八幡平の紅葉時の混雑と服装は?見ておくべき綺麗な見所の場所は?

公開日: 

最近は昼と夜の気温差も大きくなり、いよいよ秋が深まってきたなと感じることができるようになってきましたね。秋と言えば紅葉、八幡平の紅葉を見に行きたいと考えている人も多いのではないでしょうか?しかし、混雑状況や行く時の服装、紅葉の見所など行く前にあらかじめ知っておきたいですよね。

そこで今回は、八幡平の紅葉時の混雑と、行く時の服装八幡平の紅葉の見所をご紹介します!

スポンサードリンク

八幡平の紅葉時の混雑は?

八幡平の紅葉を見に行くとなるとどうしても気になるのが混雑ですよね。ピーク時にはどれほど混雑しているのでしょうか?

まず周辺の道路の混雑状況から説明しますと、八幡平に行く道は「八幡平アスピーテライン(県道23号)」と「県道318号」があります。紅葉時期のこの二つの道は車の数は多いですが、渋滞するほどではないので安心してください。また、雨の日など天候が悪い時には車の数も減ってきますので、スムーズに移動することができます。駐車場も広々としているのでスムーズに駐車することもできますよ。

朝から行くと人が少ないのでより混雑せずに移動することもできますがアスピーテラインは夜間(17時~8時)通行止めになっています。山頂付近の「藤七温泉 彩雲荘」という所に宿泊しておけば朝早くから紅葉を楽しむことができるのでおすすめです。「藤七温泉 彩雲荘」についてはこちらをご確認ください。
藤七温泉 彩雲荘

スポンサードリンク

八幡平の紅葉を見に行く時の服装は?

実際に八幡平の紅葉を見に行く時にどのような服装が良いのかなと悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?八幡平は標高が高い位置にありますので、付近を散策するなら寒さ対策は十分に行うようにしましょう。

靴は歩きやすいようにスニーカーがおすすめで、服は風を通さないウィンドブレイカーや薄手のダウンなどを着込んでから行くと良いでしょう。

八幡平の紅葉の見所は?

八幡平の紅葉に行く前にどこの場所を見に行こうか決めていますか?行く前に場所を決めておくとスムーズに行動できますので、八幡平の見どころや名所を押さえていきましょう!

八幡平アスピーテライン
全長27㎞に及ぶ道で、山の紅葉を見ながらドライブできるので人気のスポットとなっています。車で行かれる方は是非ここから八幡平に向かってみると良いでしょう。

八幡平国立公園
周辺は国立公園になっていて、滝や沼、湿原などの大自然を堪能することができます。さらに紅葉の様子も見ることができますのでおすすめです。

まとめ

今回は、八幡平の紅葉時の混雑と服装、見所についてお伝えしました!

こちらでは八幡平の紅葉の見頃と周辺観光、日帰り温泉についてもご紹介していますのであわせてチェックしましょう!
八幡平の紅葉の見頃は?周辺の観光と、温泉を日帰りで混浴もできる場所とは?

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事も読んでいます

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑