日光東照宮の紅葉の見頃と混雑状況、駐車場情報と行く時間をご紹介!


栃木県日光市にある日光東照宮は、徳川家康を神格化した東照大権現を祀っており、自然の中で陽明門などの華やかな建築物を見て楽しむことが出来る人気スポットとなっています。

そんな日光東照宮では、秋になると紅葉と華やかな建物がマッチして非常に見応えがあるので、実際に見に行きたい人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、日光東照宮の紅葉の見頃紅葉シーズンの混雑状況駐車場情報と行く時間についてご紹介します!

スポンサードリンク

日光東照宮の紅葉の見頃は?

今度の休日を利用して日光東照宮と紅葉の両方を見に行きたいと考えていると思いますが、せっかく見に行くのだから1番紅葉が綺麗で見頃の時期にお出かけしたいですよね。

そうなると具体的な見頃の時期を確認して予定を立てたいところですが、詳しい紅葉の見ごろはどうなっているのでしょうか?

日光東照宮付近の木々が色づき始めるのは10月下旬頃となっており、本格的に見頃を迎えるのが11月上旬~11月下旬頃となっていますね。

ただ、注意してほしいのが、色のつき始める時期や紅葉度合いは、その年の気温によって大きく左右されます。

残暑が厳しいとなかなか色が変化しなかったり、急に冷え込む日が多くなると紅葉が進んだりするので、

「○○日が見頃だよ!!(・∀・)/」

とはっきり言い切ることが非常に難しいです。

でも、見に行くには仕事の休みの関係もあるので、

・もっと具体的な見頃の時期が知りたい。
・というか今の状況はどうなっているの?

と思いますよね。

そんな具体的な時期を知りたい、今の状況がどうなっているのか知りたい人におすすめの方法が3つありますので、さっそくチェックしていきましょう!

日本気象協会の紅葉情報を確認する

日本気象協会というサイトでは、天気予報や防災情報などを紹介していますが、紅葉情報についても紹介しています。

ピンポイントで日光東照宮の紅葉の見頃を確認することはできませんが、栃木県全体の紅葉の見頃を知ることができ、平年と比べて早いか遅いかも確認することができますよ。
日本気象協会の紅葉情報

ライブカメラを確認する

日光東照宮のすぐ近くにある「二荒山神社」「神橋」という場所にライブカメラが設置されており、リアルタイムで現在の様子を確認することが出来るようになっています。

このライブカメラを確認すると、紅葉の進み具合や混雑状況なども確認できるので、こちらからチェックしてみると良いでしょう。
ライブカメラを確認する(二荒山神社と神橋をチェック!!)

ツイッターを確認する

ツイッターの検索欄に「日光東照宮 紅葉」と検索すれば、実際に行ってきた人たちが写真付きでツイートしているのを確認できるので、今現在の状況を確認するのに一役買ってくれますよ。

会員登録しなくてもツイッターを見ることはできるので、チェックしておくと良いでしょう。
ツイッター「日光東照宮 紅葉」検索結果

スポンサードリンク

日光東照宮の紅葉時の混雑状況は?

「見頃が大体わかったからこの日に行こう!(・∀・)/」

と計画を立てていると思いますが、実際に行こうとすると混雑状況が気になりませんか?

人が多いとなかなか前に進まなかったり、待ち時間が増えたり、写真を撮る時も人混みが凄くてイマイチになったりするので、出来るなら人が少ないときに行きたいですよね。

日光東照宮が混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか。

紅葉が楽しめる見頃の期間としては11月上旬~11月下旬頃となっていますが、混雑する時期としては平日よりも土日祝日が混雑し、紅葉の見ごろのピークになるにつれて多くの人で混雑しやすくなっています。

また、営業時間の方は、

・4月1日~10月31日(8時~17時まで)
・11月1日~3月31日(8時~16時まで)
※受付は閉門30分前に終了

となっており、混雑時間帯としては10時~14時が混雑しやすくなっていますね。

さらに、11月中旬頃になるとライトアップされている期間もあり、日没後でも混雑している場合があるので注意が必要です。

混雑対策としては、出来るだけ平日に行くということと、開門直後14時以降に時間をズラして利用するのが混雑を避けるためのポイントですよ♪

ここまで大体の混雑状況を解説しましたが、

「混雑すると言われても、日光東照宮のどこが混雑するの?」

と悩んでいるのではないでしょうか?

実際に注意してほしい場所としては、駐車場チケット窓口有名スポットですね!

駐車場に関しては、この次の章で詳しく解説しているので、車で行く人はしっかりとチェックしておきましょう。

チケット窓口についてですが、三猿や眠り猫、陽明門などの有名スポットを見に行くには、拝観券が必要になるのですが、購入するための長い列ができており、10分以上の待ち時間がかかってしまうことがあります。

JTBなどのチケットサイトでは前売り券が販売されていないので、現地のチケット窓口が混雑しやすいんですよね。

ちなみに、拝観料が高いなぁと思う人もいるかと思いますが、割引券やクーポンはほとんど存在せず、セット券や団体割引程度しか利用できないので注意しましょう。

有名スポットについてですが、日光東照宮に来たらこれは見ておきたいというような場所があり、その場所には多くの人が集中するので、ものすごい人混みになっていますね。

特に混雑しやすいのが、

・三猿(神厩舎周辺)
・眠り猫(東廻廊周辺)
・陽明門

となっており、場合によっては見るための順番待ちも発生しているので注意しておきましょう。

また、団体ツアーで利用する人も多くいるので、場所によっては団体客の人混みが出来ている場合もあります。

そこは混雑も楽しみの一つと割り切って利用するしかないので、混雑は覚悟して利用するようにしましょう。

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、日光東照宮に実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】日光東照宮の口コミ情報を確認する

混雑情報まとめ
・平日よりも土日祝日が混雑
・見頃に近づくにつれて人も増える
・11時~14時が混雑
・ライトアップ期間は日没後も注意
・駐車場、チケット窓口、有名スポットに注意

・出来るだけ平日に行く
・開門直後、14時以降に利用する
・混雑も楽しみの一つと割り切る

日光東照宮の駐車場情報と行く時間は?

日光東照宮まで車で行きたいと考えていると思いますが、実際に行こうとすると駐車場情報が気になりますよね。

混雑状況や到着しておく時間なども気になると思いますが、それらについて解説していく前に、駐車場の基本情報から確認していきましょう!

日光東照宮駐車場

[駐車台数]
200台

[営業時間]
24時間

[駐車料金]
バイク:400円
普通車:600円
マイクロバス:1,200円
大型バス:2,000円

※マイクロバス・大型バスは駐車台数に制限があり、7日前までに予約が必要。
さらに土・日・祝祭日は駐車不可。

駐車場の基本情報はこのようになっています。

この駐車場以外にも、周辺にあるホテルの駐車場や、ちょっと離れた位置に駐車場があるので、万が一の時のために、こちらもしっかりと確認しておきましょう。

駐車場の混雑状況についてですが、200台分の駐車台数しかないので、平日でも紅葉の見頃に近づくにつれて多くの人が利用し、11時前に満車になってしまうこともありますね。

土日祝日になるとなおさら、紅葉のピーク時には9時よりも前に満車になってしまうこともザラですし、駐車場待ちの渋滞が発生しているので、無駄な時間を過ごしてしまいます。

さらに、周辺道路でも渋滞が発生しており、特に混雑するのが神橋の交差点(下のマップで確認↓)なので、いかにここを早く通過し、駐車場まで行くのかが重要になってきますね。

駐車場に到着しておく時間の目安としては、

平日に行く場合は、混雑し始める10時前までには到着しておきましょう。

土日祝日に行く場合は、遅くても8時頃までに到着できるよう行動しましょう!

基本的に紅葉が見頃の時期の日光周辺の道路は、どこも混雑していると考えた方が良いですね。

カーナビで出ている到着時間よりも遅れる確率が非常に高いので、時間に余裕を持ってお出かけするようにしましょう。

もしくは、ツアーに予約して観光バスで行くと、自分たちで長時間運転しなくて良いので、非常におすすめです。

こちらの大手旅行ツアー会社のクラブツーリズムでも日光東照宮の紅葉ツアーが紹介されており、ツアーだと料金もお得ですし、ガイドさんの詳しい解説も聞けるし、旅行プランを考える手間も省けるので、チェックしてみると良いでしょう。
【クラブツーリズム】日光東照宮の秋の紅葉ツアーを確認する!

まとめ

今回は、日光東照宮の紅葉の見頃、紅葉シーズンの混雑状況、駐車場情報と行く時間についてご紹介しました!

お出かけする計画は大体決まりましたか?

行って良かったと思えるように、しっかりと混雑対策もしてからお出かけしてくださいね。

ちなみにこちらでは、日光東照宮に行く時はコレだけは外せない観光スポット・見所・パワースポットについてご紹介しているので、初めて行く人はチェックしておくと非常に役立ちますよ!
【コレだけは外せない!】日光東照宮の観光スポット・見所・パワースポットを確認する

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています