風呂カビ除去でゴムパッキンを綺麗に!防止でお湯?排水溝の髪の毛掃除方法

公開日: 

お風呂場の掃除で困ることと言えば、カビと排水溝の髪の毛とぬめりですよね。いざ掃除してもゴムパッキンなどのカビはカビキラーや重曹ではなかなか落ちないし、排水溝の髪の毛は見るたびに嫌になってきます。

そこで今回は、なかなか落とせないゴムパッキンなどのカビを落とす方法と、カビを防止するためにお湯を使った方法排水溝の髪の毛とぬめり対策についてお伝えします!

スポンサードリンク

風呂のカビ除去でゴムパッキン等のしつこいカビを落とすには?

お風呂のカビには重曹が、カビキラーが良いと言われていますが、相当しつこいカビになってくるとなかなか落ちてくれません。そのため半ばあきらめムードになっていませんか?あきらめるのはまだ早いですよ。カビ除去の最後の手段としておすすめのカビ取り剤があるのを知っていますか?それは「スパイダージェル」という浴室用カビ取り洗浄剤です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

浴室用カビ取り洗浄剤 スパイダージェル
価格:2160円(税込、送料別) (2016/7/30時点)

こちらのスパイダージェルですが、1日で1億5千万円も売り上げたと言う実績があり、メディアにも多く出演されている実演販売士レジェンド松下さんイチオシのカビ取り剤なんです。

多くのカビ取り剤は泡で出るタイプが多いのですが、いくらきめ細かい泡でも壁や天井に吹き付けてしまうと垂れてきてしまい、カビ取り剤の効果が半減してしまうのですが、こちらのスパイダージェルはその名の通りジェル状のカビ取り剤で、まるでクモのようにどんな場所でもその場にとどまり垂れてくることがありません。カビ取り剤の多くは吹き付けてから15分ほど待ってから洗い流すのですが、スパイダージェルは15分経ってもピタッとカビに貼りついたままなのでカビの根本の方まできれいにすることが可能です。

使い方としましては、市販のカビ取り剤同様、ゴム手袋マスクメガネを装着し、窓とドアを開けて換気を良くします。あとはスパイダージェルを吹き付けて15分ほど待ち、シャワーで洗い流すだけです。スパイダージェルは吹き付ける範囲も広範囲にスプレーすることも可能で、擦ることもしなくていいのでお掃除がラクチンですよ。擦ってしまうとカビの胞子が飛んでしまいますので擦るのは厳禁です。

口コミを見てみてもゴムパッキンやバスラック、壁、天井すべてのカビに効果があると言われています。最後の手段としてスパイダージェルを使用してみてはどうでしょうか?ただものすごい人気ですので売り切れになっていることが多いですのでお早めに。

スポンサードリンク

風呂のカビ防止のためにお湯でできる対策とは?

風呂場のカビをきれいにしたのならできるだけ長く綺麗に使いたいですよね。簡単にできるカビ対策としてお湯を使った方法がありますので確認してみましょう。

カビを撃退するためにはお湯の温度を50℃以上で5秒かける必要があります。温度調整ができるシャワーがある場合はこの方法が簡単です。カビの胞子はカビになるまで1週間~10日間かかりますので、1週間に1回お湯をかけてあげるとカビを予防することができますよ。カビが死滅したとしても黒ずみは残ってしまうので、カビ取り剤を使って黒ずみをきれいにしましょう。

天井にお湯をかけるのは火傷の心配もありますので、天井をやる場合は消毒用アルコールをクイックルワイパーなどに付けて1週間に1回天井を拭くと良いでしょう。

風呂の排水溝に溜まった髪の毛の掃除とぬめりをスッキリ解消!

お風呂掃除でカビの次に困るのが排水溝の髪の毛ですよね。見るだけで気持ち悪いですし、ぬめりもあるのであまり触りたくないですよね。ここをどうにか改善することができないのでしょうか?

まずは髪の毛の問題から行きますと、そのまま排水溝に流してしまうと詰まりの原因にもなってしまいますので、フィルターがついていることが多いのですが、通常のフィルターだと髪の毛が絡まって捨てにくいです。そこで便利なのが「髪の毛くるくるポイ」。水が一定方向に流れていくようになっていて髪の毛が中心にクルクルと集まるようになっています。回っているうちに髪の毛同士が束になるので本体に絡みつきにくく、捨てる時も袋の中にひっくり返してポンポンと叩くだけで髪の毛がまとまって取れる優れものです。国内メーカーのユニットバスであればほとんど対応していて、ご自宅の排水溝の形に合うように切り取って大きさを変えられるので便利です。袋を介して取り出し、ポンポンと叩いて髪の毛を取れば手を汚さずに捨てることができるのでおすすめですよ。

 

そしてぬめり対策ですが、これはどこのご家庭でもあるもので簡単に対策することができます。それはアルミホイルを丸めて排水溝に置いておくだけです。ぬめりの原因は細菌やバクテリアなどの微生物が繁殖する時に出す排泄物の集まった物がぬめりになります。そのぬめりを予防するなら細菌を繁殖させなければいいのですが、その方法としてアルミホイルの出す金属イオンを使います。アルミホイルなどの金属は水に触れると金属イオンを発生します。細菌はこの金属イオンを嫌い、繁殖しづらくなるので、ぬめり予防に効果があります。アルミホイルを丸めることで水が当たる表面積を増やすことができるので、軽く丸める方が効果的です。2週間~1か月に1度交換するのが良いでしょう。お風呂だけでなく、炊事場の排水溝でも効果がありますのでやってみて下さい。

まとめ

今回は、なかなか落とせないゴムパッキンなどのカビを落とす方法と、カビを防止するためにお湯を使った方法、排水溝の髪の毛とぬめり対策についてお伝えしました!

このスパイダージェルは1度使うと他のカビ取り剤には戻れませんので注意しましょうww

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事も読んでいます

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑