新宿御苑で花見をする時の場所取りは?必要な持ち物と買い出しリストは?

af69ed620bf0332e96029845c31163c9_s
東京都内でも桜のお花見スポットと知られている新宿御苑ですが、ブルーシートを広げて座り、みんなでお花見を楽しみたいなと考えていませんか?

しかし、いざ場所取りをするとなると何時までに場所取りをしておいたらいいのか、どんな持ち物が必要なのかよくわからないですよね。

そこで今回は、新宿御苑で花見をする時の場所取りについてと、場所取りに必要な持ち物買い出しのリストとおすすめのお店についてお伝えします!

スポンサーリンク

新宿御苑で花見をする時の場所取りは?

新宿御苑で場所取りをしてお花見をしたいと考えていると思いますが、どの場所を何時までに場所取りすればいいのかわからないと悩んでいませんか?

まず、場所取りの情報を確認する前に新宿御苑の基本情報を確認しておきましょう。

新宿御苑の基本情報
[開園時間]
9時~16時まで(16時30分閉園)

[休園日]
毎週月曜日
※3月25日から4月24日までは月曜日でも休まず営業

[入園料]
一般200円、小中学生50円

[駐車場]
8時~19時まで
3時間/500円、以降30分毎/100円
※駐輪場は各門入園ゲート前に駐輪できます

[その他情報]
入園する際は手荷物検査が行われます

新宿御苑は都内でも有数のお花見人気スポットなので、ピーク時の土日祝日になると1日6万人というものすごい人が桜を見に訪れます。
詳しい混雑状況や開花状況、駐車場について気になる方はこちらをチェックしてみましょう!
新宿御苑の混雑状況!開花状況や駐車場の様子はこちら!

平日ならお昼の時間帯を外せばそこまで混雑していませんが、土日祝日の場合は桜の木の下などの良い場所はすぐに埋まってしまい、ちょっと遅れると入り込む隙間も無くなってしまいます。
土日祝日に桜の木の下などの良い場所を取りたい場合は、開園時間である9時前までには各門入園ゲートに並んで、開園と同時に場所取りしに行く必要がありますので注意しましょう。

ちなみに新宿御苑には、新宿御苑前駅に近い「新宿門」、駐車場のすぐ隣にある「大木戸門」、千駄ヶ谷駅に近い「千駄ヶ谷門」の3つの門があります。
上のリンクから詳しい混雑状況を確認するとわかるのですが、新宿御苑前駅は利用する人が多いこともあり「新宿門」は大混雑していて、さらに入園する際は手荷物検査が行われますので、入園する際に時間がかかります。
場所取りをする時は、いかに早く場所を取る事ができるのかが重要になってきますので、駐車場のすぐ隣にある「大木戸門」、もしくは千駄ヶ谷駅に近い「千駄ヶ谷門」の比較的に空いている2つの門から入園することをおすすめします。

別に桜の木の下じゃなくても大丈夫という人は、お昼から行っても芝生の場所にシートを広げて場所を確保することができますので安心してください♪
しかし、お昼から行くと駐車場や入園ゲート付近で大混雑していますので注意しましょう。

%e6%96%b0%e5%ae%bf%e5%be%a1%e8%8b%91%e5%9c%92%e5%86%85%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97
おすすめの場所取りスポットとしましては園内に入ると約1100本の桜がありますので、桜の近くのお好きな場所に陣取っても良いですし、いたるところにベンチもありますので、シートを持ち込まなくてもお花見を楽しむことができますよ♪

注意する事と言えば、新宿御苑はかなり広いのでトイレに行くだけでもかなりの時間がかかります。
上の園内マップを見て、桜やトイレまで近い場所もいくつかありますので、どこの場所を取ろうかしっかり計画を立てておきましょう!

スポンサーリンク

花見の場所取りをする時の持ち物とは?

お花見経験が少ない場合、場所取りをする時にはどんなものがあると良いんだろうと悩んでしまいますよね。

早速ですがわかりやすいように場所取りをする時に必要な持ち物をまとめましたのでチェックしていきましょう!

花見の場所取りで必要な持ち物
必要な物
・ブルーシート、レジャーシート
・防寒着
・使い捨てカイロ

あると便利な物
・段ボール
・メモ帳
・ペン、マジック
・暇をつぶせるもの

あくまで場所取りをする人が必要な物をまとめました!

場所取りをするのでブルーシートレジャーシートは必需品ですよね!
また4月頃とはいえ気温が低い日もありますので、場所取りをする際は防寒着使い捨てカイロも準備しておくと良いでしょう。

あると便利な物として段ボールとありますが、これが意外と便利なアイテムで、組み立てれば荷物を入れて運べたり、袋を取り付ければゴミ箱になったり、場所取りの時にマジックなどで文字を書けばサインボードにも利用することができますので、1つあるだけでもかなり便利ですよ!

後は仲間から電話があったときや、必要な物を記入しておくのためのメモ帳や、暇をつぶせるようなものがあると良いでしょう。

新宿御苑の花見の時の買い出しリストをご紹介!

場所取りに行く時の持ち物はわかりましたか?
お次は場所取りをする人以外の人が準備するべきものをご紹介していきます。

持ち物や準備するものを「持ち物・買い出しリスト」としてまとめましたのでチェックしていきましょう!

持ち物・買い出しリスト
食べ物・飲み物
・弁当
・お菓子
・おつまみ
・飲み物(お酒は禁止!)
・温かい飲み物

食べる時に必要な物
・紙コップ
・紙皿
・割り箸
・爪楊枝
・ウェットティシュ

片づけに必要な物
・ゴミ袋
・ビニール紐(シートをまとめる)
・新聞紙(残飯を包んで捨てる)
・ティッシュペーパー

あると便利な物
・クーラーボックス
・氷
・トイレットペーパー
・タオル(雑巾のかわり)
・小銭
・封筒(花見経費・レシート入れ)
・絆創膏

新宿御苑では酒類の持ち込みが禁止されていて、手荷物検査ではペットボトルに入った飲み物があると、開封済みのものは蓋を開けて中身を確認したりするほど厳重にチェックしています。
もしも酒類を持ち込んでいると入園することができないので注意しましょう。

その他にも持ち込み禁止のものがありますのでこちらも確認しておきましょう。

持ち込み禁止の物
・酒類
・テント
・パラソル
・テーブル
・椅子
・ボールやバドミントンなどの遊具

新宿御苑の周辺で買い出しできる場所としては千駄ヶ谷門まで徒歩約7分の位置に「miniピアゴ 代々木駅東口店」というお店があります。

ここでお菓子や飲み物、お惣菜などを購入しても良いですし、すぐ近くにセブンイレブンもありますので、ある程度のものはここで揃えることができますよ。

まとめ

今回は、新宿御苑で花見をする時の場所取りについてと、場所取りに必要な持ち物、買い出しのリストとおすすめのお店についてお伝えしました!

園内に入るまでが大変なので、できるだけ早めの行動を心がけましょう!

ちなみにこちらでは、新宿御苑に花見デートに行く時のコースや、周辺のカフェ・ランチでおすすめの場所をご紹介していますので、こちらもチェックしておきましょう!
新宿御苑の花見デートのコースは?おすすめカフェとランチも紹介!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています