、雨の日の場合などちょっと気になる事をまとめて詳しく紹介していますので、気になる方はこちらもチェックしておきましょう!
プールの更衣室やコインロッカー、雨の日の場合を確認しておく!

売店についてですが、軽食などを販売していているお店では、お昼頃になると長い行列が出来ており、待ち時間が発生していることがあります。

ちょっと早めですが11時頃から利用すると、スムーズに購入することができますよ♪

各プール&スライダーについてですが、7つのプールと11種類のスライダーを利用できるようになっています。

プールは流水プールや波のプール、ファミリープールなどがありますが、土日祝日になると両手を広げると隣の人とぶつかりそうになるほど多くの人で混雑しています。

とはいっても泳げるだけのスペースはある程度確保されているので、十分楽しむ事ができますよ♪

しかし、夏休みの土日祝日やお盆に行くと、流水プールや波のプールではイモ洗い状態になっていることがほとんどで、そんな状況でも子供はふざけたり、はしゃいで泳ぎ回るので、ぶつかってしまう事もしばしばです。

スライダーは子供用も合わせると11種類もあり、子供から大人まで大人気なので、混雑時間になるにつれて待ち時間も発生しています。

滑るのは数十秒ほどですが、土日祝日になると約30分前後の待ち時間になっており、夏休みの土日やお盆の混雑時間になると、約1時間前後の待ち時間になっていたという情報もあったので注意しておきましょう!

プールとスライダー両方に言える事ですが、開園直後から利用したり、比較的に混雑が落ち着いてきた14時以降から利用すると、プールは適度なスペースがある状態、スライダーは待ち時間が少ない状態で利用できるので、上手く時間をズラして利用するようにしましょう!

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、ナガシマスパーランドに実際に行ってきた人たちの口コミ情報や実際の写真などをチェックすることができるので、お出かけする前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】ナガシマスパーランドの口コミ情報を確認する

また、プールに行く場合は水着で過ごすことになりますが、肌の露出が多いので無駄毛が気になってしまう人もいるのではないでしょうか?

こちらでは、プールに行く前にどの部分の無駄毛を処理したらいいのか、毛深い男性や毛深い女性に対する周囲の人の印象はどうなっているのか、実際に除毛する時のおすすめの方法は何なのか詳しく解説しているので、気になる人はチェックしてみましょう!

混雑情報まとめ
・平日よりも土日祝日が混雑
・11時~14時が混雑
・夏休み・お盆期間は特に注意
・駐車場、入場ゲート&チケット窓口、更衣室、売店、各プール&スライダーにも注意

・出来るだけ平日や夏休み期間以外に行く
・開園時間前もしくは14時以降から利用する
・前売り券を購入しておく
・昼食は早めの購入、もしくは持参

プールの割引クーポン情報を確認する!
詳しい場所取りの時間や注意点を確認する!
更衣室の様子を確認する!
口コミ情報を確認する!

スポンサードリンク

長島スパーランドのプールに行く時の持ち物は?

初めて長島スパーランドのプールに行く人もいると思いますが、

「どんな持ち物で遊びに行けば良いのかわからない!」

と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

そんな方のために、長島スパーランドのプールに行く時の持ち物リストをまとめてみましたので、早速確認していきましょう!

持ち物リスト
[必要な持ち物]
・水着
・レジャーシート
・ビーチサンダル
・タオル
・お金
・防水小物入れ
・ビニール袋

[あると便利な物]
・サングラス
・ゴーグル
・日焼け止め(水性)
・浮き輪
・ラッシュガード(上着)
・うちわ、扇子
・帽子
・日傘
・化粧品(乳液、化粧水など)
・ヘアブラシ
・冷感スプレー
・ウェットティッシュ
・汗拭きシート
・虫よけスプレー
・水遊び用オムツ

基本的な持ち物としては上記のようになります。

この中で注目してほしい物としては、防水小物入れ日焼け止め水遊び用オムツですね!

防水小物入れについてですが、これは思った以上に重要で、休憩所にスマホやお金などの貴重品を置いて、誰もいない状態で遊びに行くと窃盗の可能性があるので、1人荷物番を残しておくか、肌身離さず貴重品を所持していないといけません。

そんな時に首にかけられるタイプの小物入れだと、プールの中でも常に持ち運ぶことができ、水に落としても大丈夫なので非常に安心ですよ♪

最近ではスマホや小銭を一緒に入れることができる防水ケースもありますのでチェックしてみましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

防水ケース iPhone7ケース iPhone 7Plus/6s/6sPlus/…
価格:1980円(税込、送料別) (2017/6/8時点)

日焼け止めを利用する人も多いと思いますが、油性タイプの日焼け止めだと、プールに入ったときに水質に影響が出てしまうので、使用が禁止されています。

水性タイプならシャワーで洗い流した後にプールを利用できるので、必ず成分を確認してから使用しましょう!

水遊び用オムツについてですが、オムツが取れていない赤ちゃんと利用する際は、水遊び用オムツを着用すれば利用する事ができるようになっています。

プールエリアには売店もありますが、数に限りがあるので、自分たちで持って行くのを忘れないようにしておきましょう

ちなみにこの他にも、

「これってどうなの?」

というような持ち物がいくつかあると思います。

そういった疑問の多い持ち物の持ち込みについて、この次の章で詳しく解説していますので、行く前にチェックしておきましょう!

長島スパーランドのプールに持ち込みできる物は?

先ほど持ち物リスト・あると便利な物リストを紹介しましたが、

「これってどうなの?」

というようなグレーゾーンな物がいくつかありますよね。

例えば

・飲食物
・クーラーボックス
・テント、パラソル
・イス、テーブル
・水鉄砲
・イルカの浮き輪のような大きい物
・石鹸、シャンプー
・ベビーカー

などがあります。

これらの8つの物について詳しく解説していきます。

飲食物
熱中症対策として 水筒・ペットボトルに入った飲み物は持ち込みOKですが、高温多湿で食中毒の問題もあるので食べ物の持ち込みは禁止されています。

アルコール類やビン類・缶も持ち込み禁止なので注意しておきましょう。

クーラーボックス
飲食物等が持ち込み禁止という事もあり、クーラーボックスも持ち込み禁止となっていますので注意しましょう。

テント・パラソル
長島スパーランドのプールの場合、テントやパラソルなど大きさに関わらず持ち込みが禁止となっています。

場所取りをする場合はレジャーシートを使うようにしましょう!

イス・テーブル
イスとテーブルは持ち込みが禁止されています。

レジャーシートの上に座って休むことしかできませんので注意しましょう。

水鉄砲
危険防止のために持ち込みは禁止されています。

イルカの浮き輪のような大きい物
イルカの浮き輪のような大きい物を持ち込む事は可能ですが、二人用浮輪など極端に大きいものは、安全上の問題と他の方の迷惑になるので、混雑時は使用禁止になる場合があります。

石鹸、シャンプー
プールエリア内の温水シャワーで石鹸やシャンプーを使いたい人がいると思いますが、使用禁止となっていますので注意しましょう。

ちなみに長島スパーランドに隣接して「長島温泉 湯あみの島」という入浴施設がありますので、体を綺麗にして帰りたい人はそちらを利用しましょう!
長島温泉 湯あみの島の割引クーポン情報を確認する!

ベビーカー
プールエリア内では、利用者の安全を守るために、車輪付きの物は持ち込み禁止となっており、ベビーカーも含まれています。

プール入口付近に無料の置き場がありますので、そこに置いてから入場するようにしましょう。

ちなみに車椅子の場合はOKなので、係員の方に申し出てから利用するようにしましょう。

この7つの他にも公式サイトの方では、持ち込み禁止の物や注意事項などをご利用Q&A一覧として掲載しています。
長島スパーランド公式HP ご利用Q&A一覧

これ以外にわからないものがある場合は、公式サイトを確認するか、直接長島スパーランドの方へお問い合わせをしてから持ち込むようにしましょう!

まとめ

今回は、長島スパーランドのプールの混雑状況と、必要な持ち物、持ち込みが可能な物についてお伝えしました!

土日祝日・夏休み・お盆はプールだけでなく遊園地の方も混雑しますので、覚悟して行くようにしましょう!

ちなみにこちらでは、長島スパーランドのプールの場所取り時間や更衣室の様子、割引クーポン情報など役に立つ情報を紹介しているので、行く前にチェックしておきましょう!
長島スパーランドのお役立ち情報を確認する!

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています