袋田の滝の混雑状況と駐車場情報、お得に利用できる割引券もご紹介!


茨城県大子町にある袋田の滝は、日本三名瀑の1つとして知られており、新緑・紅葉や、冬には滝が凍結したりと、四季折々に変化する滝の様子を楽しめる人気スポットとなっています。

そんな袋田の滝に行きたいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると混雑状況や駐車場情報が気になりますし、料金をみてみると、もう少し安く利用できないかなぁと思ってしまいますよね。

そこで今回は、袋田の滝の混雑状況駐車場情報と行く時間お得に利用できる割引券情報についてお伝えします!

スポンサーリンク

袋田の滝の混雑状況は?

今度の休日を利用して袋田の滝に行きたいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると混雑状況が気になってしまいますよね。

人が多いと待ち時間が増えたり、なかなか前に進めなかったりするので、できるだけ人が少ない時に利用したいものです。

袋田の滝が混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか?

袋田の滝が混雑する時期としては、平日よりも土日祝日が混雑し、時間帯としては11時~15時の時間帯が混雑しやすくなっています。

袋田の滝は人気観光スポットということもあって、観光ツアーが紹介されていることも多く、11時を過ぎてくると大型観光バスで団体客が押し寄せるので混雑しやすいんですよね。

また、時期によってはライトアップも行われており、ライトアップ時は日没後~19時頃まで混雑しているので要注意です!

ただ、ゴールデンウィークやお盆などの連休や特定の日になると、いつも以上に混雑するので注意が必要です。

特に注意するべき連休や特定の日をまとめてみたので、チェックしておきましょう!

注意するべき連休・特定の日
春休み
3月下旬~4月上旬

ゴールデンウィーク(GW)
5月上旬

夏休み
7月下旬~8月下旬

お盆
8月13日~8月16日前後

シルバーウィーク(SW)
9月中旬

紅葉の見頃
11月上旬~11月中旬頃

冬休み&年末年始
12月下旬~1月上旬

3連休の中日

これらの連休や特定の日になると、平日でも通常営業時の土日祝日以上の混雑が予想されるので注意が必要です。

混雑を避けるためには、できるだけ平日に行くという事と、混雑し始める11時前までに到着しておくようにしましょう!

ちなみに1年間の中で、紅葉の見頃の時期が最も混雑する傾向にありますので、実際に行く時は注意が必要です。

こちらで紅葉時の混雑状況や駐車場情報を別で詳しく解説しているので、紅葉シーズンに行かれる方は、こちらの方を確認しておきましょう!
袋田の滝の紅葉時の混雑状況と駐車場情報を確認する!

ここまで混雑状況について解説してきましたが、

「混雑すると言われても、袋田の滝のどこの場所が混雑するの?」

と考えている人もいるのではないでしょうか?

袋田の滝で実際に混雑に注意してほしい場所としては、周辺道路&駐車場チケット窓口トンネル内&観瀑台&エレベーターですね!

周辺道路&駐車場に関しては、この次の章で詳しく解説しているので、車で行こうと考えている方はしっかりと確認しておきましょう。

チケット窓口についてですが、袋田の滝が見える観瀑台に行くにはトンネル利用料を支払わないと行くことができず、その料金を支払うためにチケット窓口で混雑しているのを見かけることができます。

平日ならそこまで混雑していませんが、土日祝日や連休時に行くと、10分以上の待ち時間が発生していますね。

前売り券などは販売されていないので、できるだけ人が少ない11時前までに利用するのがおすすめですよ。

トンネル内&観瀑台&エレベーターについてですが、トンネルを抜けた先に第1観瀑台と、エレベーター上がった先にを第2観瀑台があり、そこから袋田の滝を見ることができるようになっています。

平日なら混雑は少ないですが、土日祝日になると、トンネル内では多くの人で混雑していますし、第2観瀑台に行くにはエレベーターでしか行くことができないので、順番待ちの長い行列ができていますね。

団体客が特に多い連休時になると、ピーク時はトンネルの外にまで行列が続いている事もあるのでので、利用する際は注意が必要です。
(ちなみにトンネルの長さは約276m…)

先ほども言いましたが、できるだけ平日に行くという事と、混雑し始める11時前までに到着して利用することをおすすめします!

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、袋田の滝に実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】袋田の滝の口コミ情報を確認する

混雑情報まとめ
・平日よりも土日祝日が混雑
・11時~15時が混雑
・周辺道路&駐車場、チケット窓口、トンネル内&観瀑台&エレベーターに注意

・出来るだけ平日に行く
・11時前までに到着しておく

スポンサーリンク

袋田の滝の駐車場情報と行く時間は?

袋田の滝まで来るまで行きたいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると駐車場情報が気になってしまいますよね。

袋田の滝に行く時に利用できる駐車場は無料の公営駐車場と、有料の民間駐車場を利用できるようになっています。

まずはそれぞれの駐車場の基本情報から確認していきましょう!

袋田の滝 公営駐車場

[駐車台数]
第1駐車場:約50台
第2駐車場:約220台

[営業時間]
24時間

[駐車料金]
無料

袋田の滝 有料民間駐車場


※表示している場所以外にも有料民間駐車場はあります。

[駐車料金]
300円~500円
もしくはお店の利用で無料

駐車場の基本情報はこのようになっていますね。

公営駐車場の方は無料で利用することができますが、袋田の滝まで1km~1.5kmほど離れており、小さな子供やお年寄りの方と行く場合は歩くのが大変なので要注意。

できるだけ袋田の滝に近い有料民間駐車場を利用するのが良いですが、駐車台数が少ないので、早めに利用するようにしましょう。

ちなみに、シーズンオフの時期になると、場所によっては無料で利用できる民間駐車場もありますので、要チェックです!

周辺道路の渋滞情報についてですが、平日なら特に目立った渋滞は発生していないので、できるだけ平日に行くのがおすすめです。

ただ、土日祝日や連休時になると、11時頃を過ぎたらには多くの車や大型観光バスが集中するので駐車場が満車になり、駐車場待ちの渋滞が発生しています

さらに周辺散策したり、お店で食事したり、お土産を買ったりと滞在時間が長いので、なかなか空きが出にくく、1~2時間待ちということもあるんですよね。

特に無料である公営駐車場の方が満車になりやすいので、利用する際は注意が必要です。

駐車場に到着しておく時間の目安としては、

平日に行く場合は、遅くても午前中までに到着しておきましょう。

土日祝日に行く場合は、11時前までに到着できるよう行動するのがおすすめです。

連休や特定の日に行く場合は、9時頃までに到着できるよう行動しましょう!

ただ、中には、

「こんなに朝早くから行くのは無理!!(+_+)」
「やっぱり車で行くのはやめようかなぁ…」

と考えている人もいるのではないでしょうか?

そんなに悩んでいるあなたにご紹介したいのが、観光ツアーを利用する方法です!

袋田の滝は観光スポットとしても知られているので、各旅行会社から観光ツアーが紹介されています。

ちなみに大手旅行ツアー会社のクラブツーリズムでも、袋田の滝や周辺スポットを巡る観光ツアーが紹介されています。

・ツアーだと料金がお得
・旅行プランを考える必要が無い
・自分で運転せずに観光バスでゆっくり移動
・渋滞時でもトイレ付きバスなら安心

と、アレコレ考えたり、色々準備せずに安心して楽しむことができるので、気になる場合はチェックしてみると良いでしょう!
【クラブツーリズム】袋田の滝の観光ツアーを確認する!

袋田の滝をお得に利用できる割引券情報!

袋田の滝を見に行くにはトンネル利用料が必要になりますが、そのチケット料金は確認してみましたか?

利用料金は以下のようになっています。

[袋田の滝トンネル利用料]
大人:300円
子供:150円

トンネル利用料だけならそこまで高くありませんが、大人数で利用したり、車で行くとなると駐車料金がかかることもあるので、できることなら安く利用したいですよね。

そんな少しでも格安で利用したいと考えているあなたのために、袋田の滝トンネルをお得に利用できる割引クーポン情報をこちらで紹介しているので、行く前にチェックしておきましょう!
袋田の滝トンネルの割引券情報を確認する!

まとめ

今回は、袋田の滝の混雑状況、駐車場情報と行く時間、お得に利用できる割引券情報についてお伝えしました!

連休や特定の日の混雑はものすごいことになっているので、できるだけ早い時間に利用するようにしましょう。

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、袋田の滝に実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】袋田の滝の口コミ情報を確認する

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています