八景島シーパラダイスの花火の混雑と場所取りは?浴衣でも大丈夫?

515c1798e675d5a3662f0de0b73fe5eb_s
八景島シーパラダイスでは、ゴールデンウィークやお盆、シルバーウィーク、ハロウィン、クリスマス、年末年始などに花火が打ち上がりますが、実際に見に行きたいと考えている人もいるのではないでしょうか?

しかし、いざ行こうとすると駐車場や園内の混雑、場所取りする時間、夏には浴衣で行っても大丈夫なのか気になってしまいますよね。

そこで今回は、八景島シーパラダイスの花火の時の混雑状況と、場所取りをする時間やおすすめの場所浴衣で行っても大丈夫なのかという事についてお伝えします!

スポンサーリンク

八景島シーパラダイスの花火の時の混雑は?

八景島シーパラダイスでは、連休時や特定の日に花火が打ち上げられますが、実際に見に行こうとすると気になるのが混雑状況ですよね。

八景島シーパラダイスの混雑状況と駐車場の様子を確認する!
ちなみにこちら↑では、日中に行く時の園内や駐車場の混雑状況を紹介していますので、日中から行く人はこちらも確認しておくと良いですよ♪

ここでは夕方からや花火だけを見に来る人向けの混雑情報を解説していきたいと思います!

花火が打ち上げられる時間帯としては、時期やイベントによって違いますので公式サイトの方で確認してほしいのですが、大体打ち上げ2時間前(大体夕方頃)から人が徐々に増えてくる傾向があります。

車で行く人は駐車場を利用すると思いますが、昼から遊びに来ている人がいますし、花火が打ち上がる時期というのは、特に混雑しやすい連休特定の日なんですよね。
(上のリンクの混雑状況を確認すると良くわかります)

そのため打ち上げ2時間前でも、八景島シーパラダイスまで近い駐車場であるB・C駐車場はほぼ満車状態になっていることがありますので、遠くの駐車場を利用するかもしれないという覚悟はしておきましょう。

花火を見るだけなら入場料無料で島内に入ることができますが、水族館や遊園地を楽しみたいという人はチケットを購入する必要があります。

この時間帯ならチケット窓口の方も日中と比べれば空いていますので、待ち時間も少なく、スムーズに購入することができますよ♪

ちなみに前売り券をコンビニなどで購入することができますが、引換券になりますので、チケット窓口に並んで当日券への引換が必要になりますので注意しましょう。

夕方を過ぎれば、日中と比べて水族館は人が少なくなっていることもあり、ゆっくりと楽しむことができるでしょう。

しかし、イルカショーの場合はナイトショーも行っていて人気のショーになりますので、30分前から場所取りをしておくことをおすすめします。

遊園地の場合は、アトラクションにもよりますが、日中に比べると待ち時間などは緩和されています。

しかし、1回に利用できる人数が少ないアトラクションなどは混雑していますので注意しましょう。

花火が終わった後はみんな一斉に帰り出しますので、駅や駐車場では大混雑が予想されます。

花火は10分程度で終わりますが、終わったらダッシュで駅や駐車場に向かったり、車の場合は周辺道路の渋滞も考えられますので、覚悟して帰宅するようにしましょう。

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、八景島シーパラダイスに実際に行ってきた人たちの口コミ情報や実際の写真などをチェックすることができるので、お出かけする前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】八景島シーパラダイスの口コミ情報を確認する

混雑状況まとめ
・B、C駐車場は2時間前でもほぼ満車状態
・遠くの駐車場も覚悟しておく
・チケット窓口はそこまで混雑していない
・水族館のイルカショーは夜でも混雑
・遊園地はアトラクションによっては混雑
・水族館、遊園地ともに日中に比べればまだマシ
・花火後の帰宅ラッシュに注意
スポンサーリンク

八景島シーパラダイスの花火の場所取りは?

八景島シーパラダイスの花火を見に行くのは良いけど、どこから見たらいいのか、何時までに場所取りをしておけばいいのかわからないと悩んでいませんか?

花火が打ち上がる場所としてはこの場所になります。

なので、その正面にあたるウッドデッキ部分に多くの方がレジャーシートを敷いて場所取りしているのを見かけることができます。
八景島シーパラダイス 花火

この場所が近すぎず遠すぎず丁度いい距離なので、この場所を取ることをおすすめします。

早い人は打ち上げ2時間前からレジャーシートに座って場所取りをしている人がいますが、1時間前から場所取りをしておけば十分座って見ることができるでしょう。

しかし、花火の打ち上げ時間は10分程度で終わるので、立ち見でも良いという人は、30分前くらいに場所取りをしておけば、立ち見で見れるだけのスペースはありますよ。

とはいえ、このウッドデッキの場所以外でも花火が見える場所はありますので、ここをメインに考えなくても良いかなと思います。

ちなみにこちらでは、花火を見る時の有料席について詳しく解説していますので、興味のある方はこちらもチェックしておくと良いでしょう!
八景島シーパラダイスの花火のチケット情報と有料観覧席の様子は?

八景島シーパラダイスの花火は浴衣でも大丈夫?

八景島シーパラダイスに夏の花火を見に行く場合、浴衣で行きたいなと考えている人もいるのではないでしょうか?

「なかなか着て行く機会も無いので着て行きたい!」

という気持ちだと思いますが、浴衣で水族館や花火を見に行くと、自分ひとりだけ浮いてしまわないか気になってしまいますよね。

正直言うと、浴衣で来場される人はあまりいませんね…(^_^;)

ほとんどのお客さんがアトラクションや水族館の展示を楽しんでから花火を一日のシメにしますので、動き易い服装を選ぶのがその理由です。

特に八景島シーパラダイスでは、駅や駐車場から島内まで10分以上歩いたり、水族館や遊園地までの移動距離も長いので、浴衣の場合、着くずれや靴擦れも心配されます。

花火シンフォニアも行っている時間が10分程度と短く、それだけを目当てに来る人が少ないのも理由の一つですね。

これらの事を覚悟して、

「それでも浴衣で行きたい!」

というのであれば、浴衣の着用時期は特に決まりは無いですが、秋の彼岸前なら、まぁセーフという風潮がありますので、浴衣で行ってもおかしくは無いと思いますよ。

まとめ

今回は、八景島シーパラダイスの花火の時の混雑状況と、場所取りをする時間やおすすめの場所、浴衣で行っても大丈夫なのかという事についてお伝えしました!

花火後の帰宅ラッシュに巻き込まれると大変なので、花火が終わったらさっさと帰るようにしましょう!

ちなみにこちらでは、八景島シーパラダイスのその他の施設・イベント情報・割引券など、行く前に見ておけば役に立つ情報をまとめていますので、下のリンクからチェックしてみましょう!
八景島シーパラダイスのお役立ち情報!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています