舞浜ユーラシアに行く時の持ち物は?赤ちゃん連れやデートでも楽しめる?

※画像はイメージです。

舞浜ユーラシアに行きたいけど、初めて行く場合、どんな持ち物が必要なのかわからないと悩んでいませんか?

そんなあなたのために、舞浜ユーラシアに行く時に必要な持ち物と、赤ちゃん連れやデートでも安心して楽しめるのかということについてお伝えします!

スポンサーリンク

舞浜ユーラシアに行くときに必要な持ち物は?

初めて舞浜ユーラシアに行く場合、どんな持ち物が必要なのかわからないと悩んでしまいますよね。

まずは、舞浜ユーラシアで利用できるアメニティについて確認しましょう。

アメニティ一覧
・館内着
・タオル
・シャンプー
・コンディショナー
・ボディソープ
・シェービングフォーム
・クレンジング(女性)
・綿棒
・乳液
・化粧水

など

アメニティとしてはこんな感じですね。

これらはすべて無料で利用できますし、荷物を大幅に減らすことができるのでありがたいですよね。

なので、実際に行く時に必要な持ち物をまとめると、

・お金
・着替え
・スマホ、携帯
・荷物を入れるバッグ

これらの持ち物があれば十分安心して利用できますよ!

あと、女性の方は、館内に置いてある化粧品などが肌に合わない可能性もあるので、ブランド等にこだわりがある方は、いつも使用している化粧品やメイク落とし、メイク道具などを持参しておくと良いでしょう!

舞浜ユーラシアは赤ちゃん連れでも安心して利用できる?

赤ちゃんのような小さい子供と一緒に湯の華アイランドに行きたいなと考えているかもしれませんが、安心して利用できる設備が整っているのか心配だなぁと悩んでいませんか?

まずは、お風呂についてですが、オムツが取れていない場合は基本的に大浴場を使用することはできなくなっています。

宿泊するつもりで利用する方は、バスタブがあるお部屋があるのでそちらを利用できますが、日帰りで利用したいと考えている方は注意しておきましょう。

あと、子供の混浴についてですが、異性の浴室・ロッカールームの利用は9歳以下までとなっているので、こちらも要注意です。

ちなみに、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーから近いこともあって、多くの子供連れが利用しています。

子供は大浴場を利用すると騒ぐ事も多いですが、お互い様といった感じの雰囲気があるので割と安心して利用できますよ♪
(あまりにも騒ぎすぎたり、迷惑がかかりそうな時は、自分の子供に注意しないとだめですよ…!)

そのほかの設備としては、簡易的ではありますがキッズスペースが用意されているので、時間に余裕があるときはここで遊ばせておくこともできるようになっています。

リクライニングチェアが置いてある休憩所もありますので、こちらでゆっくり過ごしてもいいかもしれませんね!

舞浜ユーラシアはデートでも楽しめる?プランは?

今度の休日を利用して、舞浜ユーラシアでゆっくりと温泉・岩盤浴デートをしたいなと考えているかもしれませんが、カップルで楽しめるのか不安だなと悩んでいませんか?

お風呂に関しては、混浴や貸切風呂などは無いのでそれぞれ別々で楽しむことになりますが、大浴場以外の岩盤浴や食事処・足湯・お休み処(共用スペース)は、男女一緒に利用することができます。

特に岩盤浴はカップルからの人気が高く、2人一緒に寝転びながら、ゆっくりとした癒やしの時間を過ごせば、2人の仲もより一層深まるので、温泉だけでなく岩盤浴も利用してみましょう♪

さらに、TV付きリクライニングチェアでくつろいだり、マンガや書籍を読んだりして、思い思いの時間を過ごせるようになっています。

半日ぐらいは余裕でゆっくりと楽しめる施設となっているので、デートにはおすすめの施設ですよ!

ちなみに、

「こういう入浴施設にデートってどうなの?」

と考えている人も多いですが、日頃の疲れを温泉や岩盤浴で癒やすことができ、屋内施設なので暑い日・寒い日・天候が悪い日でも関係なく利用できるので、個人的にはアリだと思います。

ただ、男性の方に言っておきたいですが、女性はお風呂や岩盤浴を利用する時は化粧を落とす必要があるんですよね。

お風呂上がりには化粧水を塗ったり、化粧直しをしたり、髪が長いとドライヤーで乾かすにも時間がかかるし、混雑していると待ち時間もあるし…

とにかく女性の場合は時間がかかってしまうので、女性の意見を聞いて合流する時間を決めさせたりするなど、時間に余裕を持ったデートプランを計画するようにしましょう!

ちなみにこちらでは、舞浜ユーラシアの混雑状況や駐車場情報、お得に利用できる割引クーポン情報についても紹介しているので、行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
舞浜ユーラシアの混雑状況と駐車場情報、割引クーポン情報を確認する!

まとめ

今回は、舞浜ユーラシアに行く時に必要な持ち物と、子連れやデートでも安心して楽しめるのかということについてお伝えしました。

忘れ物がないように、しっかりと確認してからお出かけするようにしましょう!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています