東山動植物園の混雑状況・駐車場情報と行く時間、お得な割引券はある?


愛知県名古屋市にある東山動植物園は、広大で緑豊かな園内で動物園や植物園・遊園地・東山スカイタワーなど楽しめるようになっており、休日になると多くの家族連れやカップルで賑わう人気スポットとなっています。

そんな東山動植物園に行きたいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると混雑状況や駐車場情報が気になりますし、料金を見てみると高いので、もう少し安く利用できないかなぁと思ってしまいますよね。

そこで今回は、東山動植物園の混雑状況駐車場情報と行く時間お得に利用できる割引券情報についてお伝えします!

スポンサーリンク

東山動植物園の混雑状況は?

今度の休日を利用して東山動植物園に遊びに行きたいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると混雑状況が気になってしまいますよね。

人が多いと待ち時間が増えてしまったり、ゆっくりと見て回ることができない事もあるので、できることなら人が少ない時に利用したいものです。

東山動植物園が混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか?

東山動植物園が混雑する時期としては、平日よりも土日祝日が混雑しやすく、時間帯としては11時~15時の時間帯が混雑しやすくなっています。

ただ、ゴールデンウィークなどの連休や特定の日になると、通常の土日祝日よりも混雑するので注意が必要です。

特に注意するべき連休や特定の日をまとめましたので、チェックしておきましょう!

注意するべき連休・特定の日
春休み
3月下旬~4月上旬

ゴールデンウィーク(GW)
5月上旬

夏休み
7月下旬~8月下旬

お盆
8月13日~8月16日前後

シルバーウィーク(SW)
9月中旬

冬休み・年末年始(正月)
12月下旬~1月上旬

3連休の中日

無料開園日
10月頃開催の名古屋まつりで無料開放日になる可能性

これらの連休や特定の日になると、平日でも土日祝日並みの混雑が予想されるので注意が必要です。

特に春と秋の期間中は、お出かけしやすい気候と、季節の花々や紅葉が見頃を迎えるので、暑すぎる夏や寒すぎる冬に比べると多くの人で混雑しやすくなっていますね。

なのでGWSW3連休の中日無料開園日に行く場合は特に要注意しておきましょう!

基本的には混雑期間中でも平日に利用すれば、比較的に混雑が少ない状態で楽しめますが、スケジュールの都合もあってどうしても無理な場合が多いと思います。

対策としては、開園直後の時間帯を狙って利用すると、混雑時期でも人が少なく、スムーズに利用できるのでおすすめですよ♪

ここまで大体の混雑状況について解説してきましたが、

「混雑すると言われても、東山動植物園のどこが混雑するの?」

と悩んでいませんか?

東山動植物園で実際に混雑に注意してほしい場所としては、駐車場チケット窓口レストランアトラクションですね!

駐車場についてですが、連休などの混雑時期になると、約1,600台ある駐車場が満車になってしまい、駐車場待ちの渋滞が発生しています。

この次の章で、車で行く人向けに駐車場情報を詳しく解説しているので、しっかりとチェックしてからお出かけしましょう!

チケット窓口についてですが、平日なら特に問題なく利用できますが、土日祝日や連休時になると、チケットを購入するための長い列ができており、10分以上の待ち時間が発生している場合もあります。

JTBなどの各チケットサイトでは、東山動植物園の前売り券が販売されており、事前に購入しておくとスムーズに入園することができるのでおすすめですよ♪

ちなみに、最後の章でお得に利用できる割引クーポン情報についても紹介しているので、こちらも要チェックです!

レストランについてですが、12時を過ぎた時間帯に利用すると、ランチを食べるために多くの人が利用するので、待ち時間が発生するなど大変混雑しています。

レストランで食事をするのなら、ちょっと早めの11時頃に食事をズラしたりするのが効果的ですよ!

ちなみに、食べ物の持ち込みが可能となっているので、芝生の空いているスペースにレジャーシートを広げてお弁当を食べるなどの対策をしておくのもおすすめです♪

アトラクションについてですが、東山動植物園には15種類以上のアトラクションを楽しめる遊園地もあり、人気アトラクションに関しては待ち時間も発生していますね。

子供向けのアトラクションが多いので、30分以上も待つことはほとんどありませんが、午前中に利用した方が空いているので、早めにお出かけするのがおすすめです!

ちなみに、動物園や植物園の方は、基本的に見て楽しむ事が多く、周辺の通路も広くなっているので、思った以上に混雑を感じること無く楽しめますよ♪

混雑情報まとめ
・平日よりも土日祝日が混雑
・11時~15時が混雑
・駐車場、チケット窓口、レストラン、アトラクションに注意
・連休や特定の日に行く時は特に注意!

・出来るだけ平日に行く
・混雑時期は開園直後を狙って行く
・事前に前売り券を購入しておく
・レストランは11時頃に利用する
・もしくはお弁当を持参する

スポンサーリンク

東山動植物園の駐車場情報と行く時間は?

東山動植物園まで車で行きたいなと考えている人もいると思いますが、その時に気になるのが駐車場情報ですよね。

周辺道路の渋滞情報や到着しておく時間など気になると思いますが、それらについて解説する前に、駐車場の基本情報から確認していきましょう!

東山動植物園の駐車場の基本情報


※緑Pマーク:大型車駐車可能
※橙Pマーク:春・秋まつり期間の土日祝・ナイトズー・ガーデン開催日は有料

[駐車台数]
1,600台

[駐車場利用時間]
午前8時45分~午後5時まで

[駐車料金]
自動二輪車:1回400円
普通車:1回800円
大型車:1回2,000円

※池下駐車場を利用すると2時間無料駐車券を発行してもらえます。

駐車場の基本情報はこのようになっていますね。

たくさんの駐車場があるので、どこの駐車場を利用したら良いのか悩んでしまいますが、東山動植物園で何を楽しみたいのかで駐車場を決めるのがおすすめです。

もしも、適当な駐車場を選んで駐車してしまうと、

「動物園まで離れた駐車場で長い距離を歩かないといけなかった…」

ということも考えられるので、上の地図の東山動植物園の動物園・植物園・遊園地・東山スカイタワーの場所と、駐車場の場所を確認しながら、利用したい場所に近い駐車場を調べてみましょう!

ただ1つ注意してほしいのが、駐車場と周辺道路の混雑状況ですね。

平日なら特に問題はありませんが、通常の土日祝日に利用すると昼頃に満車になる駐車場がチラホラあります。

さらに、連休や特定の日に利用すると、午前10時にはほとんどの駐車場が満車になって、周辺道路では駐車場待ちの渋滞で大混雑。

園内に入れたのが渋滞にハマって1時間以上経ってからという口コミもありますね。

そして、ようやく駐車場に入れたとしても、入園ゲートまで離れている場合がありますし、園内に入ってからもかなり歩かないといけないのでめっちゃ大変です。

特に小さな子供やお年寄りの方がいる場合、出来るだけ目的の場所に近い駐車場に駐車できるよう、早めの行動を取るのがおすすめですね。

駐車場に到着しておく時間の目安としては、

平日に行く場合は、特に混雑していないので、昼前くらいに到着できればゆっくり楽しめるでしょう。

土日祝日に行く場合は、10時頃までには到着できるよう行動しましょう。

連休や特定の日に行く場合は、到着予定時間よりも遅れる可能性もあるので、午前8時45分の利用開始時間に到着できるつもりで行動しましょう!

さらにこちらでは、リアルタイムの駐車場の満空情報を確認することができるので、お出かけの際にチェックしておくと役に立ちますよ♪
東山動植物園の駐車場の満空情報を確認する!

ちなみに、駐車場は基本的に有料となっていますが、池下駐車場を利用して東山動植物園に行くと、2時間無料駐車券を発行してもらえるサービスが行われています。

[駐車台数]
190台

[営業時間]
24時間

※入出場取扱時間は7時~24時まで

[駐車料金]
7時~24時:30分200円
24時~翌7時:1回600円

駐車場からは地下鉄を利用して東山動植物園に行く事になりますが、連休中でも比較的に空いていることが多いのでおすすめです。

園内の正門案内所と星が丘門の2ヵ所のいずれかで池下駐車場の駐車券を提示すると、2時間無料駐車券を発行してもらえるので、利用する際は駐車券を車内に忘れないようにしましょう。

東山動植物園をお得に利用できる割引券情報!

東山動植物園のチケット料金は確認してみましたか?

入園料は以下のようになっています。

[入園料]

区分 料金
大人
(高校生以上)
500円
名古屋市在住の
65歳以上の方
100円

[スカイタワー共通券]

区分 料金
大人
(高校生以上)
640円
名古屋市在住の
65歳以上の方
160円

こうやって見てみるとかなり安いように見えますが、

「もう少し安く利用できないかなぁ~(^_^;)」

と思ってしまいますよね。

さらに、車で行くとなると駐車料金もかかりますし、園内のレストランを利用するとさらに出費が増えてしまうので、チケット料金だけでも安く利用したいものです。

そんな少しでも格安に利用したいと考えているあなたのために、こちらで東山動植物園をお得に利用できる割引クーポン情報を紹介しているので、行く前にチェックしておきましょう!
東山動植物園の割引クーポン情報を確認してお得に利用する!

まとめ

今回は、東山動植物園の混雑状況、駐車場情報と行く時間、お得に利用できる割引券情報についてお伝えしました!

土日祝日や連休時は混雑しやすいので、しっかりと対策をしてからお出かけするようにしましょう。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています