豊川手筒祭りの駐車場と屋台の様子を確認しよう!浴衣で行っても大丈夫?

豊川市民まつりの豊川手筒祭りでは打ち上げ花火が約2000発、三河地方伝統の手筒花火が約400本上がるのを見ることができるお祭りで大変多くの人で賑わいます。実際に行こうとすると駐車場の場所や混雑、屋台はどのような状態かわかりませんし、服装も浴衣で行っていいのかなと悩んでしまいますよね。

そこで今回は、豊川手筒祭りの駐車場屋台の様子浴衣で行っても大丈夫なのかということについてお伝えします!

スポンサードリンク

豊川手筒祭りの駐車場の様子は?

豊川市民まつりの豊川手筒祭りの会場は豊川市野球場ですが、周辺に駐車場はあるのでしょうか。

[会場周辺の駐車場]

場所 料金
自衛隊訓練場 無料
豊川自動車練習所 無料
豊川市役所 無料
コニカミノルタA 無料
新東工業(株) 無料
豊川市役所 保健センター 無料
日本車輌製造(株) 無料
(株)竹浅 無料
諏訪公共駐車場 30分/100円

※合計約2,000台

祭り当日は企業の駐車場も臨時駐車場として解放されています。どこの駐車場も歩いて10分くらいで会場まで行くことができます。会場周辺では16:30~21:30の間で交通規制が行われますので、会場に近い駐車場を利用する場合は交通規制が始まる前に着いておきたいので、15時過ぎに行くようにするとスムーズに駐車することができます。

スポンサードリンク

豊川手筒祭りの屋台は?

お祭りのもう一つの楽しみと言ったら屋台ですよね。ちょっと早めに行って屋台巡りを楽しみたいなと思っている人も多いことでしょう。豊川手筒祭りの屋台はどこの場所に出店しているのでしょうか?

屋台が出ている場所としては豊川市野球場と豊川市総合体育館周辺の歩道に出店されているのが確認されています。屋台の種類としては定番の焼きそばやたこ焼きなどの露店やくじ引きや金魚すくいなどの子供も楽しめるような夜店などがあります。競技場内でも地元の方が焼きそばやビールなど売っているのですが、周辺の屋台よりもお値打ちな料金で販売していることが多いですので、そちらで購入されると良いでしょう。しかし、多くの人で混雑してしますので待ち時間が長いです。コンビニなどで調達できる物は前もって準備しておくといいでしょう。

屋台を楽しむためのポイントとして花火終了後を狙うという方法もあります。花火が終わったのにもかかわらず営業を続けている屋台は残ってしまった在庫を超格安で売りさばいていることが多いので少し物足りないなと言う人は終了後に覗いてみましょう。焼きそば400円が100円になっていたり、牛串1本300円が3本で300円になっていたりするので狙い目ですよ。

豊川手筒祭りは浴衣でも大丈夫?

お祭りと言えば浴衣を着て行きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。でも浴衣でいって不便が無いのか、キツくないか心配ですよね。

豊川手筒祭りは約10万人の人が集まるのですが、会場周辺は歩道が広く屋台の場所もある程度分散されています。駐車場からも割と近いので人が多くて歩き疲れるということにはなりにくいです。会場である豊川市野球場の観覧席も広々としていて、スタンドに座ることもできますので楽な姿勢で花火を見ることができます。他の有名なお祭りと比べると人出が多いにも関わらず、そこまで混雑を感じないので浴衣で来られても大丈夫ですよ。

まとめ

今回は、豊川手筒祭りの駐車場と屋台の様子と、浴衣で行っても大丈夫なのかということについてお伝えしました!

手筒花火と打ち上げ花火のコラボは圧巻ですので楽しんで来て下さいね。こちらでは周辺道路や会場の混雑状況と手筒花火を無料で見れる場所、有料席のチケット情報についてご紹介していますので、行く前に確認しておきましょう!
豊川手筒まつりの混雑は?無料で見える場所とチケット情報と席の様子

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています