ラグーナ蒲郡のプールの場所取りとおすすめの日陰、有料休憩所の様子は?


今度の休みの日を利用して、ラグーナ蒲郡(ラグーナテンボスまたはラグナシア)のプールに遊びに行きたいなと考えていると思いますが、遊び疲れた時の休憩所になったり、ご飯を食べてリラックスするための場所取りが重要になってきます。

場所取りするなら日陰の場所で過ごしたい人が多いので、場所取りが激しくなっているのですが、どの場所をいつから場所取りしたらいいのかわからないと悩んでしまう人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、ラグーナ蒲郡のプールの場所取りをする時間と、おすすめの日陰の場所有料休憩所の様子についてお伝えします!

スポンサードリンク

ラグーナ蒲郡のプールの場所取りはいつから?

ラグーナ蒲郡のプールに遊びに行く時は、疲れた時に休憩したり、食事をしたりするスペースをしっかりと場所取りしておく事が重要になってくるのですが、

「一体いつから場所取りをしておけばいいの?」

と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

ラグーナ蒲郡のプールの混雑状況と駐車場情報はこちら!
上のリンクでは、ラグーナ蒲郡のプールの混雑状況や駐車場情報を詳しく解説しているので、気になる方はチェックしておいてほしいのですが、6月下旬~9月下旬までプールは営業していて、その中でも土日祝日夏休みお盆の時期の11時~15時が最も混雑しやすくなっています。

これら混雑する時期に行くと、開園時間前には入場ゲートに多くの人が並んでおり、開園すると同時にみんな一斉にプールエリアまで走って場所取りに行くので、日陰の無料休憩所はあっという間に埋まってしまうんですよね。

さらに11時~15時の混雑時間帯に行くと、駐車場では大混雑していて、歩いて10分以上かかる臨時駐車場へ案内されてしまいますし、プールエリア内の休憩場所も日差しがサンサンと当たる場所しか空いていない状況なので、できるだけ混雑時間外に場所取りに行くのがおすすめです。

場所取りの事を考えて入場ゲートに並ぶとしたら、

通常営業時の平日なら人が少ないので開園時間までに到着しておけば、日陰を場所取りすることができるでしょう。

通常営業時の土日祝日や夏休みの平日に行く場合は、休日ということもあって人が多少増えているので開園1時間前遅くても開園30分前までには到着して入場ゲートに並んでおきましょう。

夏休みの土日・お盆は、大人から子供まで最も多くの人が利用するので場所取りもかなり激しくなっています。

日陰を確実に場所取りしたいのなら開園1時間30分前遅くても1時間前までには並んでおきましょう。

ただ、これは無料休憩所の場所取りに行く時間なので、有料席になると話は変わってきます。

有料休憩所はWEB予約もできますが、一部エリアは当日席も販売されており、夏休みの土日やお盆に行く場合は、有料席の列に遅くても開園2時間前には並んでおかないと好きな場所を確保できないので注意が必要です。

口コミ情報では、8時30分の開園の日に朝7時(1時間30分前)ぐらいに行ったら、席を確保するのはもう無理だろうと思うくらいの行列ができていたという情報がありましたので、遅くても開園2時間前に行くというのを頭に入れておきましょう!

しかし、中には、

「こんなに早くから場所取りに行けないよ~(>_<)」

という人もいるのではないでしょうか?

そんな人は比較的に混雑が落ち着いてきた15時以降に利用するのがおすすめです!

15時を過ぎると午前中から利用していた人が帰宅し始めるので、その人たちが利用していた場所がチラホラと空いています。

好きな場所を確保できるとは限りませんが、11時~15時の混雑時間帯に行くよりも場所取りしやすくなっていますよ♪

また、時期によっては17時以降からナイトプールの営業も行われているので、夜のプールを楽しむ事もできますし、花火も打ち上がるので、遅い時間から行くのもおすすめです。

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、ラグーナ蒲郡に実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】ラグーナ蒲郡の口コミ情報を確認する

最後に場所取りに向かう際の注意点として2つありますので、こちらもしっかりとチェックしておいて下さいね♪

場所取りの注意点
前売り券を購入しておく
現地でチケットを購入していると、窓口に並んでいる間に入場ゲートの行列が伸びており、その時間分だけ後ろの列に並ばないといけなくなってしまいます。

JTBなどのチケットサイトでは前売り券を販売しているので、前もって購入しておくと無駄な時間を過ごさなくて良くなりますよ♪

ちなみにこちらでは、ラグーナ蒲郡のプールのチケット料金をお得に利用できる割引クーポン情報を紹介していますので、行く前にチェックしてお得に利用しましょう!
ラグーナ蒲郡のプールの割引クーポン情報はこちら!

テントやパラソルを持ち込んでの場所取りが禁止
ラグーナ蒲郡では、テントやパラソルの持ち込みは禁止されているので、日陰の場所をレジャーシートで場所取りするか、有料席を利用する事になります。

この後、無料の日陰スペースと有料休憩所について解説していますが、実際に行く前に、必要な持ち物や持ち込み可能な物などを事前に確認しておきましょう!
ラグーナ蒲郡に行く時に必要な持ち物と持ち込み可能な物はこちら!

※記事の一番最後にあるリンクからも確認できます。

スポンサードリンク

ラグーナ蒲郡のプールの日陰でおすすめの場所は?

休憩所の場所取りをいつから行えばいいのかわかりましたか?

現地に着いて入場ゲートに並び、開園したら走って場所取りしに行くのが重要になってきますが、

「あの場所が良いかなぁ?やっぱりあっちかなぁ?」

と、現地に行ってから悩んでいると、良い場所はどんどん無くなり、プールやスライダーから遠く離れた場所しか確保できなかったという事もありますので、事前にどの場所を確保しようか何ヶ所か目星をつけておくのが重要になってきます。

ラグーナ蒲郡のプールエリアには、無料で利用できる休憩所が3つ用意されており、それぞれの特徴とおすすめの場所を紹介していくので確認してみましょう!

無料休憩所

バハムートテラス
波のプールの目の前にあり、建物の屋上にある無料休憩所です。

建物の屋上という事もあって風通しも良く、少し高い場所からプールエリアを見渡せるので眺めは最高!

ただ、屋根が光を少し通してしまう素材となっているので、他の休憩所と比べると少し暑いですね。

かなり広いスペースになっていますが、通路などがしっかりと確保されておらず、中央に場所取りしてしまうとレジャーシートに囲まれて出入りが面倒なことになるので注意しましょう。

ステラパーク横日陰
流れるプールの目の前にあり、プールエリアのほぼ中央にある無料休憩所です。

各プールやスライダーまで近いので遊びに行きやすく、トイレや売店も利用しやすいですね。

横長のテントなので日陰スペースも広く、しっかりと日差しを防いでくれるので暑さもしのげます。

シエスタテラス
プール入場ゲートまで最も近い位置にある無料休憩所になります。

一部団体専用のスペースとなっているので、団体で利用する方はこの休憩所を利用する事が多いですね。

②の休憩所と比べると少し劣る面が多いですが各プールやスライダーに行きやすく、トイレや売店も近いです。

日陰スペースも広く、しっかりと日差しを防いでくれるので暑さもしのげますよ。

この3つの休憩所の中で1番おすすめの場所は②ステラパーク横日陰ですね!

場所取りに行く時間をしっかりと確認してから、早めに行動するようにしましょう!

ラグーナ蒲郡のプールの有料休憩所の様子は?

ラグーナ蒲郡では、レンタルルームやパラソルが付いた席などの有料休憩所を利用できるようになっています。

WEB予約ができる事もあり、どの場所を購入しようか悩んでいる人もいると思うので、6つある有料席を解説していきます!

有料休憩所

エアチェアセット
[設備状況]
・エアクッション
・パラソル

[料金]
2,000円~6,000円
※時期によって変動

大きいエアクッションがドンッと置かれ、日差しを防ぐパラソルが設置された2~4人用の有料席です。

エアクッションはイスのように座ることもできるし、デッキチェアのように大人2人は余裕で寝そべることもできるし、スペースも広いので荷物も置くことができる万能アイテム!

ふわふわなので、子供が疲れて寝てしまっても安心して寝かせる事も可能です。

波のプールのすぐ近くで、休憩所付近が濡れていることもあるので注意しましょう。

有料席の中では最も安いので子連れの方におすすめ!

ファミリーエアチェアセット
[設備状況]
・エアクッション
・パラソル2つ
・テーブルセット

[料金]
4,500円~8,000円
※時期によって変動

①の有料席にパラソル1つとテーブルセットが追加されたファミリー用の有料席です。

テーブルがあるので、売店でテイクアウトした食べ物を楽に食べられるのも魅力。

波のプールから少し離れた場所にあるので、地面があまり濡れておらず、快適に利用できます。

エアクッションもあるので、小さな子供がいて、4人以上の大人数で利用する人におすすめの席!

エキサイティングシート
[設備状況]
・デッキチェア
・チェア
・小テーブル

[料金]
3,000円~6,500円
※時期によって変動

ウッドデッキの場所に仕切りがされて、デッキチェアが置かれている2~4人用の有料席です。

パラソルと違って屋根付きなので、日陰の面積が広く、時間が経って日陰が移動しても問題なく利用できます。

カップルや友達同士で利用する人におすすめ。

ファミリーエキサイティングシート
[設備状況]
・デッキチェア
・チェア
・テーブルセット

[料金]
5,000円~8,500円
※時期によって変動

③の有料席にテーブルセットが追加されたファミリー用の有料席です。

②ファミリーエアチェアセットと比べると、椅子は小さく、テーブルも4人で利用するには小さいので、テーブルセットのレベルが下がっていますね。

日陰の面積が広くて涼しいのと、ウッドデッキで仕切りもあるのでプライベート感が高いというのは◎ですが、料金が500円ほど高くなっているので悩みどころです。

ビバテラス2F
[設備状況]
・デッキチェア2つ
・テーブルセット

[料金]
4,500円~7,500円
※時期によって変動

建物の2Fにあり、仕切りで区切られているファミリー用の有料席です。

2Fまではエレベーターは無く、階段でしか行けないので上り下りが大変ですが、休憩所からの眺めは良く、人通りが少ないのでゆっくり過ごすことができます。

時間帯によっては日差しが差しこんでくる場合もありますが、涼しく過ごすことができますし、テーブルセットが有料席の中でもレベルが高いので飲食したり、荷物を置くのにも重宝しますよ。

ファミリー用の有料席の中では、この席が料金も安いのでおすすめです。

レンタルルーム
[設備状況]
・1部屋丸ごと使用可能
・Aタイプ、Bタイプの2部屋
・ビーチサイド、ポルトサイドに分かれている

[料金]
5,000円~22,500円
※部屋の種類・時期によって変動

ソファやテレビ、エアコンなど1部屋丸ごと利用できる個室の有料席です。

Aタイプは4~6人用、Bタイプは7~10人用となっており、とにかく広くて、休憩所としては贅沢なお部屋となっています。

着替えや食事もできるので、大人数で1日中ラグーナで過ごしたいと考えている人におすすめです。

ただ、夏休み期間中に利用するとなるとWEB抽選申し込みとなるので注意しましょう。

個人的におすすめの有料席としては、

子連れや家族で利用するなら②ファミリーエアチェアセット

恋人・友達と利用するなら③エキサイティングシートがおすすめです!

有料席の写真や詳しい料金、WEB予約は、こちらの公式サイトから確認することができるので、気になる人はチェックしておきましょう!
【公式HP】有料日陰エリア情報

まとめ

今回は、ラグーナ蒲郡のプールの場所取りをする時間と、おすすめの日陰の場所、有料休憩所の様子についてお伝えしました!

ちなみにこちらでは、プールの混雑状況や行く時に必要な持ち物、割引クーポン情報など役に立つ情報を紹介しているので、行く前にチェックしておきましょう!
ラグーナ蒲郡のお役立ち情報はこちら!

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています