ニフレルの混雑状況と駐車場情報は?赤ちゃん連れでも大丈夫?


大阪府吹田市にあるニフレル(NIFREL)は、水族館や動物園、美術館などのジャンルを超えて楽しめる新感覚のミュージアムで、7つのゾーンに分けられており、照明や音楽、映像などの様々な工夫が施された中で、生き物たちを鑑賞できる人気スポットとなっています。

そんなニフレルに行きたいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると混雑状況や駐車場情報が気になりますし、赤ちゃんや小さな子供と一緒に行っても楽しめるのか不安に思ってしまいますよね。

そこで今回は、ニフレルの混雑状況駐車場情報と行く時間赤ちゃん連れでも安心して楽しめるのかということについてお伝えします!

スポンサーリンク

ニフレルの混雑状況は?

今度の休日を利用してニフレルに行きたいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると混雑状況が気になってしまいますよね。

人が多いと待ち時間が発生したり、間近で生き物たちを見ることができない場合もあるので、できるだけ人が少ない時に利用したいものです。

ニフレルが混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか?

ニフレルが混雑する時期としては、平日よりも土日祝日が混雑しやすく、時間帯としては11時~16時の時間帯が混雑しますね。

基本的に平日ならどの時間帯に行っても空いていますが、時期によっては幼稚園児や小中高校生などの団体客が利用する場合もあります。

学校団体のお客様が利用する事が多い期間としては、

・2月中旬~3月上旬の平日
・4月中旬~5月末の平日
・10月~11月の平日

これらの期間の午前中に利用する事が多くなっています。

午後になると人が少なくなるので、平日に利用する場合はお昼過ぎから利用するのがおすすめですよ!

ちなみに、ゴールデンウィーク(GW)やお盆、年末年始(正月)などの連休や特定の日になると、いつも以上に混雑するので注意が必要です。

特に注意するべき連休や特定の日をまとめましたので、チェックしておきましょう!

注意するべき連休・特定の日
春休み
3月下旬~4月上旬

ゴールデンウィーク(GW)
5月上旬

夏休み
7月下旬~8月下旬

お盆
8月13日~8月16日前後

シルバーウィーク(SW)
9月中旬

冬休み・年末年始
12月下旬~1月上旬

3連休の中日

これらの連休や特定の日になると、平日でも通常営業時の土日祝日以上の混雑が予想されるので注意が必要です。

普段の1.5倍~2倍の待ち時間や混雑になりますので、これらの時期に行く時は営業開始時間前に並んだり、混雑が緩和されてきた16時以降に行くようにしましょう!

ここまで混雑状況について解説してきましたが、

「混雑すると言われても、ニフレルのどこの場所が混雑するの?」

と考えている人もいるのではないでしょうか?

ニフレルで実際に混雑に注意してほしい場所としては、駐車場チケット窓口レストランですね!

駐車場についてですが、ニフレルは「ららぽーとEXPOCITY」内にあり、それ以外の施設を利用する人も駐車場を利用するので、駐車場内は混雑しやすくなっています。

この次の章で詳しく解説しているので、車で行こうと考えている方はしっかりと確認しておきましょう。

チケット窓口では、平日なら特に待ち時間など無く、スムーズに利用できますが、営業開始前の時間帯が最も混雑しやすく、10人程度の人が並んでいる場合があります。

土日祝日になると、営業開始前の時間帯にはチケットを購入するための長い列ができており、10分以上の待ち時間がかかってしまうことがありますね。

特に連休時になると、それ以上の待ち時間になることが予想されるので注意が必要です。

ちなみに、全国のセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートの店頭でニフレルの前売り券を購入できたり、公式サイトからWebチケットを事前に購入できるようになっています。

現地で購入すると待ち時間が発生することが多いので、事前にチケットを購入してから利用するのがおすすめですよ!

また、公式サイトでは、チケット購入待ち時間をリアルタイムで確認できるようになっているので、参考にしてみて下さいね♪

レストランについてですが、お昼の時間帯になるとニフレル内の飲食店でも混雑していますし、ららぽーとEXPOCITY内のレストランも大混雑しています。

待ち時間もお店によっては1時間待ちになっている事があるので注意が必要です。

ちょっと早めの11時頃から利用したり、14時過ぎになると空いてくるので、時間帯をズラして利用するのがおすすめですよ♪

混雑情報まとめ
・平日よりも土日祝日が混雑
・11時~16時が混雑
・駐車場、チケット窓口、レストランに注意
・連休や特定の日に行く時は特に注意!

・出来るだけ平日に行く
・営業開始前、16時以降に利用する
・前売り券を購入しておく

スポンサーリンク

ニフレルの駐車場情報と行く時間は?

ニフレルまで車で行きたいなと考えている人もいると思いますが、その時に気になるのが駐車場情報ですよね。

周辺道路の渋滞情報や到着しておく時間など気になると思いますが、それらについて解説する前に駐車場の基本情報から確認していきましょう!

ららぽーとEXPOCITY駐車場

[駐車台数]
約4,100台

[駐車料金]
平日・土曜
2時間まで無料
以降30分毎200円

日・祝日
30分毎200円

※ニフレルを利用すると+2時間無料
※その他施設利用やお買い上げによる駐車料無料サービスがあります。

ららぽーとEXPOCITYの駐車料無料サービスを確認する

駐車場の基本情報はこのようになっています。

周辺道路の渋滞情報についてですが、ニフレル以外のららぽーとEXPOCITY内の施設や、万博記念公園、吹田サッカースタジアムなどを利用する人が同じ道路に集中するので、平日でも混雑しやすくなっています。

さらに、吹田ICからすぐなので遠方から来る方も多く、高速道路のSA・PAでの混雑や、ICの料金所付近で渋滞していることも多いので、混雑時間帯は避けて通行するのがおすすめです。

駐車場の混雑状況についてですが、府道1号線の道路状況的に、A駐車場・地下駐車場・B駐車場・C駐車場の順に満車になっていきます。

特にA駐車場と地下駐車場は、午前中に満車になることが多いですね。

ニフレルを利用する場合、地下駐車場が最も歩いて近く、その次にA駐車場が近くなっているのですが、到着するのが遅れると歩いて行くのが大変なB駐車場、C駐車場しか空いていないので注意しましょう。

駐車場に到着しておく時間の目安としては、渋滞情報も考えると遅くても11時前までに到着しておくのが良いでしょう!

ニフレルは赤ちゃん連れでも大丈夫?

赤ちゃんや小さな子供を連れてニフレルに遊びに行きたいと考えている人もいると思いますが、安心して利用できる設備が整っているのか心配になりますよね。

まずは、ベビーカーについてですが、館内で使用することはOKとなっています。

段差も少ないので快適ですし、上下階の移動にはエレベーターも使用することができるので安心ですよ。

館内の通路も広いので、混雑していない時は安心なのですが、土日祝日や連休時になると多くの人で通路が狭くなってしまうので、混雑時に使用する時は周囲の状況を確認しながら使用するようにしましょう。

ちなみに、ベビーカーを預かる場所は基本的に設置されていないので預かってもらうことはできません。

繁忙期でよっぽど人が多い時のみ、臨時でベビーカー置き場が設営される程度なので、あまり期待しない方が良いでしょう。

ベビーカーが入るようなロッカーが1Fフロアーに用意されていますが、数に限りがあるので、抱っこひもなどを準備してお出かけするのがおすすめです。

次に授乳室についてですが、1F・2Fともに1ヵ所ずつ用意されており、おむつ替え用のベッドも設置されています。

また、館内への飲食物の持ち込みは禁止されていますが、離乳食に関しては授乳室内で食べさせることができるようになっているので安心ですね!

ただ、ミルク用のお湯は用意されていないので、必要な方は家から持参するようにしましょう。

設備状況としては赤ちゃん連れで利用するには十分な設備となっているので、安心してニフレルを楽しむことができるでしょう!

まとめ

今回は、ニフレルの混雑状況、駐車場情報と行く時間、赤ちゃん連れでも安心して楽しめるのかということについてお伝えしました!

土日祝日や連休時は多くの人で混雑するので、しっかりと混雑対策をしてからお出かけするようにしましょう。

ちなみにこちらでは、ニフレルに行く時のデートプランや、周辺にあるカップルにおすすめのランチのお店・観光スポットについても紹介しているので、気になる人は確認しておきましょう!
ニフレルでのデートプランと周辺ランチ・観光スポットを確認する!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています