東武動物公園の動物園の混雑と所要時間は?口コミ情報もご紹介!

公開日:  最終更新日:2017/01/29

9ec39114c715857d59223a0f8f5d1fe9_s
東武動物公園は遊園地・動物園・プールからなる大規模なレジャー施設で、お休みの日になると多くの方が訪れる人気施設になっています。

この記事を見ているあなたは、そんな東武動物公園の動物園の方に遊びに行きたいなぁと考えているのではないでしょうか。

しかし、実際に行こうとすると、動物園の混雑状況や、マップを見るとかなり広いので、見て回るのにどれだけ時間がかかるのか、実際に行ってきた人たちの口コミなども気になりますよね。

そこで今回は、東武動物公園の動物園の混雑状況と、見て回るのに必要な所要時間実際に行ってきた人たちの口コミ情報についてご紹介します!

スポンサードリンク

東武動物公園の動物園の混雑は?

いざ東武動物公園の動物園の方に行くとなると、気になってしまうのが混雑状況ですよね。
人が多いとなかなか動物たちの様子を見ることができなかったり、待ち時間があったりするので、楽しむことができるのか心配になります。

東武動物公園の動物園はいつの時期・時間帯が混雑しやすくなっているのでしょうか?

東武動物公園の動物園は、基本的に平日よりも土日祝日の方が混雑し、時間帯としては11時~16時の時間帯が混雑しやすくなっています。

土日祝日の11時~16時の混雑時に行くと、まずはチケット窓口でチケットを購入するために多くの人が並んでいます。
(動物園に近いゲートは西ゲートになります)
待ち時間としては、5~10分程度並んでおけば購入できるくらいの混雑ですね。

ちなみに開園時間前でも多くの人が西ゲートの前に並んでいることがありますが、5分もあれば入園口から園内に入ることができますので、割とスムーズに利用することができますよ♪

園内に入るとたくさんの動物たちがいるのですが、その中でも人気で混雑しやすいのが「ヒグマの森」ですね!
最近リニューアルされたこともあり、ガラス越しで間近で観察することができたり、プールで遊んでいる姿を見ることができたりするので、混雑時期・時間帯ともなると、ヒグマを見るための行列ができていることがありますので注意しましょう。

その他の場所ではお昼頃になると、園内のレストランで混雑しているのを見かけますね。
とはいってもピーク時で30分ぐらい待っていれば入店することもできますので、激混みというわけではありません。

お弁当の持ち込みなどもできますし、いたるところに屋台もありますので、昼食の方はあまり気にしなくても大丈夫でしょう。

ちなみに車で行きたいなと考えている人もいるのではないでしょうか?
こちらでは駐車場の料金や混雑状況など詳しく解説していますので、車で行く人はこちらもチェックしておきましょう!
東武動物公園の駐車場情報

しかし、これは通常営業時の混雑状況になりますので、ゴールデンウィークや夏休み、無料開園日などの連休や特定の日になると話は変わってきます。
特に注意するべき連休や特定の日をまとめてみましたのでチェックしておきましょう!

注意するべき連休・特定の日
春休み
3月下旬~4月上旬

ゴールデンウィーク(GW)
5月上旬

夏休み
7月下旬~8月下旬

お盆
8月13日~8月16日前後

シルバーウィーク(SW)
9月中旬

冬休み・正月
12月下旬~1月上旬

無料開園日
・バレンタイン(2月14日)
女性の入園料が無料

・開園記念日(3月28日)
誰でも入園料が無料

・東京都民の日(10月1日)
東京都に在住・在学の高校生まで入園料が無料
(学生証が必要)

・埼玉県民の日(11月14日)
全国の大学・短大・専門学生まで入園料が無料
(学生証が必要)

※曜日によっては開催日が変更になる場合もあります

この中でも特に注意してほしいのが、春休みGW夏休みお盆無料開園日ですね!

春から秋にかけての暖かい季節はお出かけしやすい時期でもありますし、動物たちが活発に動いている所も見ることができるので訪れる人が多くなっています。
これらの時期は平日でも通常営業時の土日祝日以上の混雑が見込まれ、待ち時間も倍近くになりますので注意しましょう。

ちなみに冬になるとイルミネーションが行われていますが、遊園地の方で行われていますので、動物園の方ではそこまで混雑に影響は出ませんので安心してください。

しかし、夏になると動物園の隣でプールの営業も行っていて、多くの人で混雑することが予想できますので注意しましょう。

レストランの方も大混雑しますので、早めに食べに行くなどの対策をするようにしましょう!

もしもこれらの特に混雑する時期に行くのなら、できるだけ平日に行くのはもちろんの事、開園と同時に利用するなどの対策をしてからお出かけすると、混雑に巻き込まれることなく楽しむことができますよ♪

混雑状況まとめ
・平日よりも土日祝日が混雑
・11時~16時が混雑
・チケット窓口では5~10分の待ち時間
・「ヒグマの森」が人気なので行列ができている
・レストランはピークで30分待ちぐらい
・連休や特定の日はより混雑するので注意!
・できるだけ平日、開園と同時に利用する
・駐車場の料金や混雑状況はこちら!
スポンサードリンク

東武動物公園の動物園を見て回るのに必要な所要時間は?

東武動物公園には遊園地もありますし、時期によってはイルミネーションも行われていますので、動物園の後に行ってみたいと考えている人もいるのではないでしょうか?

しかし、両方楽しむとなると東武動物公園はかなり広いですし、色々と予定があると思いますので、時間配分が重要になっています。

そう考えた時に、動物園だけを見るのにどれくらいの所要時間が必要なのかなと思ってしまいますよね。

結論から言ってしまうと、ただ見て回るだけなら2時間程度、餌やりやショー、パレードなどを見ながらゆっくり回ると半日あっても足りないぐらいになります!

動物たちを見て写真を撮るくらいなら、一か所につき数分程度しかかからないので、休憩をしながら見て回ると2時間程度で全部を見ることができますよ。

しかし、子供がいたりすると休憩する時間も増えると思いますし、餌やり体験や、オットセイのショー動物のパレードなども行われていますので、それらを全部体験するとなると半日あっても足りないですね。

遊園地の方も楽しみたいのなら、できるだけ開園直後に来て、動物園を2~3時間、ランチに1時間使ったとしても13時~15時ぐらいには遊園地の方に行くことができるので、両方楽しむことができるでしょう。

東武動物公園の動物園の口コミは?

混雑状況や必要な所要時間などはある程度わかりましたか?

初めて行くとなると不安な部分もまだまだあると思いますので、実際に行ってきた人たちの口コミ情報も確認したいなと思いますよね。

実際にツイッターや口コミサイトで紹介されていた口コミをいくつかピックアップしてみましたのでチェックしてみて下さい!

ライオンの餌やりのパフォーマンスは見応えあります
普通のライオンに加え、ホワイトライオンも飼育されています。
餌やりは鎖でつるした肉をギリギリ届く位置に置いたりすることやニワトリ丸一羽を与えたりすることで迫力ある捕食姿を見ることができます。
珍しいところでは熊がいたり、檻無しで見られる鳥類がいたりと見せ方も工夫されて、楽しく時間を過ごせました。
動物達
毎年会社から無料券をいただくので毎年行っています。
いつもは高い割合で動物は寝ているのですが、ホワイトタイガーが爪研ぎしていたり、コンドルが羽を広げていたり、ライオンが交尾しそうになったり(未遂)、いろんな姿が見れました。
GWは物凄い混雑です。
遊園地と一緒なので子どもは大喜びです。
丸一日遊べます
象や鹿などにエサをあげられ、動物に触れあえる貴重な場所。
ヒヨコやモルモットもだっこできて、動物好きの子供には良い場所。
動物の種類も多く動物園は良くできてると思います。
また、遊園地も子供から大人まで楽しめるので、1日たっぷり遊べる場所だと思います。

動物園についての口コミを中心にピックアップしてみました!
混雑状況の所では「ヒグマの森」は人気で混雑すると言いましたが、それ以外にも人気の動物たちがたくさんいますし、子連れの方でも1日中楽しむことができるようになっていますので、お出かけするにはおすすめの場所ですよ♪

まとめ

今回は、東武動物公園の動物園の混雑状況と、見て回るのに必要な所要時間、実際に行ってきた人たちの口コミ情報についてご紹介しました!

時期によっては混雑しますが、そこまで待ち時間を気にすることなく楽しむことができ、イベントも盛りだくさんなのでお出かけしてみましょう!

ちなみにこちらでは、動物園以外の遊園地やプールなどの施設情報や、割引クーポンなどのお得な情報、子連れ・カップル向けの情報など、東武動物公園に行く前に見ておくと役に立つ情報を紹介していますので、こちらもチェックしておきましょう!
東武動物公園のお役立ち情報!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑