東武動物公園の遊園地の混雑と待ち時間は?フリーパスは必要?

655ec412481cbd96c07ab60d7379b910_s
東武動物公園は遊園地・動物園・プールからなる大規模なレジャー施設で、お休みの日になると多くの方が訪れる人気施設になっています。

この記事を見ているあなたは、そんな東武動物公園の遊園地の方に遊びに行きたいなぁと考えているのではないでしょうか。

しかし、実際に行こうとすると、遊園地の混雑状況やアトラクションの待ち時間などが気になりますし、入園料かフリーパスのどちらを購入したらいいのだろうと悩んでしまいますよね。

そこで今回は、東武動物公園の遊園地の混雑状況と、アトラクションの待ち時間フリーパスは必要なのかという事についてお伝えします!

スポンサーリンク

東武動物公園の遊園地の混雑は?

いざ東武動物公園の遊園地の方に行くとなると、気になってしまうのが混雑状況ですよね。

人が多いとアトラクションなどで待ち時間があったりして、無駄な時間を過ごしてしまうので心配になる人も多いと思います。

東武動物公園の遊園地はいつの時期・時間帯が混雑しやすくなっているのでしょうか?

東武動物公園の遊園地は、基本的に平日よりも土日祝日の方が混雑し、時間帯としては11時~17時の時間帯が混雑しやすくなっています。

ただ、ゴールデンウィーク夏休み無料開園日などの連休や特定の日になると、いつも以上に大混雑するので注意が必要です。

特に注意するべき連休や特定の日をまとめてみましたのでチェックしておきましょう!

注意するべき連休・特定の日
春休み
3月下旬~4月上旬

ゴールデンウィーク(GW)
5月上旬

夏休み
7月下旬~8月下旬

お盆
8月13日~8月16日前後

シルバーウィーク(SW)
9月中旬

冬休み・正月
12月下旬~1月上旬

3連休の中日

無料開園日
・バレンタイン(2月14日)
女性の入園料が無料

・開園記念日(3月28日)
誰でも入園料が無料

・東京都民の日(10月1日)
東京都に在住・在学の高校生まで入園料が無料
(学生証が必要)

・埼玉県民の日(11月14日)
全国の大学・短大・専門学生まで入園料が無料
(学生証が必要)

※曜日によっては開催日が変更になる場合もあります
※アトラクションを楽しむには、のりもの券やライドパスが必要です

これらの時期は、平日でも通常営業時の土日祝日以上の混雑が予想され、待ち時間も増えて無駄な時間を過ごしてしまいやすいです。

そして、この中でも特に注意してほしいのが、GW夏休みの土日お盆3連休の中日無料開園日ですね!

春から秋にかけての暖かい季節はお出かけしやすい時期でもありますし、夏にはプールを、さらに隣の動物園も一緒に利用する家族連れも多くなりますので、遊園地の方も大混雑しています。

普段の1.5倍~2倍の待ち時間や混雑になりますので、これらの時期に行く時は開園直後に行ったり、混雑が緩和されてきた17時以降に行くようにしましょう!

ちなみに11月~2月頃になると、イルミネーションが遊園地側で行われますので、混雑時間帯である17時を過ぎたとしても、夜まで混雑していることがあります。

イルミネーション開催中は日没~19時の時間帯が混雑しやすくなっているので、暗くなってから行くよりも、ちょっと早い16時頃には到着できるように行動するのがおすすめですよ♪

ここまで混雑状況について解説してきましたが、

「混雑すると言われても、東武動物公園のどこの場所が混雑するの?」

と考えているのではないでしょうか?

東武動物公園で実際に混雑に注意してほしい場所としては、駐車場チケット窓口レストランアトラクションですね!

駐車場に関しては、こちらのリンクで駐車場の料金や混雑状況など詳しく解説していますので、車で行く人はこちらをチェックしておきましょう!
東武動物公園の駐車場情報を確認する!

チケット窓口では、平日なら特に問題なく利用できますが、土日祝日や連休時になると、チケットを購入するための長い列ができており、10分以上の待ち時間がかかってしまうことがあります。
(遊園地に近いゲートは東ゲートになります)

JTBなどのチケットサイトでは前売り券を販売しているので、実際に行く前に購入しておくとスムーズに入園することができますよ♪

ちなみにこちらでは、東武動物公園をお得に利用できる割引クーポン情報を紹介しているので、行く前にチェックしておきましょう!
割引クーポン情報を確認してお得に利用する!

レストランについてですが、お昼の時間に近づくにつれて多くの人が利用するので、待ち時間が発生し、大混雑しているのを見かけることができます。

目安としては12時を過ぎてくると混雑してくるので、ちょっと早めですが11時頃から利用するのがおすすめです!

ちなみに、食べ物や飲み物などの飲食物の持ち込みは可能となっているので、自分たちでお弁当などを持参して、園内のベンチで食事するなどの対策をしておくのも良いでしょう。

アトラクションについてですが、この次の章で詳しく解説しているので、待ち時間など気になる人は、この次もチェックしておきましょう!

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、東武動物公園に実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】東武動物公園の口コミ情報を確認する!

混雑状況まとめ
・平日よりも土日祝日が混雑
・11時~17時が混雑
・駐車場、チケット窓口、レストラン、アトラクションに注意
・連休や特定の日に行く場合は特に注意!

・できるだけ平日に利用する
・開園直後、17時以降に利用する
・前売り券を購入しておく
・レストランはちょっと早めの11時から利用
・もしくはお弁当持参

割引クーポン情報を確認する
駐車場の料金や混雑状況を確認する

スポンサーリンク

東武動物公園の遊園地の待ち時間は?

混雑状況について解説していますが、

「アトラクションの待ち時間の方はどうなっているの?」

と思っている人もいるのではないでしょうか?

東武動物公園の遊園地のアトラクションの中でも人気なのは、絶叫系のコースターである「カワセミ」「レジーナ」が人気となっており、待ち時間も発生しやすくなっています。

通常営業時の平日なら数分程度の待ち時間なので、特に混雑を心配する必要はありませんが、土日祝日の場合は、「カワセミ」や「レジーナ」などの人気アトラクションで約30分前後の待ち時間、連休や特定の日になると約1時間前後の待ち時間になる事もあるので注意しましょう!

幼児向けのジェットコースターなど、その他アトラクションに関しては、平日ならほぼ0分で利用でき、土日祝日や連休時でも約15分前後の待ち時間で利用することができますよ。

ただ、この待ち時間はあくまで目安なので、イベントが重なっていたり、時期によってはものすごい混雑になっている事もあります。

確実に人気アトラクションをスムーズに回りたいのなら、開園直後を狙って行けばかなりの確率で空いているので、早めに到着できるよう行動しましょう。

東武動物公園の遊園地のフリーパスは必要?

東武動物公園の遊園地を利用する際は、入園料だけではアトラクションなどを楽しむことができませんので、フリーパス(ライドパス)や、のりもの券を購入しないと利用することができません。

しかし、料金の方を見てみると、ずいぶんと差がありますので、

「フリーパスは購入した方がいいのかな?」

と悩む人も多いと思います。

東武動物公園のアトラクションは先ほどご紹介した通り、時期によっては混雑しますが、時期や時間帯をズラせば意外と待ち時間が少ないので、半日だけでもかなりのアトラクションを楽しむことができます。

アトラクションは1人でも楽しむことができるアトラクションよりも、家族や友人、カップルなど、複数人で楽しむアトラクションが多いので、小さい子供がいる場合でも保護者の付き添いが必要になる事が多いです。

そうなるとフリーパス(ライドパス)付きのチケットを購入しておいた方がお得ですし、人気のアトラクションである「カワセミ」や「レジーナ」は1回でのりもの券を10枚も使うので、3回乗れば元を取ることができます。

あとは遊園地にどれだけ滞在する時間によっても変わってきますので、よく相談して決めるようにしましょう!

ちなみにこちらでは、東武動物園の入園料やフリーパス(ワンデーパス)をお得に利用することができる割引クーポン情報についてご紹介していますので、こちらもチェックしておきましょう!
東武動物園の割引クーポン情報を確認する!

まとめ

今回は、東武動物公園の遊園地の混雑状況と、アトラクションの待ち時間、フリーパスは必要なのかという事についてお伝えしました!

思った以上に混雑していないので、思いっ切り遊園地のアトラクションを楽しみましょう!

ちなみにこちらでは、遊園地以外の施設情報や、子連れ・カップル向けのお得情報など役に立つ情報を紹介していますので、こちらもチェックしておきましょう!
東武動物公園のお役立ち情報を確認する!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています