日光いろは坂の紅葉の見頃は?混雑状況と渋滞情報、駐車場もご紹介!


栃木県日光市馬返から、中禅寺湖畔間の国道120号の坂道を「いろは坂」というのですが、秋になると紅葉の名スポットとしても知られており、車内から紅葉を楽しめるドライブコースとして人気を集めています。

そんないろは坂を利用したいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると紅葉の見頃がわからないですし、奥日光や中禅寺湖に行く時に利用する人もいますが、混雑状況や駐車場情報なども気になってしまいますよね。

そこで今回は、日光いろは坂の具体的な紅葉の見頃各スポットの混雑状況や渋滞情報いろは坂の駐車場情報についてお伝えします!

スポンサードリンク

日光いろは坂の紅葉の見頃は?

秋の紅葉の時期に日光のいろは坂に行きたいなと考えていると思いますが、実際に見に行くのなら1番綺麗で見頃の時にお出かけしたいですよね。

でも、お出かけするには仕事の休みの関係もありますし、見頃の時期を知っておかないと予定も立てられないので、

「一体いつに紅葉の見頃を迎えるんだろう?」

と悩んでいると思います。

いろは坂の木々が色づき始めるのは、例年で言えば10月上旬頃から色づき始め、本格的に見ごろを迎えるのは10月中旬~10月下旬頃となっていますね。

ただ、注意してほしいのが、色のつき始める時期や紅葉度合いは、その年の気温によって大きく左右されます。

残暑が厳しいとなかなか色が変化しなかったり、急に冷え込む日が多くなると紅葉が進んだりするので、

「○○日が見頃だよ!!(・∀・)/」

とはっきり言い切ることが非常に難しいです。

でも、見に行くには仕事の休みの関係もあるので、

・もっと具体的な見頃の時期が知りたい。
・というか今の状況はどうなっているの?

と思いますよね。

そんな具体的な時期を知りたい、今の状況がどうなっているのか知りたい人におすすめの方法が2つありますので、さっそくチェックしていきましょう!

日本気象協会の紅葉情報を確認する

日本気象協会というサイトでは、天気予報や防災情報などを紹介していますが、紅葉情報についても紹介しています。

ピンポイントでいろは坂の紅葉の見頃を確認することはできませんが、栃木県全体の紅葉の見頃を知ることができ、平年と比べて早いか遅いかも確認することができますよ。
日本気象協会の紅葉情報

ツイッターを確認する

ツイッターの検索欄に「いろは坂 紅葉」と検索すれば、実際に行ってきた人たちが写真付きでツイートしているのを確認できるので、今現在の状況を確認するのに一役買ってくれますよ。

ただ、実際に確認してみると、ブログ記事を紹介するための画像(リアルタイムの画像ではない)だったり、去年の写真をツイートしていたり、画像加工している写真を載せている人もいるので要注意。

できるだけ一般の人のアカウントをチェックして、写真だけでなくツイートの内容もしっかり確認しましょう。

会員登録しなくてもツイッターを見ることはできるので、是非チェックしてみてください!
【ツイッター】「いろは坂 紅葉」の検索結果

スポンサードリンク

いろは坂の紅葉時の混雑状況は?

紅葉の見頃を知る方法はわかりましたか?

早速行くための計画を立てていると思いますが、いざ行こうとすると混雑状況が気になってしまいますよね。

人が多いと待ち時間が増えたり、渋滞でなかなか前に進まなかったりして疲れやすくなるので、できるだけ人が少ないときに利用したいものです。

いろは坂が混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか?

いろは坂の紅葉を楽しめる期間としては、10月上旬~10月下旬頃なっていますが、その期間内でも平日より土日祝日が混雑しやすく、紅葉の見ごろのピークになるにつれて多くの人で混雑していますね。

混雑する時間帯についてですが、9時~15時の時間帯が混雑しやすくなっています。

この混雑を避けるためには2つの方法があり、土日祝日よりも平日の方が人が少ないので、できるだけ平日に行くことが1つ。

2つ目は、9時を過ぎると観光客や旅行ツアーの団体客が多くなので、混雑が比較的に少ない9時前に利用するのがおすすめです!

ここまで大体の混雑状況について解説してきましたが、

「混雑すると言われても、いろは坂のどこが混雑するの?」

と悩んでいませんか?

いろは坂で特に混雑に注意してほしい場所としては、駐車場周辺道路明智平ロープウェイですね!

駐車場に関しては、この次の章で詳しく解説しているので、車で行こうと考えている方は、しっかりと確認しておきましょう。

周辺道路に関してですが、いろは坂は下りで日光東照宮方面に行く第1いろは坂、上りで中禅寺湖や奥日光方面に行く第2いろは坂と分かれています。

第1いろは坂
平日ならスムーズに通行することができますが、土日祝日になると通常10分で走行できる約6.5kmの道のりが、約1時間以上かかってしまう渋滞が発生しています。

日光東照宮などを見てから中禅寺湖や奥日光に向かい、そして帰宅する人が多いので、15時~19時の遅い時間帯で渋滞するので要注意!

道中は停車できるような場所も無いので、行く前にトイレを済ませたり、混雑時間を避けて通行するようにしましょう。

第2いろは坂
平日ならスムーズに通行できますが、土日祝日になると通常20分で走行できる約9.5kmの道のりが、約2時間以上かかってしまう渋滞が発生しています。

第2いろは坂の途中に明智平ロープウェイがあるので、その駐車場待ちの渋滞が発生していますし、そこを抜けても中禅寺湖周辺で駐車場待ちの大渋滞が起きていて、第2いろは坂の方まで伸びてきているんですよね。

さらに、第2いろは坂は明智平ロープウェイまで2車線で行くことができ、基本的に右側車線が明智平ロープウェイ駐車場に入る道、左側車線が中禅寺湖に行く道となっています。

それを知らない人が渋滞の途中で気づいて、右側車線に入れてもらおうとして左側車線まで塞いでしまったりするので、通行する車線をしっかりと確認しておきましょう。

朝1番で中禅寺湖や奥日光に向かう人もいますし、お昼頃から向かう人もいるので9時~15時の時間帯で渋滞するので要注意!

場合によっては朝の8時頃でもノロノロ運転になっている事があるので、できるだけ7時くらいの朝早い時間帯に通行するようにしましょう。

ちなみにこちらでは、いろは坂を抜けた先にある中禅寺湖の紅葉の見頃や混雑状況、駐車場情報について解説しているので、気になる人は確認しておきましょう!
中禅寺湖の紅葉の見頃と混雑状況、駐車場情報を確認する!

明智平ロープウェイについてですが、駐車場が少ないのですぐに満車になってしまい、先ほどの周辺道路の渋滞につながっています。

さらに、ロープウェイを利用する場合も、チケット窓口で約10分程度の長い行列ができていたりするので、利用する際は注意しておきましょう。

ちなみにこちらでは、明智平ロープウェイをお得に利用できる割引クーポン情報を紹介しているので、行く前に確認しておきましょう!
割引クーポン情報を確認してお得に利用する!

混雑情報まとめ
・平日よりも土日祝日が混雑
・見頃に近づくにつれて人も増える
・9時~15時が混雑
・駐車場、周辺道路、明智平ロープウェイに注意

・出来るだけ平日に行く
・いろは坂を通行する際は7時8時までに通過する

いろは坂の紅葉時の駐車場情報は?

いろは坂の途中にある明智平ロープウェイを利用したいと考えている人もいると思いますが、車で行くとなると駐車場情報が気になりますよね。

道中にはここしか駐車場がないので、休憩ついでに立ち寄る人も多いのですが、混雑状況などが気になる人もいると思います。

それらについて解説していく前に、駐車場の基本情報から確認していきましょう!

明智平ロープウェイ駐車場

[駐車台数]
約100台

[営業時間]
24時間

[駐車料金]
無料

駐車場の基本情報はこのようになっています。

混雑状況についてですが、先ほどのいろは坂の渋滞情報でも言いましたが、平日ならスムーズに利用することができます。

ただ、土日祝日になると多くの人が利用しますし、駐車台数が少ないのですぐに満車になり、駐車場待ちの渋滞が発生しています。

9時頃から混雑しますし、場合によっては8時頃には満車になって渋滞しているので、できるだけ7時・8時までに利用するのがおすすめです!

ただ、中には、

「こんなに朝早くから行くのは無理!!(+_+)」

と悩んでいる人もいることでしょう。

そんなに悩んでいるあなたにおすすめの方法としては、観光ツアーを利用していろは坂やその他観光スポットに行く方法をおすすめします!

いろは坂は紅葉の名所としても知られていますし、周辺には日光東照宮や中禅寺湖などの観光スポットもあるので、各旅行会社から観光ツアーが紹介されています。

ちなみに大手旅行ツアー会社のクラブツーリズムでも、いろは坂や周辺の紅葉スポットを巡る観光ツアーが紹介されています。

・ツアーだと料金がお得
・旅行プランを考える必要が無い
・自分で運転せずに観光バスでゆっくり移動
・渋滞時でもトイレ付きバスなら安心

と、アレコレ考えたり、色々準備せずに安心して楽しむことができるので、気になる場合はチェックしてみると良いでしょう!
【クラブツーリズム】いろは坂の紅葉ツアーを確認する!

まとめ

今回は、日光いろは坂の具体的な紅葉の見頃、各スポットの混雑状況や渋滞情報、いろは坂の駐車場情報についてお伝えしました!

紅葉の見頃と混雑状況をしっかりと確認してからお出かけするようにしましょう!

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています