千鳥ヶ淵の花見のデートコースは?桜の撮影スポットとボートの混雑は?

b3f3ae733f2eb2b4e3dcfd57d8fdf4ec_s
都内でも桜の名所として知られている千鳥ヶ淵ですが、次の休みの日に恋人と一緒にお花見デートを考えているのではないでしょうか。
しかし、どのように千鳥ヶ淵の桜を見てまわったらいいのかわからなかったり、おすすめの桜の撮影スポットや、ボートの混雑状況など詳しく知りたいと悩んでいませんか?

そこで今回は、千鳥ヶ淵の花見のデートコースと、桜の撮影スポットボートの混雑状況についてお伝えします!

スポンサーリンク

千鳥ヶ淵の花見をする時のデートコースは?

千鳥ヶ淵の桜は綺麗と良く聞きますが、いざ行こうとするとどのように見てまわればいいのかわからないと悩んでいませんか?

それが恋人とのデートならなおさら。
少しでもリードできるように前もって色んな情報を知っておきたいですよね。

千鳥ヶ淵のおすすめスポットとしては「千鳥ヶ淵緑道」・「千鳥ヶ淵ボート」・「千鳥ヶ淵公園」・「北の丸公園」があります。
それらを上手く見てまわれるデートコースをご紹介しますので、早速チェックしていきましょう!

九段下駅~1周コース

<こちらからGoogleマップでコースを確認できます>

このコースは距離にして約2.8㎞、徒歩約34分のコースになりますので、歩いて見てまわるのに最適なコースになります!

九段下駅から千鳥ヶ淵緑道へ向かってスタートしますが、途中で日本武道館・北の丸公園へつながる道がありますので、お好きな方から見てまわると良いでしょう。
ここでは千鳥ヶ淵緑道を始めに行くコースで紹介します。

千鳥ヶ淵緑道は約260本の桜が咲き乱れていて、まるで桜のトンネルの中を歩いているような体験をすることができますので、必ず見ておくべきおすすめスポットになります。
人気スポットでもあるため訪れる人が多く、時期や時間帯によっては入場制限もかけられてしまいますので、できるだけ混雑しない時間帯に見に行くようにしましょう。

そのまま歩いて行くとボート乗り場があるのですが、恋人とデートするのなら必ず押さえておきたいスポットです!
満開の桜の中をボートの上に乗りながらゆっくり花見をすることができるので非常に人気が高く、お互いに雰囲気も良くなることから、告白の場所としてもオススメの場所ですよ♪

「千代田のさくらまつり」期間中は20時まで営業していますので、水上からライトアップされた桜も楽しむことができます。

ボートの後は千鳥ヶ淵交差点から北の丸公園の方へ歩いて行きましょう。
千鳥ヶ淵交差点の先には千鳥ヶ淵公園があるのですが、千鳥ヶ淵緑道とあまり変わらないですし、宴会を行うことができるスペースになっていて、騒がしい人がいる場合もあるので、ハッキリ言ってデートではおすすめできません。
なのでここはスルーして北の丸公園へ行ってもらっても構わないですよ。

北の丸公園はシートを敷いて花見をしている方を多く見かけることができますので、シートやお弁当などを持参しておくとゆっくりと楽しむことができますよ♪

そのあとは九段下駅に行っても良いですし、「千代田のさくらまつり」期間中は靖国神社外苑第一鳥居から大村益次郎像方面にかけて屋台も出店されています。
ちょっと立ち寄ってみて屋台巡りを楽しむのも良いですね♪

ちなみにこちらでは、千鳥ヶ淵の桜の開花状況や花見に行く時の混雑、屋台の場所や営業時間などの詳しい情報を紹介していますので、こちらをチェックしてからお出かけするようにしましょう!
千鳥ヶ淵の桜の開花状況と混雑状態は?花見屋台の営業時間や場所は?

スポンサーリンク

千鳥ヶ淵の桜の撮影スポットは?

千鳥ヶ淵でデートする時は写真をたくさん撮ると思いますが、せっかくなら綺麗な写真が撮れるおすすめの場所をあらかじめ知っておきたいですよね。
先ほど紹介したデートコース内にはたくさんの撮影スポットがありますので、詳しく紹介していきます!
%e5%8d%83%e9%b3%a5%e3%83%b6%e6%b7%b5%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%88

千鳥ヶ淵緑道手前の国道302号の歩道

92e8942834151abba6837cd4b239b163_s
この場所からは千鳥ヶ淵緑道の桜と、北の丸公園の桜を同時に見ることができ、天気が良ければ東京タワーも綺麗に写真に収めることができる撮影スポットになります。

お昼頃に行ってしまうとボートに乗っている人が大勢いるので水面が乱れてしまいますが、誰もいない早朝から行くと、風が無い日は水面映る桜の木を見ることができるので非常におすすめです。

千鳥ヶ淵ボート付近

24074e0241295d44c8ae2803897eb4a0_s
この場所も同様に千鳥ヶ淵緑道の桜と、北の丸公園の桜を同時に見ることができるようになっています。

千鳥ヶ淵ボート付近は画像の方向だけでなく、その反対側や正面の桜も美しく、どの向きで撮っても綺麗に写真を撮ることができるのおすすめスポットですよ!

早朝から行くと画像の右側から太陽が昇るので、左側の桜に朝日が当たると、より一層美しい桜を見ることもできます♪

千鳥ヶ淵交差点付近

16739aa3d7db29127372490c11ddc611_s
この場所からは千鳥ヶ淵公園の桜を見ることができ、交差点に近い道からは国会議事堂も見えるので絶好の撮影スポットになっています。

この場所は桜だけでなく、土手に黄色い菜の花も咲いていますので、上手く撮影できれば画像のような桜・菜の花・国会議事堂を1枚の写真に収めることもできますよ♪

北の丸公園側へ歩いて行くと、国会議事堂は見えませんが、ものすごく菜の花が生えている場所があり、早朝にその場所で撮影すると、下は黄色い菜の花の絨毯、目の前はお堀の静かな水面と都会的な街並み、右側には朝日を浴びた千鳥ヶ淵公園の桜という最高の撮影スポットがありますので探してみて下さいね!

千鳥ヶ淵の桜を見る時のボートの混雑は?

千鳥ヶ淵でデートする時に外せないのがボートなんですが、最初に言っておくと「千代田のさくらまつり」期間中のボートはかなり混雑します。

平日でも1時間待ちになったりしますし、土日祝日の時は2~3時間待ちになっていることもありますので注意が必要です。
混雑しやすい時間帯としては11時~18時になっていますので、この時間帯に行く場合は混雑を覚悟して行くようにしましょう。

この混雑を避けて利用したい場合は、ボートの営業は9時30分~20時まで (乗船券の販売は19時30分まで)行われていますので、できるだけ9時30分~11時前までには並んでおくことをおすすめします。

「こんなに混むならボートの予約は出来ないのかな?」

と思うかもしれませんが、公式サイトの方にも事前に予約などは受け付けていないと明記されていますので、朝早くから行くようにしましょう。

ちなみにツイッターの「千代田のさくらまつり」という公式アカウントでは、今現在のボートの混雑状況と待ち時間をツイートしています。
風が強かったり、天候が悪い日は営業中止になる事もあるのですが、そのような詳しい情報も伝えているので、ツイッターをチェックしてからボートを利用するかどうか決めると良いですよ♪

まとめ

今回は、千鳥ヶ淵の花見のデートコースと、桜の撮影スポット、ボートの混雑状況についてお伝えしました!

ちなみにこちらでは、千鳥ヶ淵で花見をする時の場所や場所取りをしておくべき時間、花見の時の持ち物も詳しく解説していますので、こちらも確認しておきましょう!
千鳥ヶ淵で花見の場所取りをする時間は?持ち物と買い出しリストは?

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています