西武園ゆうえんちの花火の混雑と場所取り時間、穴場スポットも紹介!


西武園ゆうえんちでは、8月の土日祝日になると花火が打ち上がるのですが、実際に遊びに行く時はアトラクションを楽しむのはもちろん、花火も見たいと考えている人もいるのではないでしょうか?

しかし、実際に花火を見に行くとすると混雑状況や場所取りする時間など気になりますし、綺麗な花火を見ることができる穴場スポットなど行く前にチェックしておきたいですよね。

そこで今回は、西武園ゆうえんちの花火の混雑状況と、場所取りをする時間花火が見える穴場スポットについてお伝えします!

スポンサードリンク

西武園ゆうえんちの花火の時の混雑は?

西武園ゆうえんちの花火は、8月中の土日祝日に19時45分ごろから約2000発も打ち上げられ、迫力のある花火を見ることができるのですが、アトラクションを楽しむついでに花火も見たいと考えている人もいるのではないでしょうか?

しかし、実際に行くとなると花火打ち上げ前の混雑状況などが気になってしまいますよね。

西武園ゆうえんちの混雑状況とアトラクション待ち時間、駐車場情報を確認する!
上のリンクから詳しい混雑情報を確認することができるのですが、花火が打ち上がる8月の土日祝日の期間は、最も混雑しやすくなっていますので、日中から行く場合は注意が必要です。

11時~15時の時間帯が最も混雑しやすい時間帯となっていますので、日中から遊びに行く場合は上のリンクも確認しておきましょう!

夕方から遊びに行くという人もいると思いますが、混雑のピークである15時を過ぎたとしても、花火開催日の場合は多くの人が訪れます。

花火が始まる前になると、観覧場所では多くの人が集中し、ベビーカーなどを利用するとなると移動が大変な場合が多くありますので、赤ちゃんと一緒に花火を見に行く場合は抱っこした状態で楽しむのが良いでしょう。

また、園内にはたくさんの屋台や、射的などの縁日もあってちょっとしたお祭り気分も味わうこともできます。

しかし、多くの人で混雑していますし、食べ物の料金も割高になっていますので、自分たちで外で購入してくるのがおすすめですよ♪

その他にも混雑に注意する場所があり、チケット窓口アトラクション駐車場電車には注意してほしいですね!

チケット窓口では、10分以上の待ち時間になる事もありますので、JTBなどのチケットサイトなどで前売り券を購入しておいた方が、スムーズに入場できるのでおすすめです。

ちなみにこちらでは、西武園ゆうえんちの割引クーポン情報について紹介していますので、行く前にチェックしてお得に利用しましょう!
西武園ゆうえんちの割引クーポン情報はこちら!

アトラクションに関しては、人気アトラクションで20~30分の待ち時間が発生していることがあります。

ちなみに、打ち上げ場所に近いメルヘンタウン内アトラクションは保安区域のため、18時頃になると利用する事が出来なくなりますので注意しましょう!

駐車場に夕方から行く場合は、お昼から遊んでいる人もいるので、入場ゲートに近い駐車場は埋まっており、ゲートまで遠い駐車場しか空いていない確率が高いです。

また、駐車場に行く時も周辺道路や出入り口付近で渋滞が発生していることもあります。

特に花火終了後に注意してほしいのですが、花火を1日のシメとして見て帰る人が多く、花火が終わったらみんな一斉に帰り始めるので、駐車場の出入り口や周辺道路でものすごい渋滞が発生してしまいます。

電車を利用する場合は、行きは人が分散して利用するのでそこまで混雑は見られないのですが、花火終了後は駅に多くの人が一気に流れ込み、大混雑しますので注意が必要です。

花火を見終わったら急いで駐車場や駅に移動し、混雑に巻き込まれないうちに脱出できるよう素早く行動しましょう!

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、西武園ゆうえんちに実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】西武園ゆうえんちの口コミ情報を確認する

スポンサードリンク

西武園ゆうえんちの花火の場所取りはいつから?

西武園ゆうえんちの花火は19時45分ごろから打ち上げられるのですが、せっかく見るのなら良い場所で花火を見たいですよね。

花火の打ち上げ場所としましては、メルヘンタウン北東側から打ち上がります。

大きいサイズで見る

上のリンクから打ち上げ場所や観覧できる場所を確認できるのでチェックしてほしいのですが、無料観覧席や、食事しながら見ることができるビアガーデン有料指定席という場所もあります。

「※」マークのあるエリアは一部有料マス席になっており、1マス/5,000円、当日15:00より現地にて販売されていますので、確実に場所を取ってゆっくり見たいという人にはおすすめです!

無料の席では、レジャーシート等を敷いての観覧ができるようになっているエリアもあるのですが、場所取りは11時10分から可能となっています。

警備員の方も巡回しており、11時10分以前からの場所取りをしていたり、変な所にレジャーシート等を敷いていないかチェックが入りますので、ルールは守って場所取りを行いましょう。

この無料観覧席は近くから迫力のある花火を見ることができると人気になっており、場所取り開始2時間後の13時30分ごろに行ったら良い席は全てシートで場所取りがされていたという口コミもありましたので、目安として場所取り開始から1時間以内までにレジャーシート等で場所取りをしておきましょう!

ちなみに場所取りでレジャーシートを固定する際は、テープがはがれなくなるため、紙テープは禁止されています。

布テープはOKなので布テープで固定したり、人が座って飛んでいかないようにするなどの対策をしておきましょう!

西武園ゆうえんちの花火を見る時の穴場スポットは?

西武園ゆうえんちの花火はかなり人気が高く、無料の観覧場所も場所取り開始から1時間以内に場所取りをしておかないと良い場所が取れないという状況にあり、花火を見るのにかなりの労力を使ってしまいます。

近くで迫力のある綺麗な花火を見たいという気持ちもあると思いますが、そんなに早くから場所取りはしたくないですし、できる事なら場所取り時間が遅くても綺麗に花火が見える穴場スポットでゆっくり見たいなぁと思いますよね。

そんなあなたのために、上で紹介した観覧場所以外の場所で花火を見ることができるおすすめの穴場スポットを3つご紹介しますので、実際に行く前にチェックしておきましょう!

多摩湖の堤防

西武園ゆうえんちから徒歩約9分という少し離れた場所になりますが、西武遊園地駅の近くにあり、周辺には無料・有料駐車場があるので利用しやすい場所にある穴場スポットになります。

堤防の上から見るので綺麗な花火を見ることができるのですが、西武園ゆうえんち側に寄りすぎてしまうと木に隠れてしまう事もありますので、できるだけ堤防の真ん中あたりで見るのがおすすめです。

西武園ゆうえんち西口駐車場

日中に西武園ゆうえんちを利用する方におすすめの穴場スポットになります。

中央口駐車場や東口駐車場からも見ることができますが、西口駐車場が最もきれいに見えるのでおすすめです。

打ち上げ場所からも近く、打ち上げまでは車の中で待機することができるので、リラックスしながら待つことができますよ。

駐車場にシートを敷いて座って見ることはできないので、車の中や外に出て立ち見になるのですが、音ズレも無く、迫力のある花火を見れますし、花火が終わった後すぐに車に乗って渋滞に巻き込まれず帰宅できるのでおすすめです♪

西武園駅

西武園ゆうえんちから徒歩約9分という少し離れた場所になりますが、駅の陸橋から花火を見ることができるようになっています。

障害物も少ないので綺麗な花火を見ることができますし、打ち上げ場所からの直線距離は近いので、音ズレも少なく、迫力のある花火を見ることができますよ♪

花火が終わった後はすぐに駅に入って電車を利用できるのも魅力です。

まとめ

今回は、西武園ゆうえんちの花火の混雑状況と、場所取りをする時間、花火が見える穴場スポットについてお伝えしました!

西武園ゆうえんちの花火はかなり本格的で人気がありますので、良い場所で見れるように場所取りをしっかりと行いましょう!

ちなみにこちらでは、西武園ゆうえんちの割引クーポン情報や、アトラクションやプールなどの施設情報など、実際に行く前に確認しておくと役に立つ情報をまとめて紹介していますので、こちらもチェックしておきましょう!
西武園ゆうえんちのお役立ち情報!

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています