八景島シーパラダイスは赤ちゃん連れでも安心?ランチの店と宿泊場所もご紹介!

公開日:  最終更新日:2017/08/06

24510f01e4d5a55046c2d0b5280561b2_s
八景島シーパラダイスは水族館や遊園地など、様々な施設が併設されているレジャー施設で、子供から大人まで楽しむことができるようになっています。

そんな八景島シーパラダイスに0歳~3歳ぐらいの乳児や、小学校低学年ぐらいの子供を連れて遊びに行きたいなと考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際に行こうとすると、

「ベビーカーでも大丈夫?休める場所や授乳室はあるのかな?」
「お昼ご飯を子連れでも安心して食べられるお店はあるのかな?」
「家族旅行で遊びに行きたいけど宿泊場所はどうしよう?」

などなど、気になってしまうことがたくさんありますよね。

そこで今回は、八景島シーパラダイスは赤ちゃん連れでも安心して楽しむことができるのか子連れにおすすめの園内にあるランチのお店周辺の子連れにおすすめの宿泊場所についてご紹介します!

スポンサードリンク

八景島シーパラダイスは赤ちゃん連れでも大丈夫?

八景島シーパラダイスには水族館や遊園地など、子供が楽しむことができる施設がたくさんありますので、実際に子供を連れて遊びに行きたいなぁと考えていると思います。

しかし、

「ベビーカーで行っても迷惑にならないかな?」
「休める場所や授乳室はあるのかな?」

などなど気になる事があると思います。

八景島シーパラダイス 場所情報
[ベビーカーレンタル]
①マリンゲートインフォメーション
②センターハウス1F迷子センター

[授乳室]
③センターハウス1F
④ベイマーケットB棟1F
⑤ふれあいラグーン出口

[紙おむつ販売]
⑥ベイマーケットC棟1F「ミハマビーチガール」
⑦ベイマーケットD棟1F「ビッグウェーブ」

まずはベビーカーについてですが、①マリンゲートインフォメーション②センターハウス1F迷子センターで1台500円で貸し出しも行われています。

ゴールデンウィークや夏休みなどの混雑時期に電車などを利用する場合は、大変助かりますね!

園内ではベビーカーは迷惑になるのかなと思ってしまう人もいるかと思いますが、八景島シーパラダイスは園内の敷地が広いので、ゴールデンウィークや夏休みなどの混雑時期でも迷惑がかかることは無いですよ♪

しかし、水族館などの屋内施設では、通路が狭い場所があったり、人気の水槽などでは人だかりができている場合がありますので、そこは注意が必要です。

あとはイルカショーの会場もショー開始前になると多くの人で混雑しています。

会場の入り口付近にベビーカー置き場もありますので、従業員の方に一声かけて利用すると良いでしょう。

ちなみにこちらでは、八景島シーパラダイスの混雑状況や駐車場情報について詳しく解説していますので、行く前にこちらも確認しておきましょう!
八景島シーパラダイスの混雑状況と駐車場情報はこちら!

園内は段差も少なく、ベビーカーや車椅子の方でも利用しやすく整備されています。

うみファームのウッドデッキ部分も、通りやすいように段差を極力低くしていますので、問題なく利用できますよ♪

ただ駐車場や駅からは歩いて最低でも10分はかかりますし、水族館以外日陰はほとんどありません。

さらに周囲が海なので海風が吹いたり、日差しが反射してくることもあります。

夏はとにかく暑くなりますので、しっかりと暑さ対策をするのを忘れない事と、冬の場合は移動中の海風が冷たいので毛布などでしっかりと寒さ対策をしておきましょう。

 

授乳室についてですが、③センターハウス1F・④ベイマーケットB棟1F・⑤ふれあいラグーン出口の3か所にベビールームが設置されています。

オムツの交換ベッドや、調乳用のお湯や水も準備されていますし、③センターハウス1Fのベビールームには電子レンジもありますので、離乳食を温める事もできますよ♪

また、⑥ベイマーケットC棟1F「ミハマビーチガール」では紙おむつの販売、さらに⑦ベイマーケットD棟1F「ビッグウェーブ」では、紙おむつに加え、粉ミルクや離乳食の販売も行っていますので、もしもの時でも安心して利用することができます!

最後に注意してほしいこととしては、遊園地のアトラクションになるのですが、ほとんどの乗り物が身長制限や3歳以上や5歳以上などの年齢制限がかけられています。

0歳~2歳ぐらいの赤ちゃんがいる場合は、遊園地の方はあまり楽しむことができないので、水族館の展示を見て回ったり、ふれあいラグーンで海の生き物と触れ合ったりする事をおすすめします。

 

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、八景島シーパラダイスに実際に行ってきた人たちの口コミ情報や実際の写真などをチェックすることができるので、お出かけする前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】八景島シーパラダイスの口コミ情報を確認する

スポンサードリンク

八景島シーパラダイスで子連れにおすすめのランチは?

八景島シーパラダイスに子連れで遊びに行く時に、もう一つ悩んでしまう事と言えばランチですよね。

出来れば子供用のメニューがあったり、多少騒いでも大丈夫な所で昼食を食べたいですが、園内にはたくさんの飲食店がありますので、どこを利用したらいいのかわからなくなってしまいますよね。

そこで、園内にある子連れの方でも安心して利用できるランチのお店を厳選してきましたので、早速チェックして見ましょう!

ラ・タラフク

ベイマーケットA棟1Fにあるレストランで、洋食バイキングを頂くことができるお店になります。

座席数も多く、テラス席もありますが、土日祝日や連休になると大混雑しますので注意しましょう。

料金は大人1,510円(税込)、5歳~小学生760円、4歳まで無料で90分間バイキングを利用することができるので、料金だけ見ればかなりお得ですが、品数や味はお値段通りという口コミもありますね。

しかし、カレーやから揚げ、ハンバーグ、パスタ、フライドポテトなど、小さなお子様でも喜んで食べることができるメニューもありますし、量も自分たちで調節することができますのでファミリーで利用する方が多くいらっしゃいます。

デザートメニューも豊富で、中でもチョコレートファウンテンはお菓子や果物を自分たちでディップして楽しみながら食べることができるのでおすすめですよ♪

 

シーストーリー

ベイマーケットA棟1Fにある和食をテーマにしたお食事処で、カレーやラーメンなどお子様好みのメニューを多く取り揃えているお店になります。

席数は先ほどのお店よりも少なくなりますが、ファミレスのような雰囲気なので、変に気を使うことなく利用することができます。

おすすめ料理としては横浜ご当地ラーメンの「サンマーメン」ですね!

サンマーとは魚の事ではなく、生碼(サンマー)と書いて、活きの良い具材という意味で、トロミのついた白菜・キクラゲ・豚バラ・モヤシ・玉ねぎ・人参などたくさんの具材が入ったラーメンになります。

野菜はシャキシャキとして良い歯ごたえで、麺は黄色身がかった中太ストレート麺。

トロミがついていて野菜も食べやすくなっていますので、子供でも食べやすくなっています。

行ってみたら頼んでみて下さいね!

八景島シーパラダイスで子連れにおすすめの宿泊場所は?

遠方から家族旅行で八景島シーパラダイスに行く時に、宿泊も考えている人もいるかと思いますが、どこに泊まろうか決まっていますか?

周辺のホテルや旅館を調べてみるとたくさんありすぎてどこに宿泊したらいいのかわからないと悩んでしまいますよね。

そこで今回は、子連れの方でも安心して宿泊することのできるおすすめの旅館・ホテルを厳選してきましたので、早速チェックしてみましょう!

旅館 追浜園

八景島シーパラダイスから車で約13分、シーサイドライン金沢八景駅から徒歩約4分の位置にある旅館で、

「和室のお部屋でゆっくりしたい!」
「人情溢れる優しいサービスを受けたい!」

という人におすすめの旅館になります。

1つ注意してほしいのが、2歳未満のお子様は受け入れはしていないそうなので、予約する時は注意しましょう!

 

周辺情報としましては、歩いて約4分の位置にあるシーサイドライン金沢八景駅の目の前にコンビニがありますが飲食店があまりないので、旅館に立ち寄る前に必要な物は購入したり夕食を食べたりしておきましょう。

また駐車場が旅館の裏手にあるのでわかりにくく、道幅も狭いので、車で行く際は注意しましょう。

 

お部屋の方は和室のみとなっていて、今現在リニューアル中という事もあり、設備が古いお部屋から、リニューアルしておしゃれになったお部屋まで有りますので予約時はしっかりと確認しましょう!

リニューアルされたお部屋を中心にご紹介しますが、2間で14畳とかなり広いお部屋なので、家族連れでも広々と利用できますし、昔ながらの和風旅館の居心地を残しながらおしゃれな空間になっているので、ゆっくりとくつろぐことができますよ。

「和室のお部屋を利用したいけど、暗くて狭いお風呂やトイレがイヤ!」

という声があったらしいのですがそれを反映して、リニューアルされたお部屋では、トイレとお風呂は別々に設置。

さらに、トイレはウォシュレットの付いた最新のトイレに変え、お風呂も足を伸ばして入ることができるユニットバスと、髪や体を洗うことができる十分なスペースもありますので、ストレス無く子供と一緒にお風呂に入ることもできます!

アメニティの方も浴衣やタオル、歯ブラシなど基本的な物は揃っていますし、冬になると布団に電気シーツが敷かれ、ホカホカの布団で眠ることができるなど、他の旅館では見られない女将さんのサービスが光ります。

 

食事の方はリニューアル中という事もあり、夕食は提供されていないのですが、朝食は頂くことができるようになっています。

朝食は和食で、焼き魚・煮物・漬物・味噌汁・ご飯など栄養バランスのとれたメニューを頂くことができ、味や量の方も口コミでは好評です。

食後のコーヒー、紅茶はセルフサービスになっていますので、その辺は理解しておきましょう。

 

アクセスも良く、料金の方もリーズナブルなのに心のこもったおもてなしを受けることができますので、検討されてみてはどうでしょうか?
「旅館 追浜園」の口コミ情報はこちらから確認できますのでチェックしてみましょう!
旅館 追浜園

※プラン一覧の空室カレンダーからお部屋の空き情報を確認することができます。

横浜テクノタワーホテル

八景島シーパラダイスから車で約3分、産業振興センター駅から徒歩3分とアクセスに便利な位置にあるホテルで、

「お部屋から綺麗な景色を見たい!」
「美味しい夕食を食べたい!」

という方におすすめのホテルになります。

周辺情報としましては、工業地帯でもあるのでコンビニや飲食店が見当たりません。

ホテルに行く前に別の場所に立ち寄ったり、必要な物を購入したりしてから行くことをおすすめします。

また車で行く場合は駐車場を利用すると思いますが、1泊1,500円かかるのがちょっと難点なので注意しましょう。

 

お部屋の様子としましては洋室のみとなっていて、家族でも利用できるようなトリプルルームやフォースルームなどがあります。

さらに客室がすべて19階以上の場所にあるので部屋からの眺めは最高です!

山側と海側で分かれているのですが、山側は天候によっては朝になると富士山が見えますし、海側は遠くまで見渡すことができるのでお好きな方を選びましょう!

お部屋の広さ的には少し狭いかなと感じる部分もありますが、ベッドは全室シモンズ社製のベットなので寝心地は抜群で、空気清浄器や浴衣、タオル、歯ブラシなどのアメニティも充実していますので不便なく利用できるでしょう。

 

お風呂の方はビジネスホテル並みの浴室なので、足を伸ばしてゆっくり~というわけにはいかないのがちょっと残念…

 

食事の方はホテル内にあるレストランで食事を取るのがおすすめで、2階にある「リューバンカフェ」のディナーブッフェがおすすめ!

時期によってはズワイガニの食べ放題なども行っており、料金の方もリーズナブルなので家族で利用する方も多くいらっしゃいます。

朝食の方はホテルで用意されるのですが、口コミの方ではかなり好評です!

バイキング形式で、子供が好きな料理もたくさん用意されていますので非常に人気が高いですね!

 

お部屋の方は少し不便な部分もありますが、アクセスに便利で料金の方もリーズナブルなので利用しやすいのではないでしょうか。

「横浜テクノタワーホテル」の口コミ情報はこちらから確認することができますのでチェックしてみましょう!
横浜テクノタワーホテル

※プラン一覧の空室カレンダーからお部屋の空き情報を確認することができます。

まとめ

今回は、八景島シーパラダイスは赤ちゃん連れでも安心して楽しむことができるのか、子連れにおすすめの園内にあるランチのお店、周辺の子連れにおすすめの宿泊場所についてご紹介しました!

八景島シーパラダイスは幼児から小学生のような小さな子供でも楽しむことができますので、暑さ対策や寒さ対策をしっかりと行い、遊びに行ってみて下さいね!

ちなみにこちらでは、八景島シーパラダイスのその他の施設・イベント情報・割引券など、行く前に見ておけば役に立つ情報をまとめていますので、下のリンクからチェックしてみましょう!
八景島シーパラダイスのお役立ち情報!

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事も読んでいます

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑