麦茶の作り方 煮出しで、水出しで、粒麦でさらにおいしく!

暑くなってきて麦茶がおいしい季節になってきましたね(*^_^*)

ご自宅で麦茶を作って飲んでいる人も多いのではないでしょうか?

でも市販のものと比べると味は薄いし…香りもないし…

水から出した方がいいの?

それともお湯で煮出すの?

どうやったらおいしくできるんだろう?

そう思っているあなたに!今回は、麦茶のおいしい作り方を伝授したいと思います!

スポンサーリンク

麦茶の作り方 煮出しで香り高く!

麦茶を作るときは煮出しで作るか、水出しで作るか分かれると思いますが、

始めに煮出しの方の作り方からやっていきます!

☆煮出しでおいしい麦茶の作り方☆

①水をやかんに入れて沸騰させる

②沸騰したお湯に麦茶パックを入れる

③5分ほど煮出して火を止める

④水を張った桶に、やかんごと入れ粗熱を取る

⑤麦茶パックを取り出し冷蔵庫で冷やす

水1L~1.5Lで麦茶パック1つあれば十分おいしい麦茶になります。

濃いめがお好きなら2パック入れると良いです。

煮出しをすることで香りがより一層引き立ちおいしいです。

麦茶パックを長い時間入れすぎると苦くなってしまうので注意しましょう。

沸騰させているので水の中の雑菌を殺すことができていて、

急速に粗熱を取っているので雑菌も繁殖する時間もないのでので保存期間も1週間以上持ちます。

常温で冷ましてもいいですが、温度が高いと雑菌が繁殖しやすく4~5日ぐらいしか持ちませんので注意しましょう。

もちろん麦茶を入れる容器もちゃんと洗っておかないと雑菌が繁殖してしまうので注意しましょう。

麦茶の作り方 水出しで簡単に!

煮出しでなくても水出しで簡単に麦茶を作ることができます。

☆水出しでもおいしい麦茶の作り方☆

①麦茶パックにお湯をかけ1分ほど蒸らす

②1L~1.5Lの水に蒸らした麦茶パックを入れる

③1.5~2時間たったら麦茶パックを取り出す

④冷蔵庫に保存する

スポンサーリンク

麦茶パックをお湯で蒸らすことで麦茶の香ばしい香りが引き出されるだけでなく、

抽出される時間も短縮することができます。

水出しはホントに簡単なので作るのが面倒と思う人におすすめです。

煮出し・水出し両方に言えることなのですが、市販の麦茶パックではなかなか香ばしさが感じられません(>_<)

しかしあるものを入れると簡単に香ばしさが出てきます。

そのあるものとは「インスタントコーヒーの粉」なのです!

インスタントコーヒーを麦茶の中にひとつまみ入れるだけで香りが全然変わってくるのでやってみて下さい!

水出しで作った麦茶は約1週間ぐらい持ちますが早めに飲んでしまいましょう。

麦茶の作り方 粒麦でさらにおいしく!

ハッキリ言って市販の麦茶のような香ばしい香り、味はパックの麦茶で出すのは難しいです。

最近注目されているのが粒麦から麦茶を作ることです。

粒麦は昔からあるので知っている人は知ってますが、

粒麦で作った麦茶を飲むと、もうパックの麦茶には戻れないでしょう笑

それだけ味・香りに差があります。

粒麦で作る麦茶の作り方をどうぞ!

☆粒麦でさらにおいしい麦茶の作り方☆

①やかんに1.5L水をいれ沸騰させたら麦粒をコップ1杯(30g)入れる

②5~10分ほど煮立てる

③水を張った桶に、やかんごと入れ粗熱を取る

④ふきんや茶こしで麦粒を取りながら容器に入れる

麦茶の色がパックと比べると透き通っていますが香り高くおいしい麦茶になっています。

フライパンで麦粒を煎りなおしてあげるとより一層香りが高まりますよ。

最近ではパックに麦粒が入っているタイプがあるので後処理も簡単になっています。

この方法で作った麦茶も1週間以上持ちますが早めに飲んでしまいましょう。

これはホント!一度飲むともう戻れなくなるので注意してね(*^_^*)

まとめ

今回はおいしい麦茶の作り方についてお伝えしました!

暑くなってくると水分補給が重要になってきます。

おいしい麦茶をたくさん飲んでこの暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています