みろくの里のプール場所取り時間とおすすめの日陰・有料席もご紹介!


今度の休みの日を利用して、みろくの里のプールに遊びに行きたいなと考えていると思いますが、遊び疲れた時の休憩所になったり、ご飯を食べてリラックスするための場所取りが重要になってきます。

場所取りするなら日陰の場所で過ごしたい人が多いので、場所取りが激しくなっているのですが、どの場所をいつから場所取りしたらいいのかわからないと悩んでしまう人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、みろくの里のプールの場所取りをする時間と、おすすめの日陰の場所おすすめの有料席(桟敷席)についてお伝えします!

スポンサードリンク

みろくの里のプールの場所取りはいつから?

みろくの里のプールに遊びに行く時は、疲れた時に休憩したり、食事をしたりするスペースをしっかりと場所取りしておく事が重要になってくるのですが、

「一体いつから場所取りをしておけばいいの?」

と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

みろくの里のプールの混雑状況と駐車場情報はこちら!
上のリンクでは、みろくの里のプールの混雑状況や駐車場情報を詳しく解説しているので、気になる方はチェックしておいてほしいのですが、7月中旬~8月下旬の夏休み期間にプールは営業していて、その中でも夏休みの土日お盆の時期の11時~15時が最も混雑しやすくなっています。

これら混雑する時期に行くと、開園時間前には入場ゲートに多くの人が並んでおり、開園すると同時にみんな一斉にプールエリアまで走って場所取りに行くので、日陰の無料休憩所や有料席はあっという間に埋まってしまうんですよね。

さらに11時~15時の混雑時間帯に行くと駐車場が満車になっている事もあり、遠く離れた臨時駐車場へ案内されてしまったり、プールエリア内の休憩場所も日差しがサンサンと当たる場所しか空いていない状況なので、できるだけ混雑時間を避けて場所取りに行くのがおすすめです。

場所取りの事を考えて入場ゲートに並ぶとしたら、

プール営業期間の平日に行くのなら混雑し始める11時前までに到着できるよう行動しましょう。

プール営業期間の土日祝日に行くのなら開園時間前に到着できるように行動しましょう。

お盆に行くのなら開園30分前、遅くても開園時間前に到着できるように行動しましょう。

みろくの里のプールは日陰が少ない事もあり、有料席(桟敷席)の場所取りもかなり激しくなっています。

有料席狙いの人もこの時間までには到着して並べるようにしておきましょう!

しかし、中には、

「そんなに早くから行けないよ~(>_<)」

という人もいるのではないでしょうか?

そんな人は15時以降に利用するのがおすすめです!

15時を過ぎてくると遊園地に移動したり、帰宅する人が増えてくるので、日陰の場所や駐車場の空きが出やすくなっていますし、プールは17時30分まで(遊園地は18時まで)営業しているので、十分楽しむ事ができますよ♪

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、みろくの里に実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】みろくの里の口コミ情報を確認する

最後に場所取りに向かう際の注意点として2つありますので、こちらもしっかりとチェックしておいて下さいね。

場所取りの注意点
前売り券を購入しておく
現地でチケットを購入していると、窓口に並んでいる間に入場ゲートの行列が伸びており、その時間分だけ後ろの列に並ばないといけなくなってしまいます。

JTBなどのチケットサイトでは前売り券を販売しているので、前もって購入しておくと無駄な時間を過ごさなくて良くなりますよ♪

ちなみにこちらでは、みろくの里のプールチケット料金をお得に利用できる割引クーポン情報を紹介していますので、行く前にチェックしてお得に利用しましょう!
みろくの里のプールの割引クーポン情報を確認する

テントやパラソルが持ち込み禁止
みろくの里のプールにはテントやパラソルの持ち込みが禁止されているので、場所取りをする場合はレジャーシートのみで行う必要があります。

日陰の場所も少ないので、できるなら有料席(桟敷席)を確保した方がゆっくりと楽しむ事ができますよ♪

お昼頃から行くと日陰の場所や有料席は埋まっているので、できるだけ早めに行くようにしましょう。

ちなみにこちらでは、プールに行く時に必要な持ち物や持ち込み可能な物について紹介しているので、行く前に所持品を確認しておきましょう!
必要な持ち物と持ち込み可能な物を確認する

スポンサードリンク

みろくの里のプールの日陰でおすすめは?

みろくの里の入場ゲートが開いたら、まず最初はプールエリアの休憩所を確保しに行くことが重要になるのですが、日陰の場所をレジャーシートで場所取りを行う場合、

「あっちが良いかな?やっぱりこっち?」

と、現地に行ってから悩んでいると、どんどん良い場所が埋まってしまうので、レジャーシートで場所取りするのなら、休憩所の目星をつけておくのが大切になってきます。

日陰の場所がかなり限られているのでおすすめの場所が1ヶ所しかありませんが、その場所をスムーズに場所取りできるよう、おすすめの場所をチェックしておきましょう!

おすすめの日陰

キディプール(子供用プール)周辺のベンチ
この場所はキディプール(子供用プール)周辺にあるおすすめの日陰の場所になります。

キディプールの周辺にはベンチが設置されていますし、背の高い木がたくさんあるので日陰もたくさんありますよ。

休憩しながら子供の様子を確認できるので、小さい子供連れの方に人気の場所です。

この場所以外にも日陰の場所はありますが、スペースが狭く、早い時間から入場ゲートに並んでおかないと確保するのは難しいですね。

有料席に関してはたくさん用意されているので、この次の章で詳しく確認してみましょう!

みろくの里のプールの有料席でおすすめは?

みろくの里には無料で利用できる日陰の場所が少ないので、有料席(桟敷席)を利用した方が快適に過ごすことができるようになっています。

ただ、公式サイトを見てみると、たくさんの種類の有料席が販売されているので、どの場所を選んだらいいのかわからないという人もいる事でしょう。

そこで、みろくの里のプールで利用できる有料席の設備状況とそれぞれの特徴、おすすめの場所をまとめてみましたので、どの場所を確保しようか検討してみましょう!

みろくの里のプールの有料席情報
[桟敷席]
大人約3人用 1,500円
すだれの屋根が付いており、スノコの上にシートが敷いてあるだけの席。

子供は横になって休む事ができますが、荷物を置いていると大人はちょっと大変かもしれません。

幼児プールのすぐそばにある桟敷席なので、小さい子供を連れた方に人気♪

大人約4人用 2,000円
プールから少し離れているので、人の通りが少なく、ゆっくりできる席。

子供は横になって休む事ができますが、荷物を置いていると大人はちょっと大変かもしれません。

大人約7人用 2,500円~3,000円
大人7人用の桟敷席は2種類あり、プールに近い場所3,000円と広いのに安い2,500円の席があります。

7人全員が席に座って休むとちょっと狭いですが、4人以上の大人数で利用するならこの場所がおすすめ!

大人約8人用 3,000円
大人約8人用と有料席の中で最も広いスペースの席。

プールから離れた位置にあるので料金も多少安くなっており、大人数で広々と過ごしたいという人にはおすすめ!

[パラソル席]
パラソルセット 1,300円
パラソルとレジャーシートがセットになった席。

有料席の中で最も安い料金で利用する事ができます。

ただスペースがかなり狭いので、2人で利用する人におすすめ!

パラソルセット 1,500円
パラソルと2つのイス、小さなテーブルがセットになった席。

料金も安く、テーブルや椅子があるので食事もしやすいです。

カップルや少人数で利用する人におすすめ!

パラソルセット 2,000円
パラソルとテーブル、4つのイスがセットになった席。

プールエリアのほぼ中央にあるので、シャワードームやスライダーなど利用しやすくなっています。

家族で利用する人におすすめ!

パラソルセット 2,500円

パラソルとテーブル、デッキチェア、3つのイスがセットになった席。

先ほどの③と比べるとパラソルが大きくなっており、リッチな気分を味わえます。

桟敷席は子供が疲れた時に横になって寝かせる事ができるので小さな子供連れの方におすすめ!

パラソル席は小学生以上のお子さんや、カップルなどの少人数で利用する人におすすめです!

有料席は事前予約は受け付けておらず、当日先着順で受付となります。

全部で370席分ありますが、時期によっては開園1時間~2時間ぐらいで無くなってしまうので、早めに利用するようにしましょう。

まとめ

今回は、みろくの里のプールの場所取りをする時間と、おすすめの日陰の場所、おすすめの有料席(桟敷席)についてお伝えしました!

ちなみにこちらでは、プールの混雑状況や必要な持ち物、更衣室の様子など役に立つ情報を紹介しているので、行く前にチェックしておきましょう!
みろくの里のお役立ち情報を確認する

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています