みかん狩りのコツと持ち物は?保存の仕方で美味しさが変わる!?

公開日: 

みかんは早い所で8月から収穫されて、11月頃までが旬でもありますが、その期間でみかん狩りに行こうとしている人も多いのではないでしょうか。でもみかんを収穫する時のコツやみかん狩りに行く時の持ち物などよくわかりませんし、保存方法もイマイチわかりません。

そこで今回は、みかん狩りのコツ持ち物保存方法についてお伝えします!

スポンサードリンク
  

みかん狩りのコツは?

みかん狩りにせっかく行くのなら美味しいみかんを選んで食べたいですよね。実際に木に実をつけているみかんを収穫するとなると、店頭に並んでいるみかんを見分ける方法とは少し変わってきます。

実際に木になっている甘いみかんの選び方のコツとしては以下の通りです。

①良く日に当たっていて色の良い物
②触った感じがしんなりしている物(ぶよぶよ、カチカチは×)
③大きさが小ぶりな物
④細い枝に生っていて、ヘタの部分が小さい物

この見分け方でみかんを選べば甘くて美味しいみかんを食べることができますよ。

またこの方法以外でも甘いみかんの選び方があるのですが、それは鳥の食べた跡があるみかんです。みかん畑には野鳥(特にヒヨドリ)がたくさん集まってくるのですが、野鳥は本能的に甘いみかんを見分けることができます。実際に木に生っているみかんを食べるのですが、1か所だけ食べて、残りのほとんどを木に残していきます。この鳥が突っついて食べた跡がたくさんあるみかんの木は全体的にどれを取っても甘くて美味しいです。鳥が食べていないみかんでも十分甘いのですが、野鳥が食べた跡のあるみかんはもっと甘いですので、鳥が食べていない部分を食べてみて下さい。

みかん狩りの持ち物は?

初めてみかん狩りをするとなると、持っていくものがよくわからないですよね。そこで、みかん狩りの時にあると便利な持ち物をご紹介します。

虫よけスプレー

みかん畑には虫がたくさんいます。寒くなってくる11月頃はだいぶマシですが、まだ暑い時に行くとなると虫がいます。虫刺されに弱い人、苦手な人はみかん狩りをする前に虫よけスプレーをしておきましょう。

ウェットティッシュ

みかんを食べる時に皮を剥きますが、手がベッタベタになります。近くに水道があればいいですが、無いところが多いですので、手が汚れたときのためにウェットティッシュを準備しておきましょう。

帽子・着替え

みかん畑は日陰が少ないです。暑い時にみかん狩りに行くとなると熱中症になってしまう恐れがありますので、帽子を被って直射日光を防ぎましょう。また、みかんの汁や汗で服が汚れてしまうことがあるので、着替えがあると便利です。タオルも持って行って首に巻いてくと汗を拭くことができますし、首回りの日焼けも防ぐことができます。

布の袋もしくはエコバック

みかんを持ち帰りできる所は袋などに入れたりするのですが、ビニール袋だとみかんを枝から切った後の切り口が結構鋭いので裂けてしまうことがあります。なので丈夫な布の袋やエコバックを持参するようにしましょう。

軍手

上でも紹介したとおり、みかんを枝から切った後は切り口が鋭いので、あまり慣れていない人は怪我をしてしまうことも考えられます。そんな時は軍手をつけて収穫すれば怪我を心配しないで済みますよ。

救急セット

もしも怪我をしてしまった時のために消毒液や絆創膏など準備しておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

みかん狩り後の保存方法は?

みかん狩りをした後、お土産をたくさんもらうことができるところもありますが、みかんの保存はどのようにしたらいいのでしょうか?

みかんは基本的に常温保存でも大丈夫です。風通しの良い冷暗所に置いておきましょう。しかし、みかんを箱の中に適当に入れておくと早く痛んでしまうことがあります。みかんにも置く向きというものがありまして、ヘタを下にして置くと痛みにくいです。なぜかというと、ヘタ側よりも反対側の方が柔らかく、柔らかい方を下にしておくと重さがかかってしまい、下の方の実がつぶれてしまいます。固いヘタ側を下にすることで多少の重さがかかっても実がつぶれることがありませんのでヘタを下向きで保存するようにしましょう。箱の下にクッションなど入れておくとさらに良いです。この状態で約2~3週間程度は保存することが可能です。

最近では冷凍みかんにして食べることも多いですが、冷凍期間が長すぎると美味しくなくなるので1か月程度で食べると良いですよ。

みかんは取ってすぐに食べるよりもしばらく置いておくとより甘くなります。また昔から言われているみかんを手で揉むと甘くなるというのは本当で、みかんに含まれている酸味(クエン酸)は衝撃を加えると、みかん自身が傷を修復するためにクエン酸を消費します。すると酸味が少なくなるので甘味がより際立つのです。効果が出るには時間がかかりますので揉んだ後は1~2時間程度置いておきましょう。

まとめ

今回は、みかん狩りのコツと持ち物、保存方法についてお伝えしました!

みかん狩りに行く前にしっかりと準備を整えて行くようにしましょう!

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事も読んでいます

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑