東京サマーランドのプール混雑と駐車場に行く時間、割引クーポン情報も紹介!


東京サマーランドでは、ほぼ年中屋内プールの営業を行っており、波のプールやスライダーを楽しむ事ができる人気の高いプール施設となっています。

夏になると屋外プールも開放されて、広大な敷地の中でプールを利用する事ができますが、実際に行こうとするとプールの混雑状況や駐車場情報が気になりますし、料金を見てみると高いので、もう少し安く利用できないかなぁと思ってしまいますよね。

そこで今回は、東京サマーランドのプールの混雑状況駐車場情報と行く時間お得に利用する事ができる割引クーポン情報についてお伝えします!

スポンサードリンク

東京サマーランドのプールの混雑状況は?

今度の休みの日を利用して、東京サマーランドのプールに行きたいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると気になってしまうのが混雑状況ですよね。

人が多いと待ち時間が増えて不便になりますし、場所取りも大変になってくるので、できるだけ人が少ない時に利用したいものです。

東京サマーランドのプールが混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか?

東京サマーランドのプールは、屋内プールが3月上旬~11月下旬まで利用でき、屋外プールは7月上旬~10月上旬まで利用できるようになっています。

その中でも混雑する時期としては、平日よりも土日祝日が混雑し、時間帯としては10時~15時の時間帯が混雑しやすくなっていますね。
(10時開園の時は11時頃から混雑し始めます)

さらに詳しい時期を説明すると、夏休みの土日祝日お盆の期間は学校や会社がお休みの人が多く、最も多くの人で混雑しやすくなっているので注意しておきましょう。

ゴールデンウィークの時も屋内プールは営業していますが、気温が高くない事もあり、プールを利用しようと考えて訪れる人は少ないので、あまり混雑を気にせずに利用する事ができますよ♪

例えば、夏休みの土日祝日の10時~15時の混雑時に行ってしまうと、プールエリアの日陰の休憩所は場所取りされていることが多いので、日差しがサンサンと降り注ぐ場所しか空いていなかったり、プールやスライダーから離れた場所しか空いていない事が非常に多いです。

それに比べて平日や夏休み期間外に行くと、混雑が少ない状態で利用できるので、できるだけ時期をズラして遊びに行くことをおすすめします!

もしも混雑時期にしか行けない場合は、開園時間前から行ったり、15時を過ぎた時間帯を狙っていくと、比較的に利用する人が少ない状態で利用できるので、行く時間をズラすなどの対策をしておきましょう。

ちなみにこちらでは、休憩所の場所取りのために行く時間や注意点、おすすめの日陰の休憩所ついて解説していますので、実際に行く前にチェックしておきましょう!
場所取りする時間や注意点、おすすめの日陰を確認する!

ここまで東京サマーランドのプールの混雑について解説してきましたが、

「プールエリアのどこの場所が混雑しているの?」

と考えている人もいるのではないでしょうか?

混雑に注意してほしい所としては、駐車場入場ゲート&チケット窓口更衣室売店各プール&スライダーですね!

駐車場に関しては、この次の章で詳しく解説しているので、車を利用して遊びに行きたいと考えている方は、この後もしっかりとチェックしておきましょう。

入場ゲート&チケット窓口では、休憩所の場所取りのために朝早くから並んでいる人を多く見かけることができますし、混雑時間帯になってくると、チケットを購入するために10分以上の待ち時間が発生していることもあります。

JTBなどのチケットサイトでは前売り券が販売されており、事前に購入しておくと現地でチケット窓口に並ばずに、直接入場ゲートに並べて時短できるのでおすすめですよ♪

ちなみに最後の章で、東京サマーランドプールのチケット料金を格安に利用できる方法を紹介しているので要チェックです!

更衣室は開園直後や混雑時間帯になってくると多くの人が利用するので、着替えるスペースなどが狭く、利用しにくい部分があります。

ちなみにこちらでは、東京サマーランドのプールの更衣室やコインロッカーの様子、雨の日の場合などちょっと気になる事をまとめて詳しく紹介していますので、気になる方はこちらもチェックしておきましょう!
プールの更衣室やコインロッカー、雨の日の場合を確認する!

売店についてですが、軽食などを販売していているお店では、お昼頃になると長い行列が出来ており、待ち時間が発生していることがあります。

ちょっと早めですが11時頃から利用すると、スムーズに購入することができますよ♪

あと、食べ物や飲み物の持ち込みはOKとなっているので、自分たちで持参して対策しておくのも良いでしょう。

ちなみにこちらでは、東京サマーランドのプールに行く時に必要な持ち物や持ち込み可能な物について解説していますので、こちらチェックしておきましょう!
プールに行く時に必要な持ち物と持ち込み可能な物を確認する

各プール&スライダーについてですが、屋内プールは5個のプールと2種類のスライダー、屋外プールは14個のプールと6種類のスライダーを利用できるようになっています。

屋内プールにはコバルトビーチという波のプールがあるのですが、1時間おきに波が出る時間になると多くの人が集まるので、混雑時期・時間帯になるとイモ洗い状態になっています。

隣の人とほぼ密着するほど密集している状態なので、身動きがとりにくく、浮き輪が無いとバランスを崩しやすいので要注意です。

※実際の状況↓(楽しくて?悲鳴があがってるよね…笑)

屋外プールにはグレートジャーニーという流れるプールが人気ですが、長さ約650m・幅5~10mという全国でも最大級の大きさなので、夏休みの土日やお盆の時でも、泳げるだけのスペースは確保されていますね。

ただ、それよりも注意してほしいのがタワーズロックというスライダーで、無料で利用できることもあり、混雑時期になると30分~1時間程度の待ち時間が発生していることがあります。

この他にも、ラッパの口のようなDEKASLA (デカスラ)や、スネイクスライドというスライダーも待ち時間が発生しているので注意しておきましょう。

プールとスライダー両方に言える事ですが、開園直後から利用したり、比較的に混雑が落ち着いてきた15時以降から利用すると、プールは適度なスペースがある状態、スライダーは待ち時間が少ない状態で利用できるので、上手く時間をズラして利用するようにしましょう!

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、東京サマーランドに実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】東京サマーランドの口コミ情報を確認する

また、プールに行く場合は水着で過ごすことになりますが、肌の露出が多いので無駄毛が気になってしまう人もいるのではないでしょうか?

こちらでは、プールに行く前にどの部分の無駄毛を処理したらいいのか、毛深い男性や毛深い女性に対する周囲の人の印象はどうなっているのか、実際に除毛する時のおすすめの方法は何なのか詳しく解説しているので、気になる人はチェックしてみましょう!

混雑情報まとめ
・平日よりも土日祝日が混雑
・10時~15時が混雑
・夏休み・お盆期間は特に注意
・駐車場、入場ゲート&チケット窓口、更衣室、売店、各プール&スライダーにも注意

・出来るだけ平日や夏休み期間以外に行く
・開園時間前もしくは15時以降から利用する
・前売り券を購入しておく
・昼食は早めの購入、もしくは持参

詳しい場所取りの時間や注意点を確認する!
更衣室の様子を確認する!
行く時に必要な持ち物を確認する!

スポンサードリンク

東京サマーランドの駐車場情報と行く時間は?

東京サマーランドまで車で行きたいなと考えている人もいると思いますが、実際に行こうとすると駐車場情報が気になりますよね。

混雑状況や到着しておきべき時間など、気になる事があると思いますが、まずは駐車場の基本情報からチェックしていきましょう!

東京サマーランド駐車場

[第1駐車場]

[第2駐車場]

[駐車台数]
約5,000台

[開門時間]
開園時間の45分前
※混雑状況によって早く開門する場合もあります。

[駐車料金]
乗用車:1,500円
二輪車:300円
大型バス・マイクロバス:3,000円

駐車場の基本情報としてはこのようになっていますね。

混雑状況としましては、通常営業時なら第1駐車場だけで収まりますが、夏休みの土日やお盆になると開園時間前に第1駐車場が満車になってしまうほど混雑しています。

そうなると、第2駐車場へ案内されてしまうのですが、無料のシャトルバスが定期的に運行されているので、そちらを利用して入場ゲートまで行くと良いでしょう。

ちなみに、あきる野IC付近の道路が渋滞しやすく、朝の8時頃から渋滞していたという情報もありますので、できるだけ早めに行動するのがおすすめです。

駐車場に行く時間の目安としては、

通常営業時の平日に行くのなら、特に混雑を気にすることなく利用できるので、開園時間までに到着できれば大丈夫です。

通常営業時の土日や夏休みの平日に行く場合は、場所取りの事も考えると開園1時間前遅くても開園30分前までには駐車場に到着しておきましょう。

夏休みの土日やお盆に行く場合は、最も混雑しやすい時期なので、場所取りのためにプール入場ゲートに朝早くから並んでいる人を多く見かけることができます。

場所取りの事を考えると開園1時間30分前遅くても開園1時間前までに駐車場に到着しておきましょう!
(駐車場は45分前に開門となっていますが、夏休みの土日やお盆の時は、ほとんどの確率で1時間以上前に開門するので安心して向かって下さい。)

どうしても朝早くから行くことができないという人もいると思いますが、お昼頃に行くならば、直接第2駐車場へ向かった方が混雑に巻き込まれることなく行くことができます。

遅い時間帯に行くと、あきる野IC付近が渋滞しているので、その付近を通行する場合は、下の迂回路を見て、順路を確認しておきましょう。
【PDF】あきる野IC渋滞時の迂回路マップ

東京サマーランドをお得に利用できる割引クーポン情報!

東京サマーランドのチケット料金は確認してみましたか?

入園料とフリーパスの料金は以下のようになっています。

[夏季期間]

区分 入園料 フリーパス
大人 3,500円 4,500円
小学生 2,500円 3,000円
幼児 1,800円 2,000円
シニア 1,800円 2,000円
※7/1~10/1の期間になります

[通常期間]

区分 入園料 フリーパス
大人 2,000円 3,000円
小学生 1,000円 2,000円
幼児 1,000円 1,500円
シニア 1,000円 1,500円
※3月~6月、10/2~11月の営業日の期間になります。
※幼児は2歳~未就学児、シニアは61歳以上です。

こうやって見てみると、

「チケット料金高いなぁ~(^_^;)」

と思ってしまいますよね。

さらに車で行くと駐車料金がかかりますし、売店で食べ物を購入したり、有料席を利用したりすると、さらに出費が増えてしまうので、チケット料金だけでも安く利用したいものです。

そんな少しでも格安に利用したいと考えているあなたのために、お得に利用する事ができる割引クーポン情報をこちらで紹介しているので、行く前にチェックしておきましょう!
割引クーポン情報を確認してお得に利用する!

まとめ

今回は、東京サマーランドのプールの混雑状況、駐車場情報と行く時間、お得に利用する事ができる割引クーポン情報についてお伝えしました!

ちなみにこちらでは、場所取りに行く時間や注意点、必要な持ち物、更衣室の様子など役に立つ情報を紹介しているので、行く前にチェックしておきましょう!
東京サマーランドのお役立ち情報を確認する!

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています