伊丹花火大会の場所取りの時間と観覧場所は?浴衣で行っても大丈夫?

伊丹花火大会に行きたいと考えている人もいると思いますが、場所取りの時間や観覧場所、浴衣で行っても大丈夫なのかわからないという人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、伊丹花火大会の場所取りの時間と、花火のおすすめ観覧場所浴衣で行っても大丈夫なのかということについてお伝えします!

スポンサードリンク

伊丹花火大会の場所取りはいつから?

伊丹花火大会を見るのなら打ち上げ場所近くで迫力のある花火を見たいという人もいるのではないでしょうか?しかし、打ち上げ場所に近くなるにつれて場所取りが激しくなってきますので、いつの時間帯に場所取りをしておけばいいのかわからないですよね。

伊丹花火大会を打ち上げ場所近くで見るとなると、河川敷周辺で見ることになりますが、早い人で15時頃から場所取りをしている人を見かけることができます。しかし、こんなに早い人は少数派ですし、撮影のために早くを場所取りをしたいという人がほとんどですのでこんなに早くから場所取りはしなくても大丈夫です。遅くても18時までに場所取りをしておけば、2人分くらいのスペースは確保することができますよ。

河川敷を場所取りするのなら、レジャーシートで場所取りするようにしましょう。スプレーでの場所取りは禁止されています。場所取りをする際は、暑さ対策と紫外線対策も忘れないようにしましょう。近くに屋台も出店されていますが、料金は少し割高ですので、飲み物などは自分で持ってくることをおすすめします。

スポンサードリンク

伊丹花火大会の観覧場所はどこがいい?

伊丹花火大会を見るのなら神津大橋周辺の河川敷が一般的ですが、人が多い所は苦手だからちょっと違った場所で見てみたいという人もいるのではないでしょうか?

こちらでは伊丹花火大会が見えるおすすめの場所や、花火が見えるレストラン・ホテルを詳しくご紹介しています。人が少ない場所でゆっくりと楽しみたいという方におすすめですので確認してみましょう!
伊丹花火大会を人が少ない場所で見てみよう!花火が見えるレストラン・ホテルもご紹介!

ちなみに伊丹花火大会には有料席はありませんので、花火を見る場所は自分で確保するようにしましょう。

伊丹花火大会には浴衣で行っても大丈夫?

せっかくの花火大会ですので、浴衣で行きたいなと考えているけど、一人だけ浴衣で浮いていたら嫌だなと思っていませんか?伊丹花火大会の時には浴衣で行っても大丈夫なのでしょうか?

浴衣は夏のイメージがありますので、浴衣を着るにも季節感が重要になってきます。伊丹花火大会は8月下旬に行われる花火大会ですので、浴衣を着て行く最後のチャンスと思っているのか、浴衣を着ている人を多く見かけることができます。なので、自分ひとりだけ浴衣で浮いてしまうというような心配はいりませんよ。

浴衣で行くとなると普段履き慣れていない下駄や草履で行くと思いますので、足が痛くなったり、最悪靴擦れを起こしてしまうかもしれません。もしもの時のために絆創膏などを持って行ったり、適度に休憩しながら屋台巡りや花火を楽しみましょう。また、浴衣が着くずれしてしまい、すぐに直せない場合もありますので、安全ピンを持って行っておいて仮止めできるように準備しておくと良いですよ。

まとめ

今回は、伊丹花火大会の場所取りの時間と、花火のおすすめ観覧場所、浴衣で行っても大丈夫なのかということについてお伝えしました!

河川敷は広いですので、よっぽど遅く来なければ場所取りをすることは可能です。こちらでは駐車場情報と会場の混雑の様子、屋台情報などをご紹介していますので、スムーズに会場に来れるようにこちらも確認しておきましょう!
伊丹花火大会の駐車場と混雑の様子、屋台情報をご紹介!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています