ラグーナ蒲郡の花火の混雑とおすすめの場所は?浴衣でも大丈夫?

ラグーナ蒲郡(ラグーナテンボス)では、

夏とクリスマスシーズンに花火が打ち上がりますが、

混雑状態が気になりますし、

どこで見るといいのかよくわからないですよね?

そこで今回は、ラグーナ蒲郡の花火の混雑おすすめの場所

浴衣で行っても大丈夫なのかということについてお伝えします!

スポンサードリンク

ラグーナ蒲郡の花火の混雑は?

ラグーナ蒲郡(ラグーナテンボス)の花火は、

7月中旬~8月下旬の土日およびクリスマスシーズンに行われます。

巨大スクリーンに映し出された映像と噴水、炎などのエフェクトがコラボし、

ダンサーたちのパフォーマンスも見ものです(^o^)

そんなラグーナ蒲郡の花火ですが、

混雑状態はどのような感じなのでしょうか?

まず会場に行くまでですが、

電車や車の方では思ったほど混雑は見られません。

花火の時間として15分ほどしかなく、

ラグーナの場所も都市部と比べると田舎の方にあるためか、

行き帰りともにスムーズに移動できます。

車は駐車場から出るときに混雑しますが、

それを抜ければ混雑はしていませんので安心してください(*^_^*)

園内に入ってもそれほど混雑は見られません!

花火が上がる前後に、

イルミネーションとプロジェクションマッピングを見ることができるので、

カップルにはおすすめですよ~

ラグーナ蒲郡の花火が見えるおすすめの場所は?

ラグーナ蒲郡(ラグーナテンボス)の花火は、

ラグナシアのプール付近から打ち上げられる約15分ほどの花火です。

観覧無料ということで多くの人が訪れます。

また、園内に入らなくても、

外の駐車場からも見ることができるため、

花火のために近くまで見に来るという人も多いです。

スポンサードリンク

入場せずに近くの駐車場から花火を見たいという人は、

フェスティバルマーケットの駐車場最初の1時間は無料

以降20分毎に100円という周辺の駐車場では1番安いのでおすすめ!

少しラグナシアの方へ歩けば、近くから見ることができます。

その他の駐車場の情報とアクセス方法はこちら

ラグーナ蒲郡(ラグーナテンボス)に行きたいと考えていると思いますが、 駐車場やアクセス方法、混雑の様子など、 ラグーナ蒲郡に行く...

園内で見るとするならおすすめの場所はラグナシアのプールの正面ですね(^o^)

ステージがあり、イルミネーション衣裳を身にまとったダンサーたちの、

パフォーマンスも近くで見ることができるのでより一層楽しむことができます!

しかし、ここは人気スポットとなっていますので、

早めに場所取りしておかないと近くで見ることはできません。

その他の穴場スポットとして、

宮殿の2階にある無料デッキ席もおすすめ!

数に限りがあるため早くから場所取りが行われていますが、

少し高い目線から花火を見ることができるので、

また違った花火の雰囲気を味わうことができます\(^o^)/

また有料観覧席もありまして、

宮殿の1階席3階席が有料席となっています。

料金は時期により変動しますが1階席の方が少し高めになっています。

1階席だと花火とステージの両方を間近で見ることができるのでおすすめ!

3階席は全体を見渡すことができ、

花火も高い視点から見ることができるのでまた違った雰囲気で楽しめます。

ラグーナ蒲郡の花火を見るとき浴衣でも大丈夫?

花火を見に行くとなるとせっかくだから浴衣で見に行きたい!

でも、15分しかない花火なのに浴衣っておかしくない?



と、考えている人も多いことでしょう。

しかし、安心してください!!!

意外とカップルで来ている人で、

浴衣を着て花火を見に来ている人をチラホラ見かけることができます。

もちろんお友達同士でも大丈夫だと思いますよ(*^_^*)

ただこの時期は夜でも暑くなることが予想されます。

無料のシャトルバスも出てはいますが、

車で来るとなると、

駐車場から少し距離のあるところに停めてしまうと歩くのがしんどいです(>_<)

汗もかいてしまうので浴衣だと大変かもしれません。

いろいろ大変ですが、浴衣で行っても不自然ではないですよ~(*^_^*)

まとめ

今回は、ラグーナ蒲郡の花火の混雑とおすすめの場所、

浴衣で行っても大丈夫なのかということについてお伝えしました!

園内から見ても良し、外から無料で見ても良し。

時間は短いですが十分に楽しめますので花火の期間中は是非行ってみて下さい!

ラグーナ蒲郡に行く前に役に立つ情報を紹介していますので、詳しくはこちらをご覧ください。

ラグーナ蒲郡関連情報まとめ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています