旧古河庭園の具体的な紅葉の見頃と混雑状況、周辺の駐車場情報も紹介!


東京都北区にある旧古河庭園は、バラが有名な庭園でもありますが、秋になると紅葉もとても綺麗な人気スポットで、見頃になると「錦秋染まる旧古河庭園」というイベントも行われています。

そんな旧古河庭園の紅葉を見に行きたいなと考えていると思いますが、実際に行くなら紅葉が1番綺麗な時に行きたいですし、混雑状況や駐車場情報など気になってしまいますよね。

そこで今回は、旧古河庭園の具体的な紅葉の見頃園内の詳しい混雑状況周辺の駐車場情報とおすすめのアクセス方法についてお伝えします!

スポンサードリンク

旧古河庭園の紅葉の見頃は?

秋の紅葉の時期に旧古河庭園に行きたいなと考えていると思いますが、実際に見に行くのなら1番綺麗で見頃の時にお出かけしたいですよね。

でも、お出かけするには仕事の休みの関係もありますし、見頃の時期を知っておかないと予定も立てられないので、

「一体いつに紅葉の見頃を迎えるんだろう?」

と悩んでいると思います。

旧古河庭園の木々が色づき始めるのは、例年で言えば11月上旬頃から色づき始め、本格的に見ごろを迎えるのは11月中旬~12月上旬頃となっていますね。

ただ、注意してほしいのが、色のつき始める時期や紅葉度合いは、その年の気温によって大きく左右されます。

残暑が厳しいとなかなか色が変化しなかったり、急に冷え込む日が多くなると紅葉が進んだりするので、

「○○日が見頃だよ!!(・∀・)/」

とはっきり言い切ることが非常に難しいです。

でも、見に行くには仕事の休みの関係もあるので、

・もっと具体的な見頃の時期が知りたい。
・というか今の状況はどうなっているの?

と思いますよね。

そんな具体的な時期を知りたい、今の状況がどうなっているのか知りたい人におすすめの方法が2つありますので、さっそくチェックしていきましょう!

日本気象協会の紅葉情報を確認する

日本気象協会というサイトでは、天気予報や防災情報などを紹介していますが、紅葉情報についても紹介しています。

ピンポイントで旧古河庭園の紅葉の見頃を確認することはできませんが、東京都全体の紅葉の見頃を知ることができ、平年と比べて早いか遅いかも確認することができますよ。
日本気象協会の紅葉情報

ツイッターを確認する

ツイッターの検索欄に「旧古河庭園 紅葉」と検索すれば、実際に行ってきた人たちが写真付きでツイートしているのを確認できるので、今現在の状況を確認するのに一役買ってくれますよ。

ただ、実際に確認してみると、ブログ記事を紹介するための画像(リアルタイムの画像ではない)だったり、去年の写真をツイートしていたり、画像加工している写真を載せている人もいるので要注意。

できるだけ一般の人のアカウントをチェックして、写真だけでなくツイートの内容もしっかり確認しましょう。

会員登録しなくてもツイッターを見ることはできますし、八甲田山ロープウェイや酸ヶ湯温泉など場所を絞って確認することもできるので、是非チェックしてみてください!
【ツイッター】「旧古河庭園 紅葉」の検索結果

スポンサードリンク

旧古河庭園の混雑状況は?

紅葉の見頃を知る方法はわかりましたか?

早速行くための計画を立てていると思いますが、いざ行こうとすると混雑状況が気になってしまいますよね。

人が多いと待ち時間が増えたり、人混みでなかなか前に進まなかったりして疲れやすくなるので、できるだけ人が少ないときに利用したいものです。

旧古河庭園が混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか?

旧古河庭園の紅葉を楽しめる期間としては、11月上旬~12月上旬頃なっていますが、その期間内でも平日より土日祝日が混雑しやすく、紅葉の見ごろのピークになるにつれて多くの人で混雑していますね。

混雑する時間帯についてですが、11時~16時の時間帯が混雑しやすくなっています。

16時以降に利用するよりも、11時前に利用した方が人が少ないですし、時間に余裕があるので、早い時間帯から利用するのがおすすめです。

混雑を避けるためには、できるだけ平日に行くという事と、11時よりも前に時間をズラして利用するのが良いでしょう!

ここまで大体の混雑状況について解説してきましたが、

「混雑すると言われても、旧古河庭園のどこが混雑するの?」

と悩んでいませんか?

旧古河庭園で特に混雑に注意してほしい場所としては、駐車場チケット窓口園内通路イベント会場ですね!

駐車場に関しては、この次の章で詳しく解説しているので、車で行こうと考えている方はしっかりと確認しておきましょう。

チケット窓口についてですが、紅葉の見頃になるにつれて人が多くなりますし、土日祝日で11時~16時の混雑時間帯になると入園券を購入するために長い行列ができていることがあります。

前売り券など販売していないので、現地のチケット窓口が混雑しやすくなっているんですよね。

場合によっては、約5分~10分以上の待ち時間になっていることもあるので、時間に余裕を持って利用するようにしましょう!

園内通路についてですが、洋館周辺の通路や、池周辺の通路がかなり狭くなっており、人2人分くらいの幅しかない場所もあります。

紅葉の見頃で土日祝日に行くと、人が多くて前になかなか進めないという場面もあるので要注意。

園内にはベンチなどの休憩所もありますが、数が少ないので、混雑時はあまり利用できないと考えておいた方が良いでしょう。

イベント会場についてですが、紅葉の見頃を迎えてから「錦秋染まる旧古河庭園」というイベントが行われています。

このイベント期間中は、津軽三味線や琵琶の演奏会などが開催されており、会場周辺は人が集まって混雑しているので注意しましょう!

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、旧古河庭園に実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】旧古河庭園の口コミ情報を確認する

混雑情報まとめ
・平日よりも土日祝日が混雑
・見頃に近づくにつれて人も増える
・11時~16時が混雑
・駐車場、チケット窓口、園内通路、イベント会場に注意

・出来るだけ平日に行く
・11時前に利用する

旧古河庭園の周辺にある駐車場情報!

旧古河庭園の紅葉を見に行く時は、車で行こうかなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると駐車場情報が気になりますよね。

旧古河庭園には専用の駐車場がないので、周辺にある有料駐車場を利用することになりますが、どの有料駐車場が良いのかわからないと悩んでしまいますよね。

混雑状況や到着しておく時間など気になると思いますが、まずはおすすめの駐車場の基本情報から確認していきましょう!

リパーク上中里1丁目

[駐車台数]
7台

[営業時間]
24時間

[駐車料金]
全日
8時~22時:40分200円
22時~8時:60分100円
最大料金:入庫後24時間以内1600円

ナビパーク 西ケ原第2

[駐車台数]
5台

[営業時間]
24時間

[駐車料金]
全日
8時~22時:40分200円
22時~8時:60分100円
最大料金:入庫後24時間以内1400円

駐車場の基本情報はこのようになっています。

旧古河庭園の周辺には駐車場が無いわけではありませんが、駐車台数が少ないところばかりですし、かなり離れた位置にしか駐車場がないので、ハッキリ言って車で行くと不便ですね。

さらに、紅葉の見頃になると人が増え、駐車場が満車になっている確率が高いので、どうしても車で行きたいという場合は、早めの行動が重要になってきます。

お昼過ぎに行くと満車の確率が高いので、遅くても混雑し始める11時前までに到着できるよう行動しましょう!
(駐車台数が少ないので、11時前に到着しても満車になっていることもあるので要注意)

ちなみに車以外で旧古河庭園に行く場合に、おすすめの方法としては、

①電車を利用し、上中里駅や西ヶ原駅から徒歩
②北区コミュニティバスを利用し、旧古河庭園まで行く
③観光ツアーを利用する

この3つの方法がありますね。

遠方から来られる方に関しては③観光ツアーが非常におすすめ!

こちらの大手旅行ツアー会社のクラブツーリズムでは、旧古河庭園や周辺の紅葉スポットを巡る観光ツアーが紹介されていますし、ツアーだと料金もお得で、自分で運転せずに観光バスでゆっくりと楽しむことができるので、気になる場合はチェックしてみると良いでしょう。
【クラブツーリズム】旧古河庭園の秋の紅葉ツアーを確認する!

まとめ

今回は、旧古河庭園の具体的な紅葉の見頃、園内の詳しい混雑状況、周辺の駐車場情報とおすすめのアクセス方法についてお伝えしました!

詳しい見頃や混雑状況をしっかりと確認して、お出かけするプランを考えてみましょう。

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています