新居浜太鼓祭りの駐車場とシャトルバス情報!見どころもご紹介!

10月に開催される新居浜太鼓祭り、その迫力を生で見てみたいと思っていませんか?しかし、行くとなると車で行く方は駐車場が、電車で行く人は駅からのアクセスが気になる所ですよね。

そこで今回は、新居浜太鼓祭りの駐車場シャトルバス情報このお祭りの見どころをご紹介していきます!

スポンサードリンク
  

新居浜太鼓祭りの駐車場は?

新居浜太鼓祭りは3日間に渡って開催されるお祭りで、市内各所で行われますので、見に行く場所によって駐車場も変わります。中には駐車場が無い場所もありますので、注意しましょう。

さて、肝心の駐車場ですが、市内のいたるところで開催されますので、臨時駐車場が毎年作られます。しかし、日によって開催される場所が変わりますので、場合によっては臨時駐車場が無くなっていることもあるので毎年わかりにくいのですが、山根公園のすぐ近くの河川敷は臨時駐車場として解放される確率が高いです。

新居浜太鼓祭りは4つの地区があって、それぞれで太鼓台を担いでいて賑やかでいいのですが、ちょっと危険性もあり、鉢合わせしてしまうと太鼓台をぶつけ合うことを行ったりすることがあります。見ているととても迫力があり大きく盛り上がるのですが、適当な距離を持たないと危ないので、会場も広い上部の山根公園グランドが安全に見ることができます。初めて行く方は山根公園がおすすめです。

スポンサードリンク

新居浜太鼓祭りに行く時にシャトルバスは出ているの?

車でなく電車で行く人は会場まで行くのに大変ですよね。そんな方のためにシャトルバスが運行されているのを知っていましたか?シャトルバスは誰でも利用することができ、無料で利用することができます。シャトルバス発着場は、

JR新居浜駅南口⇔山根配水場

この区間を運行しています。山根配水場は山根公園の臨時駐車場の近くにありますので、そこから公園まで徒歩で移動することができます。運行時間は午前10時30分~午後5時までの間で20~30分間隔で運行されます。付近の道路は祭りの影響もあり混雑していて渋滞も発生しています。シャトルバスのような公共交通機関を使うことで渋滞の緩和にもなりますので、積極的にシャトルバスを利用しましょう。

新居浜太鼓祭りの見どころをご紹介!

新居浜太鼓祭りの見どころといえば大きな太鼓台です。高さが約6m、重さ約3tの山車に太鼓をのせているのですが、それを100人を超える男たちが担ぎ町を練り歩きます。そしてたまに他の地区の太鼓台とすれ違ってしまう時があるのですが、意地の張り合いで太鼓台同士をぶつけ合うことを行ったりします。ぶつけ合いが行われると周囲はとても盛り上がり、気持ちもどんどん上がっていくのですが、人が多い場所でも行われてしまうので自分がいる場所を間違えてしまうと危険な目に合ってしまうこともあります。怪我をしないように少し離れた位置から見るようにしましょう。

まとめ

今回は、新居浜太鼓祭りの駐車場とシャトルバス情報、このお祭りの見どころをご紹介しました!

毎年情報が変わりやすいので行く前は公式サイトの方もチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています