日光東照宮の観光スポットは?見所とパワースポットをチェックしよう!


今度の休みを利用して日光東照宮に行きたいなと計画していると思いますが、

「実際にどんなところを見たら良いのだろう?」
「パワースポットはどこにあるの?」

と、観光で行ってどうやって楽しもうか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、日光東照宮のおすすめ観光スポットについて詳しくご紹介していきます!

スポンサードリンク

日光東照宮の観光スポットは?

国宝にも指定されている日光東照宮に休日を利用して行ってみたいと考えていると思いますが、実際に行こうとすると、どこに注目して楽しんだら良いのかわからないと悩んでいませんか?

何も調べずに行って自然や雰囲気、建物を見て歩くのも良いですが、それだと重要な部分も見逃してしまうことも多いですし、ある程度前もって情報を調べておくと楽しみ方にバリエーションが増えるので、より一層良い休日にすることが出来ます。

ここでは、行ったら絶対に見てほしい日光東照宮の見所と、パワースポットについてご紹介していくので、早速チェックしていきましょう!

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、日光東照宮に実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、こちらも実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】日光東照宮の口コミ情報を確認する

日光東照宮の見所を紹介!

日光東照宮の見所についてご紹介していきますが、重要な部分を一覧にすると、この4つにまとめることが出来ます。


・五重塔
・三猿(神厩舎)
・陽明門
・眠り猫

建物に関しては、行ったら必ず見ると思うので詳しい説明はしませんが、細かい装飾が施されていて、実際に見たら感心するほど綺麗なので、ゆっくり見て回ってみてくださいね♪

それでは早速詳しい説明の方へ入っていきます。

五重塔


日光東照宮の境内に入るとなぜか東京スカイツリーの写真があり、

・ここはスカイツリーと同じ標高です

みないな謎の看板が設置されているのでなんで?と思う人も多いのですが、実は五重塔と東京スカイツリーは意外なつながりがあるんですよね。

そのつながりとは、五重塔の耐震構造がとても優れた構造となっており、その構造を参考・応用して東京スカイツリーにも採用されて建築されいるということ!

江戸時代からの技術が現代になっても参考になるほど、五重塔の構造は素晴らしいものだったのですね。

内部公開もされており、ここまでなら無料で利用できるので、行ったら是非、中まで見ていきましょう!

三猿(神厩舎)


拝観料を支払って表門をくぐると左手側に神厩舎という建物があり、

「見ざる・言わざる・聞かざる」

でも有名な三猿を見ることが出来るようになっています。

神厩舎は、ご神馬をつなぐ厩(うまや)の役割をしていて、昔から猿が馬を守るとされていたこともあって猿の彫刻がされているんですよね。

意外と知らない人もいるのですが、三猿の彫刻だけで1面と言いますが、それを含めて全部で8面分の猿の彫刻があり、人間の一生が風刺されているので、他の猿の彫刻も見てみると非常に面白いですよ♪

すぐ隣には三猿のお守りなども販売しており、見た目も可愛らしいく、お土産で購入していく人も多いのでおすすめです。

陽明門


国宝にも指定されている日本を代表する最も美しい門で、いつまで見ていても見飽きないところから「日暮の門」とも呼ばれています。

2017年3月10日に修復工事が終了し、今なら超綺麗な状態の陽明門を見ることが出来るので非常におすすめ!

故事逸話や子供の遊び、聖人賢人など500以上の彫刻がほどこされているので、ただ見るだけでなく、カメラのズーム機能などを使って細かい装飾を楽しむのも良いですね。

眠り猫


陽明門をくぐって右手側に行くと奥宮・眠り猫受付所がある先に眠り猫の彫刻があります。

この眠り猫は、牡丹の花に囲まれ日の光を浴び、うたたねをしているところから「日光」に因んで彫られたとも言われていますね。

さらに、裏側には雀の彫刻があるのですが、この2つの彫刻はどんな意味を表していると思いますか?

眠り猫は踏ん張っていることから、徳川家康を護るために寝ていると見せ掛け、いつでも飛びかかれる姿勢をしているともいわれています。

さらに、もう一つの教えとして、裏で雀が舞っていても「猫も寝るほどの平和」を表しているんだそうです。

こうやって意味を知っておくと、違った見方が出来るので面白いですよ♪

スポンサードリンク

日光東照宮のパワースポットを紹介!

日光東照宮の見所はしっかりと確認できましたか?

今度はパワースポットについてご紹介させてもらいたいのですが、日光東照宮はパワースポットが数多くあるといわれています。

その場所に立ってエネルギーを感じ取れば、体の中にある生命エネルギーがより活性化されて、色々なことが上手くいくようになるらしいので、せっかく行くのだから御利益を得たいですよね。

数ある中からここは押さえておきたいおすすめのパワースポットを厳選したので、早速確認していきましょう!

唐銅鳥居付近の石畳


日光東照宮の中でもパワースポットとして最も人気の高い場所になりますね。

詳しい場所についてですが、これには諸説あり、1つ目がまずは唐銅鳥居の真下に移動し、陽明門の方を正面にして立ちましょう。

そこから石畳の枚数で言うと8枚分下がった場所がパワースポットとなっています。

2つ目が2つの参道が交わる中心位置で、唐銅鳥居に本殿がすっぽり収まる位置。

さらに本殿の真上に北極星が見える位置がパワースポットと言われています。

詳しい場所については近くに宮司さんや案内係の方がいますので、その方に話を聞いた方が確実ですね。

実際にこの場所に立った人の中には、何かエネルギーみたいなものを感じたり、体温が上がってポカポカとしてくる人もいるなどの話をよく聞きます。

せっかく行ったのなら、この場所だけでも実際に立ってみて、何かの御利益をもらうと良いでしょう。

見所とパワースポットについて紹介しましたが、まだまだここでは紹介しきれないくらい、たくさんのおすすめの場所が日光東照宮にはあるんですよね。

なので、個人で行くより観光ツアーを利用したほうが、ガイドさんや現地の方の詳しい解説を聞きながら楽しめますし、周辺施設や旅のプラン、移動方法なども全部決まっているので気楽に1日を楽しむことができます。

こちらの大手旅行ツアー会社のクラブツーリズムでも、日光東照宮のツアーが紹介されていますし、料金も格安なツアーがあるので、チェックしてみるのも良いでしょう。
【クラブツーリズム】日光東照宮の旅行ツアーを確認する!

まとめ

今回は、日光東照宮のおすすめ観光スポットということで、見所とパワースポットについて詳しくご紹介しました!

細かいところをあげていくとたくさんありすぎるので、ここは押さえておきたいという部分だけ紹介しましたがお役に立てたでしょうか?

ちなみにこちらでは、日光東照宮の混雑状況や駐車場情報など役に立つ情報を紹介しているので、行く前にチェックして置きましょう!
日光東照宮の混雑状況と駐車場情報を確認する!

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています