赤城南面千本桜の開花情報!駐車場などの混雑と渋滞情報、迂回路は?

990f4c7242fa7b1fe13743a57e2ff0b9_s
群馬県の桜の名所でもある、赤城南面千本桜を見に行きたいなと考えているのではないでしょうか。
でも、せっかくの休日を使って見に行くのだから1番綺麗な時に見に行きたいですよね。

しかし、実際に行くとするなら車で行かないといけないので、駐車場や会場の混雑、渋滞情報なども気になります。

そこで今回は、赤城南面千本桜の開花情報と、駐車場や会場の混雑状況渋滞情報と迂回路について解説していきます!

スポンサーリンク

赤城南面千本桜の開花情報!

赤城南面千本桜は約1.3㎞の市道に植えられた37品種・約500本の桜の木と、15万株の芝桜を同時に楽しむことができるので人気のお花見スポットになっています。
せっかく見に行くのなら満開で1番綺麗な時に見に行きたいので、開花情報が気になりますよね。

植えられている桜の品種が37品種もあるので、それぞれ開花する時期が変わってくるのですが、代表的な品種の例年の開花時期・見頃をまとめてみましたので確認してみましょう!

例年の桜の開花時期・見頃
シダレザクラ
開花:3月下旬
見頃:4月上旬まで

枝が柳のように垂れ下がって生えていて、ピンクや赤、白の花を枝につけている様子は風情が良くて上品さがある桜です。

薄墨桜(ウスズミザクラ)
開花:3月下旬
見頃:4月上旬まで

その名前の通り、花の色が淡くて白色に近い特徴のある桜です。

カンヒザクラ
開花:3月下旬
見頃:4月上旬まで

ソメイヨシノよりも少し赤みが強い花の色をして、花の芯に近づくほど赤くなっている特徴がある桜です。

ソメイヨシノ
開花:4月上旬
見頃:4月中旬まで

一番本数の多いメインの桜で、市道の脇に植えられている桜です。

八重桜
開花:4月上旬
見頃:4月中旬まで

牡丹桜とも言われる桜で、ポンポンのようにたくさんの花が集まって咲いて、花びらの数も多いという特徴のある桜です。
ソメイヨシノよりも後に見頃を迎えます。

芝桜
開花:4月上旬
見頃:4月中旬~下旬まで

芝のように地表を覆い、2㎝ほどの桜のような花をたくさん咲かせる多年草です。

スイセン
見頃:4月中旬~下旬まで
赤城南面千本桜のお隣の赤城クローネンベルクでは、約40万株も植えられていてとても綺麗なのでこちらもおすすめ!

※ここで表記している上旬・中旬・下旬の内訳はこのようになります。
上旬:1日~10日
中旬:11日~20日
下旬:21日~30日

例年の開花情報・見頃の時期はこのようになります。

早く見頃を迎える桜や、4月中旬からでも楽しむことができる桜がありますので、長い間楽しむことができますよ。
1番のメインは市道の両脇に植えられているソメイヨシノなので、4月中旬までに見に行くと良いでしょう。
もしも時期が過ぎたとしても、八重桜芝桜、お隣の赤城クローネンベルクではスイセンが見頃なので行っても損することはないですよ。

ただ、開花時期は天候によっても変わってきますし、雨が降ったりすると花びらが落ちてしまい、通常よりも早く見頃が過ぎてしまうこともありますので注意しましょう。

しかし、これだけの情報だと今の桜の状態がハッキリとわからないですよね。

そんな時には赤城南面千本桜の近くに設置されているライブカメラの映像と、ツイッターを確認すると良いでしょう。

ライブカメラでは、ソメイヨシノと芝桜の様子を確認することができ、全体の開花状況を確認することができますよ。
赤城南面千本桜ライブカメラ

しかし、ライブカメラだと遠目に見えるだけですし、他の場所の様子を確認することができないので、その時にはツイッターを確認すると良いでしょう。
ツイッターにはツイートの検索機能がありますので、「赤城南面千本桜」と検索すると実際に行ってきた人たちが写真付きでツイートしているのを確認することができます。
また、「赤城南面 千本桜まつり【公式】」というツイッターアカウントがあり、そのアカウントは桜の開花情報を定期的にツイートしていますので、非常にわかりやすいですよ。

スポンサーリンク

赤城南面千本桜の駐車場などの混雑は?

実際に赤城南面千本桜を見に行こうとすると気になるのが駐車場や会場の混雑状況ですよね。

会場内が混雑してくる時期としては1番のメインであるソメイヨシノが見頃を迎えた時(4月中旬)が多くの人で混雑しています。
混雑時間帯としては10時~15時ですね。
さらに桜の開花とほぼ同じ時に「千本桜まつり」が開催されますので、屋台なども市道の両脇に出店(特に駐車場付近)していることから多くの人で混雑することが予想できます。

平日ならまだマシですが、土日祝日になると多くの人が訪れますので注意が必要です。
とはいっても人混みで前へ進めないというほどの混雑ではありませんので安心してください。

芝桜の方に行くと広い広場があり、レジャーシートなどを広げてのんびりくつろぐことができるスペースがあります。
桜を見ながら食事することもできるので人気の場所になっているのですが、土日祝日になるとやはり混雑しています。
広場はかなり広いのでスペースが全く無いというわけではないのですが、屋台の近くや桜の近くの場所は早めに場所取りしないと空いていないので注意しましょう。

混雑するとなると、車で行く場合は駐車場も気になる所ですが、千本桜野球場などを臨時駐車場として解放されています。
しかし、それでも満車で入りきれないことがありますので、お隣の赤城クローネンベルクの駐車場に回されることもありますので注意しましょう。

赤城南面千本桜に行くまでの渋滞情報!

赤城南面千本桜に車で行く場合は、千本桜野球場が臨時駐車場として開放されているのですが、満車になるとお隣の赤城クローネンベルクの駐車場に回されてしまいます。
この時にここで多くの車が立ち往生、もしくは駐車場待ちをしていることもあり、赤城南面千本桜に向かう道路では渋滞が発生しています。

桜の見ごろのピーク時は10時頃になると周辺の道路が渋滞してきますので、渋滞に巻き込まれたくないのであれば遅くても10時前、確実に停めたいのなら9時までには駐車場に到着できるように行動すると良いでしょう。

どうしても10時よりも到着が遅くなる場合は、国道353号は利用しない方が良いですね。

ナビなどでルートを検索すると国道353号のルートを案内されることが多いのですが、国道はかなりの確率で渋滞していますし、最悪1~2時間かかってしまうことも考えられます。
それよりも県道102号経由で南側の道から赤城クローネンベルクの駐車場に直接行った方がスムーズに駐車場まで行くことができますよ。

夕方頃になってくると帰る人も多くなるのでそのころになると渋滞も緩和されてくることでしょう。

まとめ

今回は、赤城南面千本桜の開花情報と、駐車場などの混雑状況、渋滞情報と迂回路についてご紹介しました!

ライブカメラやツイッターなどで情報収集をしてからお出かけするようにしましょう!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています