ラグーナ蒲郡のプールの混雑と持ち物は?有料休憩所について解説!

夏になったらラグーナ蒲郡(ラグーナテンボス)ではプールの営業が開始され、行ってみたいと考えているのではありませんか?
しかし、混雑状態がどうなっているのか、何を持って行けば便利なのか、休憩場はどうなっているのか気になりますよね?

そこで今回は、ラグーナ蒲郡のプールの混雑持ち物有料休憩所についてお伝えします!

スポンサードリンク

ラグーナ蒲郡のプールの混雑は?

ラグーナ蒲郡(ラグーナテンボス)のプールは長島スパーランドと比べると、スライダーなどの数、広さは劣りますが、無理をする人が少なく、小さいお子さん用の水の遊具もあるので、親子連れに人気の施設となっています。
駐車場の方は繁忙期には臨時駐車場も解放されるので、駐車場待ちで何分も待たないといけない!なんていうことはありませんので安心してください(^o^)

そんなラグーナ蒲郡のプールの混雑状態ですが、夏休みである8月中の土日祝日お盆期間は大変混み合います。

後でご紹介しますが、有料休憩所の方も開園する前から購入しようとする列があり、開園から1時間も経たないうちに満席になってしまうぐらいです。

無料で使える屋根付きの休憩所もありますが、そちらも早く行って場所を取っておかないとスペースが無くなってしまいます。
この時期は開園の1時間前から並んでいる人もいるほど…

スライダーの方の待ち時間はピークで約40分という情報もあります。

ラグーナ蒲郡には遊園地もあり、そちらは水着のままでも大丈夫ということなので、プールの方から流れてくるお客さんもいるので混雑してしまいます。

プールも遊園地もゆっくり楽しみたい!というそこのあなた!!!
こういった混雑を避けたいのであれば、

・7月、9月のピークではない時に行く
・平日に行く
・天気が悪い時に行く
・朝から並んで開園と同時に行く

ということを考慮して遊びに行くといいですよ♪

混雑する時間帯としては、11:00~15:00の時間帯が混雑します。
この時間を避けるために夕方から行ってもいいですが、プールの遊泳終了時間が17時or18時(日によって違います)なので、あまり楽しむ時間がありません。
そのため比較的空いている朝から開園と同時に行くことをおすすめします。

でも、花火がある期間中は、夕方からプール→遊園地+花火という楽しみ方でも大丈夫ですよ!

あと、土日祝日であっても、曇っていて雨降るかな?降らないかな?という時はお出かけする人が少なくなる傾向がありますので、そのような日は結構空いていますよ(^o^)

自分の都合にあったプランを考えて楽しみましょう♪

ちなみに、プールに行く場合は水着で過ごすことになりますが、肌の露出が多いので無駄毛が気になってしまう人もいるのではないでしょうか?

こちらでは、プールに行く前にどの部分の無駄毛を処理したらいいのか、毛深い男性や毛深い女性に対する周囲の人の印象はどうなっているのか、実際に除毛する時のおすすめの方法は何なのか詳しく解説しているので、気になる人はチェックしてみましょう!

スポンサードリンク

ラグーナ蒲郡のプールの持ち物は何があるといい?

ラグーナ蒲郡(ラグーナテンボス)のプールに行くとき、何を持って行けば便利なんだろう?と、思ってしまいがちですよね。
そこであると便利なモノをご紹介します!

○レジャーシート
有料休憩所を取れたのならいらないかもしれませんが、もし満席だった場合は無料の休憩所を使うことになります。
屋根はあるものの、地べたに座るしかないのでレジャーシートは必須です。
疲れたときは横になれますのであると便利ですよ!

○日焼け止め
肌を露出しますので日焼け止めは必須です。急に日焼けしますと肌が赤くなってしまいヒリヒリしますので、前もって対策をしておきましょう。
また、日焼け止めの効果は2~3時間程度と言われています。さらに水に流れてしまいますのでもっと短いです。
1時間に1回は塗り直すようにしましょう。
それでも日焼けしてしまい赤くなったりする時もありますので日焼け後のケアをここでしっかりと確認しましょう。
日焼け後のケアは赤いうちに運命が決まる!効果のある食べ物と化粧品は?

○ラッシュガードなどの上着
ラグーナ蒲郡は水着のまま遊園地のアトラクションを楽しむことができますが、冷房が効いている室内のアトラクションや、コースター系のアトラクションに乗ると少し寒いかもしれません。
そんな時のために、ラッシュガードなどの上着を1枚持って行くことをおすすめします。

園内には売店もあり、水着や浮き輪など販売されているので、忘れたとしてもそこで購入できます。
財布を持って行かなくても、プリペイドバンドというお財布代わりのバンドを購入して使うと便利です。
あとから使わなかった分は返金してもらえますよ。

他に持ち物で気になるとするなら飲食物は持ち込み可能かどうかですよね。
基本的には禁止となっていますが、ペットボトルの飲み物を持ってきている人をチラホラ見かけます。
特に注意されている所は見たことがありませんので、飲み物くらいはいいのではないでしょうか。
食べ物は売店でも売られていますが、割高でもありますので、食べてから入園するか、食べなくてもいい時間に入園するなどしましょう。

ラグーナ蒲郡のプールの有料休憩所について解説!

ラグーナ蒲郡(ラグーナテンボス)のプールの有料休憩所は大変人気が高く、開園後1時間も経たないうちにで満席になってしまうこともあります。
そんな人気の有料休憩所ですが、色々な席がありますので解説していきます!

①エアチェアセット
パラソルとでっかいエアチェアがセットになっています。
エアチェアは思っているより大きいので、数人で横にもなれますし、荷物も置くことができます。
家族4人でも十分なくらいです。
80セットぐらいズラ~っと並んでいてふわふわなので寝心地は最高ですよ♪
パラソルはエアチェアの真ん中の穴に設置されていて、その穴に小さいですがテーブルもあります。
料金は3,000円~5,000円です。

②ファミリーエアチェアセット
エアチェアセット+イス4つ、テーブル1つ、パラソル1つ、と、何とも豪華な休憩所です(*^_^*)
1日中いるのならこの席を取っておくとゆっくりできますし、食べ物を買って食べる時に助かります。
料金は4,500円~7,000円とお高めですが、大人数で遊びに来たときは大助かりです(^o^)

③エキサイティングシート
屋根付きのデッキにイスが2つと小さいテーブルが1つあり、隣との仕切りもあります。
プールで泳いでいる子供を見ながら休むことができるので人気です。
料金は3,500円~5,500円です。

④ファミリーエキサイティングシート
エキサイティングシート+イス4つ、テーブル1つの席になります。
ここからもプールを見ながら休むことができ、1日中いるのであればイスやテーブルもありますので便利です。
料金は5,000円~7,000円です。

⑤ビバテラス
建物の2階にある休憩所で、イス4つ、長く大きなテーブル1つある席です。
ちょっと遠いので面倒ですが、少し高いところからあたりを見渡せるので気持ちいいですよ!
料金は4,500円~6,500円です。

有料休憩所はこのほかにもレンタルルームというのもあり、無料で使える休憩所もあります。
それらについての詳しい情報はこちらをご覧ください!

まとめ

今回は、ラグーナ蒲郡のプールの混雑と持ち物、有料休憩所についてお伝えしました!

8月中の土日祝日、お盆の期間は、朝の6時ごろからいい場所を取るために並んでいる人もいます。
出来るだけ混雑を避けてゆっくり楽しみたいですね(^o^)

こちらではラグーナ蒲郡に行く前に役に立つ情報を紹介していますので、詳しくはこちらをご覧ください。
ラグーナ蒲郡関連記事まとめ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています