井頭公園一万人プールに行く時に必要な持ち物と持ち込み可能な物は?


井頭公園一万人プールは7月中旬~9月上旬ごろまでプールの営業を行っており、実際に遊びに行きたいなと考えている人もいるのではないでしょうか?

しかし、実際に行くために準備していると、

「どんな持ち物があれば大丈夫なんだろう?」

「これって持ち込んでも大丈夫なのかな?」

と悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、井頭公園一万人プールに行く時に必要な持ち物と、持ち込み可能な物についてご紹介します!

スポンサーリンク

井頭公園一万人プールに行く時に必要な持ち物は?

井頭公園一万人プールに行くために必要な物を準備していると思いますが、

「どのような持ち物で遊びに行ったら大丈夫なんだろう…(-_-;)」

と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

そんな方のために、井頭公園一万人プールに行く時の持ち物をわかりやすく一覧にまとめましたので、早速確認していきましょう!

持ち物リスト
[必要な持ち物]
・水着
・レジャーシート
・ビーチサンダル
・タオル
・お金
・防水小物入れ
・ビニール袋
・バッグ

[あると便利な物]
・サングラス
・ゴーグル
・浮き輪
・ラッシュガード(上着)
・うちわ、扇子
・帽子
・日傘
・化粧品(乳液、化粧水など)
・日焼け止め
・ヘアブラシ
・冷感スプレー
・ウェットティッシュ
・汗拭きシート
・虫よけスプレー
・水遊び用オムツ

基本的な持ち物としては上記のようになります。

防水小物入れについてですが、これは思った以上に重要で、休憩所にスマホやお金などの貴重品を置いて、誰もいない状態で遊びに行くと窃盗の可能性があるので、1人荷物番を残しておくか、肌身離さず貴重品を所持していないといけません。

そんな時に首にかけられるタイプの小物入れだと、プールの中でも常に持ち運ぶことができ、水に落としても大丈夫なので非常に安心ですよ♪

最近ではスマホや小銭を一緒に入れることができる防水ケースもありますのでチェックしてみましょう!
Check!
スマホ防水ケースでプールで使えるおすすめ5選!人気で小型で使いやすい物を確認する!

バッグについてですが、たくさんの持ち物を入れる必要があるので容量が多い方が良いですし、防犯面や機能性、プールという水で濡れたり汚れたりする環境も考えると、何でもいいとは言えないので注意が必要です。

ちなみにこちらでは、プールに行く時に必要な持ち物を入れるバッグの選び方や、おしゃれで普段使いもできるおすすめのバッグを紹介しているので、こちらも確認しておくと役に立ちますよ♪
Check!
プールに持っていくバッグの選び方&おしゃれでおすすめのバッグを確認する!

ラッシュガード(上着)についてですが、ラッシュガードを着ることによって紫外線を防いで日焼け対策ができますし、水上り後の寒さ対策にもなります。

さらに、水に濡れてもすぐ乾きますし、コンパクト収納できて持ち運びもラクなので、1枚あると非常に便利ですよ♪

ちなみにこちらでは、ラッシュガードの色やサイズの選び方はもちろん、オシャレで人気なラッシュガードをご紹介しているので要チェックです!

日焼け止めについてですが、物によっては水質に影響が出かねないので、日焼け止めを塗ってからプールに入水するのが禁止されている場所も増えてきています。

ちなみに、井頭公園一万人プールの場合は、日焼け止めを塗って入水することが可能となっていますが、ぶっちゃけ塗り直しが面倒ですし、入水するのなら塗るタイプの日焼け止めは極力使用しない方がいいですね。

なので、先ほどご紹介したラッシュガードを着て紫外線をカットするか、最近ではプールに行く時は飲むタイプの日焼け止めも主流になってきているので、こちらを利用するのもおすすめです。

飲むタイプの中でも特に信頼性が高くて、シミへの効果も期待できる人気の商品が、第3類医薬品の「SIMIホワイト」という飲む日焼け止めなので、気になる方はチェックしてみましょう!


水遊び用オムツについてですが、オムツが取れていない赤ちゃんと利用する際は、水遊び用オムツを着用して、その上から水着を着用すれば利用できるようになっています。

プールエリアには売店もありますが、数に限りがあるので、持って行くのを忘れないようにしておきましょう。

必要な持ち物について紹介してきましたが、この他にも、

「これってどうなの?」

というような持ち物がいくつかあると思います。

そういった疑問の多い持ち物の持ち込みについて、この次の章で詳しく解説していますので、行く前にチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

井頭公園一万人プールに持ち込み可能な物は?

先ほどプールに行く時の持ち物リストを紹介しましたが、

「これってどうなの?」

というようなグレーゾーンな物がいくつかありますよね。

例えば

・飲食物
・クーラーボックス
・テント、パラソル
・水鉄砲
・イルカの浮き輪のような大きい物
・ベビーカー
・サンオイル

などがあります。

これらの7つ物について、持ち込み可能なのか解説していきますので、しっかりと確認しておきましょう!

飲食物
食べ物や飲み物は持ち込みが可能となっています。

ただ、プールの中やプールのすぐそばでの飲食は禁止されているので、休憩所などで飲食するようにしましょう。

また、アルコール類の持ち込み・飲酒・遊泳は禁止されており、ビンなどのガラス類も持ち込み禁止となっているので注意しましょう。

クーラーボックス
クーラーボックスの持ち込みは可能となっています。

氷を入れて食べ物や飲み物を冷やしておけるようにしておきましょう。

テント、パラソル
テントに関しては、足付きのテントおよび大型のドーム型テント(一辺が250cm以上)は、テントエリアのみで利用可能となっています。

必ず杭やピン等で転倒防止対策をするようにしましょう。

また、小型のドーム型のテントなら、テントエリア以外でも利用することができるようになっているので、日陰が少ないのでできるだけ持参するのがおすすめです。

パラソルに関しては、持ち込み可能ですが、風が強い時は使用を中止してもらう場合もあります。

パラソルを地面に突き刺して立てるタイプのものは、使用できないので注意しましょう。

ちなみにこちらでは、プールで使えるワンタッチテントでおすすめの商品を3つ紹介していますので、まだ持っていない方は参考にしてみて下さいね♪
Check!
プールでのワンタッチテントでフルクローズでおしゃれで人気のテント3選!

水鉄砲
持ち込むことは可能ですが、混雑状況によっては使用禁止になる場合もあるので、従業員の方の指示に従うようにしましょう。

イルカの浮き輪のような大きい物
普通の浮き輪と同じ大きさのイルカなら大丈夫ですが、極端に大きなものは使用するのが禁止されています。

ベビーカー
ベビーカーはプールサイドまで持ち込むことができるようになっています。

日陰が少ないので、上手く有効利用すると良いでしょう。

サンオイル
水に溶けださないサンオイルは使用することができますが、水に溶けだす(流れ出す)サンオイルは使用できません。

もし使用してしまった場合は、プールに入る前に、必ずシャワーでオイルを落としてから入るようにしましょう。

この他にわからない物がありましたら、井頭公園一万人プールの方へ直接お問い合わせください。

まとめ

今回は、井頭公園一万人プールに行く時に必要な持ち物と、持ち込み可能な物についてご紹介しました!

ちなみにこちらでは、プールの混雑状況や場所取りする時間、更衣室の様子、割引クーポン情報など役に立つ情報を紹介しているので、実際に行く前にチェックしておきましょう!
井頭公園一万人プールのお役立ち情報を確認する

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています