富士急ハイランドの混雑状況と駐車場、アトラクション待ち時間は?


山梨県富士吉田市にある富士急ハイランドは、絶叫系アトラクションから、子供向けのアトラクションまである遊園地で、休日になるとたくさんの家族連れ・カップルが訪れる人気スポットになっています。

そんな富士急ハイランドに行きたいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると混雑状況や駐車場情報、アトラクションの待ち時間などが気になってしまいますよね。

そこで今回は、富士急ハイランドの混雑状況駐車場情報と行く時間アトラクションの待ち時間についてお伝えします!

スポンサードリンク

富士急ハイランドの混雑状況は?

今度の休みの日を利用して富士急ハイランドに行きたいなと考えていると思いますが、実際に行くとなると気になるのが混雑状況ですよね。

人が多いと待ち時間が増えてしまったり、ゆっくり楽しむことができないので、できるだけ人が少ない時に利用したいものです。

富士急ハイランドが混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか?

富士急ハイランドが混雑しやすい時期としましては、平日よりも土日祝日が混雑しやすく、時間帯としては11時~15時の時間帯が混雑しやすくなっています。

通常営業時の平日ならほとんど混雑を心配することなく利用できるのですが、土日祝日は学校や会社がお休みの人が多いですし、11時~15時の時間帯はお出かけする人が増える傾向にある時間帯でもありますので、この時に利用する場合は混雑に注意しましょう!

ちなみに、他のサイト等でも混雑情報は確認することができると思いますが、

「混雑すると言われても、富士急ハイランドのどこの場所が混雑するの?」

と考えている方もいるのではないでしょうか?

富士急ハイランドで実際に混雑に注意してほしい所としては、駐車場チケット窓口レストランアトラクションですね!

駐車場に関しましては、この次の章で詳しく解説していますので、車を利用される方は次もチェックしておきましょう!

チケット窓口では、通常営業時の平日なら特に問題なく利用できるのですが、土日祝日の混雑時間帯になると、チケットを購入するための長い列ができており、10分以上の待ち時間がかかることがあります。

JTBなどのチケットサイトを利用すれば、前もって前売り券を購入することができますので、富士急ハイランドに行く前に購入しておくとスムーズに入場することができるのでおすすめです♪

ちなみにこちらでは、富士急ハイランドのチケット料金を格安で利用する事ができる割引クーポン情報について紹介していますので、行く前にチェックしてお得に利用しましょう!
富士急ハイランドの割引クーポン情報はこちら!

あとは人気アトラクションに待たずに乗れる絶叫優先券というチケットも販売されているのですが、午前中で完売になっていることがほとんどですし、連休などの混雑時は開園と当時に購入する人の行列が出来ています。

待ち時間の方もかなり長くなっているので、できるだけ開園と同時に利用して、購入列に並ぶとスムーズに購入できるでしょう。

レストランでは、お昼の時間に近づくにつれて多くの人が利用しますので、長い行列が出来ており、大混雑しているのを見かけることができます。

12時頃だと遅いので、ちょっと早めですが11時頃から利用すると混雑が少ない状態の時に利用できるのでおすすめですよ♪

ちなみにお弁当の持ち込みが可能という事なので、自分たちで持参し、ベンチなどを利用して食事するのも良いでしょう。

アトラクションは、土日祝日や連休時になると待ち時間が発生していることがあるので注意が必要です。

詳しいアトラクション情報は、最後の章で解説していますので、チェックしてみて下さいね♪

ここまで混雑状況について解説してきましたが、これらは通常営業時の混雑状況になりますので、ゴールデンウィークお盆などの連休になると話は変わってきます。

特に注意するべき連休や特定の日をまとめてみましたので、チェックしておきましょう!

注意するべき連休・特定の日
春休み
3月下旬~4月上旬

ゴールデンウィーク(GW)
5月上旬

夏休み
7月下旬~8月下旬

お盆
8月13日~8月16日前後

シルバーウィーク(SW)
9月中旬

冬休み・正月
12月下旬~1月上旬

3連休の中日

これらの連休や特定の日になると、平日でも通常営業時の土日祝日並みの混雑が予想されるので注意が必要です。

特にGW夏休みお盆3連休の中日は、学校や会社が連休で休みの人が多く、お出かけしやすい気候という事もあり、最も多くの人で混雑する傾向にあります。

連休や特定の日に行く場合は、先ほど紹介した駐車場・チケット窓口・レストラン・アトラクションでも、普段の1.5倍~2倍の待ち時間や混雑になりますし、営業時間の方も朝早くから夜遅くまで営業しているので、混雑している時間帯が長くなっています。

これらの時期に行く時は特に注意しておきましょう!

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、富士急ハイランドに実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】富士急ハイランドの口コミ情報を確認する

混雑情報まとめ
・平日よりも土日祝日が混雑
・11時~15時が混雑
・駐車場、チケット窓口、レストラン、アトラクションに注意
・連休や特定の日は特に注意

・出来るだけ平日に行く
・前売り券を購入しておく

割引クーポン情報はこちら!
・レストランは11時から利用する
・もしくはお弁当を持参する

スポンサードリンク

富士急ハイランドの駐車場情報と行く時間は?

富士急ハイランドまで車を利用して遊びに行きたいなと考えている人もいると思いますが、駐車場情報が気になる人もいるのではないでしょうか?

周辺道路の様子や、駐車場の混雑、到着しておくべき時間など前もって知っておきたいと思いますが、詳しく解説していく前に、富士急ハイランドの駐車場の基本情報から確認していきましょう!

富士急ハイランド駐車場

[第1駐車場]

[第2駐車場]

[第3駐車場]

[駐車台数]
約5000台

[営業時間]
通常期:早朝4時から20時まで
繁忙期:24時間

※通常期、繁忙期の詳しい期間は富士急ハイランドの方へお問い合わせください。

[駐車料金]
普通車:1日1,500円
大型車:1日2,500円
バイク:無料

※駐車場ゲートを通行する毎に料金がかかります。

富士急ハイランドには駐車場が第1~第3駐車場まであり、駐車台数が約5000台というとても大きな駐車場を利用する事ができます。

駐車場を利用するなら第1駐車場が入場ゲートまで近いので、第1駐車場を目指して運転するのがおすすめですね!

駐車場は、通常期は早朝4時から20時まで利用でき、繁忙期は24時間利用可能という事なので、車中泊で利用することもできますよ。
(設備が整っていないのであまりおすすめできませんが…)

駐車場の混雑状況について解説していきますが、通常営業時の平日ならば、特に混雑することなく安心して利用できるでしょう。

しかし、第1駐車場を主に利用する事になると思いますが、場合によっては入場ゲートまで離れた場所しか空いていない事もありますので、混雑時間帯に行く場合は注意しておきましょう。

通常営業時の土日祝日に行く場合は、混雑時間帯に行くと第1駐車場が満車になっている事もあり、第2・第3駐車場の方へ案内されてしまう場合もあります。

地図を見るとわかりますが、第2・第3駐車場から入場ゲートまでは距離が長いので、歩き疲れてしまうことが予想されます。

通常営業時の土日祝日は9時から営業していることが多いので、もしも第1駐車場に駐車したいのであれば、10時までに駐車場に到着できるように行動しましょう!

連休時や特定の日に行く場合は、開園時間前から入場ゲートに並んでいる人もいますし、かなり早い時間帯で第1駐車場が満車になってしまうので、早めの行動が重要になってきます。

営業時間の方も7時からだったり、8時からだったり変更されていますので、公式サイトの営業カレンダーでチェックしておいてほしいのですが、第1駐車場に駐車したいのなら、開園時間前~開園1時間後までには到着しておかないと利用するのは難しいでしょう。

ちなみにGWは最も多くの人で混雑しやすい時期となっているのですが、9時の時点で第1駐車場が満車になっていたという情報もありましたので、早めの行動を心がけましょう。

最後に渋滞情報についてですが、土日祝日や連休などの混雑時期に行く場合、河口湖インター出口~富士急ハイランド駐車場までの道路で渋滞が発生しているのをよく見かけることができます。

時間帯によっては1~2時間は渋滞に巻き込まれてしまう可能性がりますので、開園時間前に行くつもりで家を出発するのがおすすめです!

富士急ハイランドのアトラクションの待ち時間は?

富士急ハイランドのアトラクションを利用するとなると、気になるのが待ち時間ですよね。

通常営業時の平日ならば、ほとんどのアトラクションで待ち時間を気にすることなく利用する事ができますが、「ええじゃないか」や「高飛車」などの人気アトラクションでは、30分前後の待ち時間が発生しています。

通常営業時の土日祝日に行く場合は、人気アトラクションでは1時間前後の待ち時間となっており、その他のアトラクションでも30分前後の待ち時間が発生しています。

連休や特定の日になると、人気アトラクションでは2時間前後の待ち時間になっていることがあり、その他のアトラクションでも30分~1時間近く待たないといけない事もありますので注意が必要です。

人気アトラクションほど混雑しやすくなっているのですが、富士急ハイランドでは各アトラクションを効率的に乗ることができる絶叫優先券を販売しており、メリーゴーラウンド横のチケット売場で購入できるようになっています。

[対象施設]
○ええじゃないか
○フジヤマ
○高飛車
○テンテコマイ
○富士飛行社
○絶望要塞2
○絶凶・戦慄迷宮
○鉄骨番長
○ナガシマスカ

計9機種

[料金]
1枚1,000円
(1アトラクションを1回)

※1人9枚までの販売

お金に余裕がある方は、絶叫優先券を購入して、待ち時間を気にせずに遊べるようになっていますので、購入するかどうか検討してみましょう。

あと最後に、アトラクションの待ち時間を、リアルタイムで確認することができるアプリが富士急ハイランドから配信されており、Google PlayやApp Storeで「富士急ハイランド」と検索すると無料でダウンロードできます。

現地でアプリを使って待ち時間を確認しておくと効率よく遊べますのでチェックしておきましょう!

まとめ

今回は、富士急ハイランドの混雑状況、駐車場情報と行く時間、アトラクションの待ち時間についてお伝えしました!

連休時の富士急ハイランドはものすごく混雑しますので、しっかりと対策をしてからお出かけするようにしましょう。

ちなみにこちらでは、富士急ハイランドのチケット料金をお得に利用する事ができる割引クーポン情報について紹介していますので、こちらもチェックしておきましょう!
富士急ハイランドの割引クーポン情報はこちら!

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています