東福寺の紅葉の見ごろは?混雑状況とライトアップ情報は?

秋の京都は紅葉の人気スポットがたくさんあるので多くの人が観光しに訪れます。その中でも東福寺に紅葉を見に行きたいと思っている人もいるかと思いますが、紅葉の見頃や混雑状況、イルミネーションの情報が知りたいなと思ってませんか?

そこで今回は、東福寺の紅葉の見ごろと、混雑状況ライトアップ情報についてお伝えします!

スポンサードリンク
  

東福寺の紅葉の見ごろは?

東福寺は京都五山の1つで、通天橋の紅葉が有名なスポットになっています。そんな東福寺の紅葉を見に行くのなら一番きれいなピークの時に行きたいですよね。一体いつの時期に見頃を迎えるのでしょうか?

東福寺の紅葉は11月中旬から色が付き始め、11月下旬~12月上旬まで見頃を迎えます。しかし、色の付き方は気温によって左右されますので、毎年一番のピークを迎える日は変わってきます。地元の人でも具体的な日にちで、この日が見頃だよ!と言い切ることが難しいです。もしも、具体的な見頃の日にちが知りたいのなら、ツイッターを確認してみると良いでしょう。ツイッターにはみんなのツイートを検索する機能があり、「東福寺 紅葉」と検索すれば実際に行ってきた人たちが写真付きでツイートしているのを確認することができます。ツイッターで紅葉状態を確認してから実際に行くのもいいでしょう。

スポンサードリンク

東福寺の紅葉の時の混雑は?

東福寺に紅葉を実際に見に行くとなると気になるのが混雑ですよね。紅葉時の周辺道路や東福寺の混雑の様子はどうなっているのでしょうか?

まずは周辺道路の混雑状況ですが、一番見ごろを迎えるであろう11月下旬の「勤労感謝の日」付近の日は車で回ろうとすると渋滞に巻き込まれてしまい動きが取れなくなることが予想されます。同じくバスも時間通りに来ないことが予想されますので電車・徒歩での移動がおすすめです。奈良線・京阪本線「東福寺駅」から徒歩12分、京阪本線「鳥羽街道駅」から徒歩9分で東福寺まで行くことができます。これ以外の日で平日でも混雑が見込まれていますので車・バスは使わない方が無難です。

東福寺の中の混雑状況ですが、紅葉時は8時30分から拝観することができるのですが、9時頃に行っても凄い人の数ですので、覚悟して行くようにしましょう。紅葉スポットである「通天橋」に来ても人が多いのでゆっくり写真を撮ることができません。橋を渡ったちょっと先で写真を取れるような余裕がありますので、そこで撮影をしましょう。午前中でも人が多いですが、お昼に近づいてくると、もっと混雑してきますので早めに行くようにしましょう。

東福寺の紅葉のライトアップ情報は?

お昼の明るい時の東福寺の紅葉も良いですが、ライトアップされた幻想的な景色も最高です。なのでここでは東福寺のライトアップ情報をご紹介します。

東福寺塔頭 勝林寺
期間:11月中旬~11月下旬
ライトアップ時間:日没~19時30分(19時受付終了)
拝観料:大人600円、中高生300円

本堂前のもみじや、客殿庭園などの境内がライトアップされます。お部屋から見える庭園はまさに絵画のような世界で、見る人を唸らせます。

東福寺塔頭 天得院
期間:11月中旬~11月下旬
ライトアップ時間:17時~20時30分
拝観料:500円

桔梗の寺として知られている花のお寺で、紅葉時は杉苔に覆われた綺麗な庭園がライトアップされます。

まとめ

今回は、東福寺の紅葉の見ごろと、混雑状況、ライトアップ情報についてお伝えしました!

紅葉の見頃を迎えるとそれを目当てに多くの人が訪れますので早めの行動を心がけましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています