鈴鹿サーキットのプールの場所取りは?無料休憩所、有料休憩所の様子


今度の休みの日を利用して、鈴鹿サーキットのプールに遊びに行きたいなと考えていると思いますが、遊び疲れた時の休憩所になったり、ご飯を食べてリラックスするための場所取りが重要になってきます。

場所取りするなら日陰の場所で過ごしたい人が多いので、場所取りが激しくなっているのですが、無料・有料休憩所をいつから場所取りしたらいいのかわからないと悩んでしまう人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、鈴鹿サーキットのプールの場所取りをする時間と、無料休憩所でおすすめの場所有料休憩所の様子についてお伝えします!

スポンサーリンク

鈴鹿サーキットでのプールの場所取りはいつから?

鈴鹿サーキットのプールに遊びに行く時は、疲れた時に休憩したり、食事をしたりするスペースをしっかりと場所取りしておく事が重要になってくるのですが、

「一体いつから場所取りをしておけばいいの?」

と悩んでいる人もいると思います。

鈴鹿サーキットのプールの混雑状況はこちら!
こちら↑で鈴鹿サーキットのプールの混雑状況を詳しく解説しているので、気になる方はチェックしておいてほしいのですが、7月上旬~9月上旬までプールは営業していて、その中でも土日祝日夏休みお盆の時期の11時~14時が最も混雑しやすくなっています。

これら混雑する時期に行くと、開園時間前には入場ゲートに無料・有料休憩所を確保するために多くの人が並んでおり、開園すると場所取りするために一斉に走りだすので、日陰の場所はあっという間に埋まってしまいます。

さらに11時~14時の混雑時間帯に行くと、駐車場もほぼ満車状態で遠くの臨時駐車場案内されますし、プールエリアでも日差しが当たる場所しか空いていない状況ですね。

なので、狙っている日陰の場所がある場合、確実にその場所を確保したいのであれば、早くから入園ゲートに並んでおく必要があります!

目安としては、

平日なら開園時間前までに到着出来たらOK。

土日祝日、夏休み平日なら開園1時間前~30分前までに到着出来たらOK。

夏休み期間の土日祝日・お盆なら開園1時間30分前~1時間前までに並んでおけば、狙っている日陰の場所を確保できる確率が高いですよ♪

しかし、中には、

「そんなに早くから行けないよ~(>_<)」

という人もいるのではないでしょうか?

そんな人は14時を過ぎてから利用するのがおすすめですね♪

14時を過ぎてくると、午前中から利用していた人がモートピア(遊園地)へ流れていくので、その人たちが使っていた場所を運よく確保することができる確率が高いです。

しかし、日差しが当たる場所しか空いていない事もありますので、この後ご紹介しますが、ワンタッチテントを持参していく事をおすすめします。

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、鈴鹿サーキットに実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】鈴鹿サーキットの口コミ情報を確認する

最後に場所取りに向かう際の注意点として3つありますので、こちらもしっかりとチェックしておきましょう!

場所取りの注意点
前売り券を購入しておく
現地でチケットを購入すると、購入している間に入場ゲートの行列が伸びており、その時間分だけ後ろの列に並ばないといけなくなってしまいます。

JTBなどのチケットサイトでは前売り券を販売していますので、前もって購入しておくと無駄な時間を過ごさなくて良くなりますよ♪

ちなみにこちらでは、鈴鹿サーキットの割引クーポン情報について紹介していますので、行く前にチェックしてお得に利用しましょう!
鈴鹿サーキットのプールの割引クーポン情報はこちら!

レース開催時には行かない方が無難
鈴鹿サーキットでは、F1鈴鹿8耐SUPER GTなどのレースが行われる日は、正面駐車場の大部分が予約制になっていることもあり、予約をしていないと駐車場を利用できる人が限られてくるので、周辺では臨時駐車場に回る人や民間駐車場を利用する人で大渋滞が発生しています。

開園時間前に行ったとしても混雑していますので、レース開催日に車で遊びに行くのはハッキリ言ってやめた方が良いですし、電車も大混雑しています。

行く前に公式サイトを確認して、レースが行われているようなら別の日に利用することをおすすめします!

ワンタッチテントを持参する
鈴鹿サーキットのプールには、ワンタッチテントのような小さめのテントの持ち込みが可能となっているので、持参して行くのがおすすめです!

開園時間前から行けないのなら日陰の場所が無くなっている確率も高いので、自分たちで日陰を作れるように準備しておきましょう。

ちなみにこちらでは、鈴鹿サーキットのプールに行く時に必要な持ち物について紹介していますので、気になる方はこちらもチェックしておきましょう!
行く時に必要な持ち物情報はこちら!

鈴鹿サーキットのプールの無料休憩所でおすすめは?

休憩場所の場所取りをいつから行えばいいのかわかりましたか?

現地に着いたら素早く場所取りをするのが重要になるのですが、

「あの場所が良いかなぁ?」

「やっぱりあっちか?」

キョロ^(・д・。)(。・д・)^キョロ

と悩んでいるうちに良い場所はどんどん無くなっていきますので、事前にどの場所を確保しておこうと何ヶ所か目星をつけておくのが重要になってきます。

鈴鹿サーキットのプールエリアには無料で利用できる日陰の休憩所がたくさんあり、こんな感じで利用する事ができます↓↓↓

こんな感じのパラソルがいたる所に設置されており、中にはベンチ付きになっている場所もあるので、みんな良い場所を確保しようと必死なんですよね。

では早速、たくさんある日陰スポットの中から、おすすめの無料休憩所をご紹介しますので、しっかりと確認しておきましょう!

おすすめ無料休憩所

アドベンチャーリバーの休憩所
この場所はアドベンチャーリバー(流れるプール)のすぐ近くにある休憩所で、ベンチも付いているのでおすすめの場所となっています。

さらに、最初の画像にある青と白のパラソルよりも、この場所のパラソルはかなり大きいサイズになっているので日陰の面積が広いです!

スライダーや水上アスレチック、売店までの距離も近いので、活発に動き回るお子さんがいる方には非常に便利な場所ですよ♪

アクア・アドベンチャーベイビーの休憩所
この場所はアクア・アドベンチャーベイビー(子供用プール)のすぐ近くの休憩所になります。

パラソルがたくさん設置されているので、場所取りもしやすくなっていますし、この場所が取れなかったとしても、周辺には背の高い木や建物がたくさんありますので、その日陰のスペースを利用する事もできます。

さらに色んな冒険をすることができるアドベンチャープールがすぐそばにありますので、赤ちゃん連れの方から小学生の子供がいる家族連れの方におすすめの場所ですよ♪

スポンサーリンク

鈴鹿サーキットのプールの有料休憩所の様子は?

鈴鹿サーキットのプールには有料休憩所も用意されており、開園時間前から並んで有料席を購入する人もいるほど人気の席になっています。

無料休憩所と同様に混雑時に行く場合は、先ほど紹介した場所取り時間までに入場ゲートに並んでおかないとすぐに無くなってしまいますので、できるだけ早めに行動するようにしましょう。

有料休憩所は4種類用意されているのですが、それぞれの席について解説していきます。

ちなみに有料席の概要や料金などはこちらから確認できるので、気になる方はこちらもチェックしておきましょう!
各有料休憩所の概要と料金はこちら!

シングルタイプ
シングルタイプの有料席は、デッキチェアーとサイドテーブルがそれぞれ1つずつあり、プールエリア2か所に設置されている最も料金が安い席になっています。

アドベンチャーリバー(流れるプール)にある席は16席分あり、屋根付きなので日差しをちゃんと防いでくれます。

さらに、各プールやスライダーに行きやすい場所にあるので非常に人気が高いですね。

アドベンチャープール(噴水火山があるプール)にある席は15席分あり、屋根がメッシュになっているので完全に日差しを防ぐことができません。

気温が低い日なら涼しい環境の中で利用する事ができますが、雲一つない真夏日に利用する際はちっとも涼しくないので注意しましょう。

ただ、他のプールやスライダーまで距離があるので不便な面もありますが、アドベンチャーリバーの席よりも500円ほど安くなっていますね。

ファミリータイプ
ファミリータイプの有料席は、デッキチェアーと丸テーブル、イス3脚があり、プールエリア3ヶ所に設置されている有料席になります。

アドベンチャーリバーにある席は47席分と最も多い席数になっており、シングルタイプと同じ場所にあるので、屋根付きでしっかりと日差しを防いでくれますし、各プール・スライダーに行きやすい場所にあるので、最も人気の席となっています。

アドベンチャープールにある席は10席分あり、こちらもシングルタイプと同じ場所にあるので、屋根がメッシュになっています。

気温が低い日なら涼しい環境の中で利用する事ができますが、雲一つない真夏日に利用する際はちっとも涼しくないので注意しましょう。

アドベンチャーウェーブ(水上アスレチック)にある席も10席分あり、こちらも屋根がメッシュになっています。

同じく気温が低い日なら涼しい環境の中で利用する事ができますが、雲一つない真夏日に利用する際はちっとも涼しくないので注意しましょう。

ファミリーデッキ
ファミリーデッキの有料席は11席分あり、テント付ウッドデッキの区切られたスペースを利用できて、扇風機も付いているので、かなり快適な環境の中で利用する事ができます。

各スペースにはベンチしか設置されていないので、利用する際はレジャーシートがあると横になれて便利ですよ。

大きなテントなので日差しをしっかりと遮ってくれますし、プールエリアのほぼ中央に位置しているので、どのプールにも行きやすいのでおすすめです。

ファミリーテント
ファミリーテントの有料席は12席分あり、テント付で区切られたスペースを利用できて、扇風機やベンチも付いているので、かなり快適な環境の中で利用する事ができます。

木に囲まれたエリアにあるので、他の有料席と比べると涼しくなっており、人の行き来も少ない場所なので、ゆっくりとくつろぐには最高の場所ですよ。

プールエリアまで少し遠いこともあってファミリーデッキよりも2,000円ほど安く利用できるのも魅力です。

まとめ

今回は、鈴鹿サーキットのプールの場所取りをする時間と、無料休憩所でおすすめの場所、有料休憩所の様子についてお伝えします!

夏休みに入ると多くの人が利用しますので、できるだけ開園直後から利用するようにしましょう!

ちなみにこちらでは、プールの混雑状況や行く時に必要な持ち物、お得に利用できる割引クーポン情報などまとめて紹介していますので、行く前にこちらもチェックしておきましょう!
鈴鹿サーキットのお役立ち情報はこちら!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています