新穂高ロープウェイの混雑状況と駐車場情報、割引クーポンはある?


岐阜県高山市にある新穂高ロープウェイは、日本唯一の2階建てのロープウェイで、四季折々の景色を空中から楽しめますし、山頂展望台からは360度の大パノラマも楽しめる人気スポットとなっています。

そんな新穂高ロープウェイを利用したいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると混雑状況や駐車場情報が気になりますし、料金を見てみると高いので、もう少し安く利用できないかなぁと思ってしまいますよね。

そこで今回は、新穂高ロープウェイの混雑状況駐車場情報と行く時間お得に利用できる割引クーポン情報についてお伝えします!

ちなみにこちらでは、新穂高ロープウェイの基本情報やアクセス情報など確認できるので、行く前にチェックしておくと役に立ちますよ♪
【楽天トラベル】新穂高ロープウェイの基本情報やアクセス情報を確認する!

スポンサーリンク

新穂高ロープウェイの混雑状況は?

今度の休日を利用して新穂高ロープウェイを利用したいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると混雑状況が気になってしまいますよね。

人が多いと待ち時間が増えてしまったり、ゆっくりと見て回ることができない事もあるので、できることなら人が少ない時に利用したいものです。

新穂高ロープウェイが混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか?

新穂高ロープウェイが混雑する時期としては、平日よりも土日祝日が混雑しやすく、時間帯としては10時~15時の時間帯が混雑しやすくなっています。

ただ、ゴールデンウィークお盆などの連休や特定の日になると、通常の土日祝日よりも混雑するので注意が必要です。

特に注意するべき連休や特定の日をまとめましたので、チェックしておきましょう!

注意するべき連休・特定の日
春休み
3月下旬~4月上旬

ゴールデンウィーク(GW)
5月上旬

夏休み
7月下旬~8月下旬

お盆
8月13日~8月16日前後

シルバーウィーク(SW)
9月中旬

紅葉シーズン
10月上旬~10月下旬頃

冬休み・年末年始(正月)
12月下旬~1月上旬

登山シーズン中

3連休の中日

これらの連休や特定の日になると、平日でも土日祝日並みの混雑が予想されるので注意が必要です。

ちなみに、春~秋の期間中はお出かけしやすい気候ということもあって、冬に比べると多くの人で混雑しやすくなっていますね。

さらに、登山客も多く、ロープウェイを利用して途中まで登る人も多いので、かなり混雑しやすくなっています。

できるだけ混雑を避けて楽しむためには、どの時期でも平日に利用するのが1番おすすめなのですが、どうしても仕事などの都合で無理な場合が多いと思います。

対策としては、営業開始直後の少ない時間帯を狙ってお出かけすると、混雑が少ない状態で利用できるのでおすすめですよ!

ここまで大体の混雑状況について解説してきましたが、

「混雑すると言われても、新穂高ロープウェイのどこが混雑するの?」

と悩んでいませんか?

新穂高ロープウェイで実際に混雑に注意してほしい場所としては、駐車場チケット窓口ロープウェイ乗り場レストランですね!

駐車場についてですが、新穂高ロープウェイに行く時は車で訪れる人が多く、土日祝日や連休時になると駐車場や周辺道路で混雑しやすくなっています。

この次の章で、車で行く人向けに駐車場情報を詳しく解説しているので、どうしても車で行きたいと考えている方はしっかりと確認しておきましょう!

チケット窓口についてですが、平日なら特に問題なく利用できますが、土日祝日や連休時になると、チケットを購入するための長い列ができており、10分以上の待ち時間が発生している場合もあります。

できるだけ時間に余裕を持ち、早めに到着できるよう行動しましょう。

ちなみに、最後の章でお得に利用できる割引クーポン情報についても紹介しているので、こちらも要チェックですよ!

ロープウェイ乗り場についてですが、新穂高ロープウェイは「第1ロープウェイ」と「第2ロープウェイ」の2つに分かれて運行しています。

土日祝日や連休、登山シーズンになると、第1ロープウェイの方は利用する人数が少ないですが、収容人数が50人程度なので、30分以上の待ち時間になることが多くなっています。

第2ロープウェイの方は収容人数が120人程度と1度にたくさんの人が利用できますが、第1ロープウェイと車で来た人が合流するので、1時間以上の待ち時間になることもありますね。

なんとか上まで行けたとしても、今度は下りのロープウェイでも待ち時間が発生しているので注意が必要です。

混雑時期になると臨時の便が出ていることもありますが、できるだけ平日に行くのはもちろんのこと、混雑時期に行く場合は、時間に余裕を持って、早い時間帯から利用できるようにお出かけするようにしましょう!

レストランについてですが、12時を過ぎた時間帯に利用すると、ランチを食べるために多くの人が利用するので、待ち時間が発生するなど大変混雑しています。

レストランで食事をするのなら、ちょっと早めの11時頃に食事をズラしたりするのが効果的ですよ!

混雑情報まとめ
・平日よりも土日祝日が混雑
・10時~15時が混雑
・連休や特定の日、登山シーズンに行く時は特に注意!
・駐車場、チケット窓口、ロープウェイ乗り場、レストランに注意

・出来るだけ平日に行く
・営業開始直後の人が少ない時間帯を狙って行く
・レストランはちょっと早めの11時頃に利用する

スポンサーリンク

新穂高ロープウェイの駐車場情報と行く時間は?

新穂高ロープウェイまで車で行きたいなと考えている人もいると思いますが、その時に気になるのが駐車場情報ですよね。

周辺道路の渋滞情報や到着しておく時間など気になると思いますが、それらについて解説する前に、駐車場の基本情報から確認していきましょう!

新穂高ロープウェイ駐車場


※黄色Pマークは有料、青Pマークは無料の駐車場となっています。

[駐車台数]
新穂高温泉駐車場:230台
鍋平高原駐車場:790台

[営業時間・駐車料金]
上の地図のPマークをクリックして確認して下さい。

駐車場の基本情報はこのようになっています。

駐車場の混雑状況についてですが、平日に行く場合は特に混雑していないので、スムーズに利用できますね。

ただ、土日祝日や連休、登山シーズンになると登山客が多くなり、車で行く人は「市営新穂高第3駐車場 (登山者用無料駐車場)」を利用する人が多いのですが、競争率が非常に高いので要注意。

この近くの深山荘を利用したり、車中泊する人も多く、特に金曜の休日前夜になると、19時~21時頃には満車になっていたという情報もあるので注意しましょう。

この駐車場が満車になると、次は「鍋平園地駐車場」に誘導されるのですが、土日祝日や連休、登山シーズン中はこちらも早朝から満車になります。

そうなると、あとはロープウェイ乗り場近くの有料駐車場ぐらいしか空いておらず、こちらもロープウェイ営業開始時間に合わせて利用しないとなかなか空いておらず、満車になりやすいので注意しましょう。

ちなみに、新穂高ロープウェイは「第1ロープウェイ」「第2ロープウェイ」に分かれていますが、どっちから利用したら良いのだろうと悩んでしまいますよね。

繁忙期になると第1ロープウェイ乗り場では30分以上の待ち時間が発生しますし、第2ロープウェイ乗り場でも第1ロープウェイを利用した人と、車で来た人が合流するので、第2ロープウェイの待ち時間は1時間以上のこともあります。

待ち時間のロスを少なくするためにも、個人的には第2ロープウェイから利用した方が良いと考えているので、車で行く時は第2ロープウェイ近くの駐車場を利用するのがおすすめですよ!

新穂高ロープウェイをお得に利用できる割引クーポン情報!

新穂高ロープウェイのチケット料金は確認してみましたか?

利用料金は以下のようになっています。

[第1・第2ロープウェイ連絡]

区分 料金
大人 往復2,900円
片道1,600円
小学生 往復1,450円
片道800円

こうやって見てみると、

「もう少し安く利用できないかなぁ~(^_^;)」

と思ってしまいますよね。

さらに、車で行くとなると駐車料金やガソリン代がかかりますし、レストランやショップなどを利用するとさらに出費が増えてしまうので、チケット料金だけでも安く利用したいものです。

そんな少しでも格安に利用したいと考えているあなたのために、新穂高ロープウェイをお得に利用できる割引クーポン情報をこちらで紹介しているので、行く前にチェックしておきましょう!
新穂高ロープウェイの割引クーポン情報を確認してお得に利用する!

まとめ

今回は、新穂高ロープウェイの混雑状況、駐車場情報と行く時間、お得に利用できる割引クーポン情報についてお伝えしました!

土日祝日や連休時は混雑しやすいので、しっかりと対策をしてからお出かけするようにしましょう!

ちなみにこちらでは、新穂高ロープウェイの基本情報やアクセス情報など確認できるので、行く前にチェックしておくと役に立ちますよ♪
【楽天トラベル】新穂高ロープウェイの基本情報やアクセス情報を確認する!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています