日原鍾乳洞の混雑状況と駐車場情報、お得な割引券はある?


東京都奥多摩町にある日原鍾乳洞は、年間を通じて11度という気温で保たれており、洞窟内では石筒や石柱などの珍しい鍾乳石を見ることができたり、探検気分を味わえるスポットとして人気を集めています。

そんな日原鍾乳洞に行きたいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると混雑状況や駐車場情報が気になりますし、料金を見てみると高いので、もう少し安く利用できないかなぁと思ってしまいますよね。

そこで今回は、日原鍾乳洞の混雑状況駐車場情報と行く時間お得に利用できる割引券情報についてお伝えします!

スポンサーリンク

日原鍾乳洞の混雑状況は?

今度の休日を利用して日原鍾乳洞に遊びに行きたいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると混雑状況が気になってしまいますよね。

人が多いと待ち時間が増えてしまったり、ゆっくりと見て回ることができない事もあるので、できることなら人が少ない時に利用したいものです。

日原鍾乳洞が混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか?

日原鍾乳洞が混雑する時期としては、平日よりも土日祝日が混雑しやすく、時間帯としては10時~15時の時間帯が混雑しやすくなっています。

ただ、ゴールデンウィークやお盆などの連休や特定の日になると、通常の土日祝日よりも混雑するので注意が必要です。

特に注意するべき連休や特定の日をまとめましたので、チェックしておきましょう!

注意するべき連休・特定の日
春休み
3月下旬~4月上旬

ゴールデンウィーク(GW)
5月上旬

夏休み
7月下旬~8月下旬

お盆
8月13日~8月16日前後

シルバーウィーク(SW)
9月中旬

3連休の中日

これらの連休や特定の日になると、平日でも土日祝日並みの混雑が予想されるので注意が必要です。

ちなみに、春~秋の期間中はお出かけしやすい気候ということもあって、冬に比べると多くの人で混雑しやすくなっていますね。

特にGWや夏休み、お盆は最も多くの人が訪れる時期でもあるので注意しましょう。

できるだけ混雑を避けて楽しむためには、どの時期でも平日に利用するのが1番おすすめなのですが、どうしても仕事などの都合で無理な場合が多いと思います。

対策としては、営業開始直後の人が少ない時間帯を狙ってお出かけすると、混雑が少ない状態で楽しめるのでおすすめですよ!

ここまで大体の混雑状況について解説してきましたが、

「混雑すると言われても、日原鍾乳洞のどこが混雑するの?」

と悩んでいませんか?

日原鍾乳洞で実際に混雑に注意してほしい場所としては、駐車場チケット窓口洞窟内通路ですね!

駐車場についてですが、日原鍾乳洞に行く時は車で訪れる人が多く、土日祝日や連休時になると駐車場や周辺道路で混雑しやすくなっています。

この次の章で、車で行く人向けに駐車場情報を詳しく解説しているので、どうしても車で行きたいと考えている方はしっかりと確認しておきましょう!

チケット窓口についてですが、平日なら特に問題なく利用できますが、土日祝日や連休時になると、チケットを購入するための長い列ができており、10分以上の待ち時間が発生している場合もあります。

できるだけ午前中の人が少ない時間帯に利用するのがおすすめですね。

ちなみに、最後の章でお得に利用できる割引クーポン情報についても紹介しているので、こちらも要チェックですよ!

洞窟内通路についてですが、鍾乳洞の中は観光用に通路が整備されていますが、場所によっては狭くなっていたり、中腰にならないと通れない場所もあったり、急な階段があったりもします。

平日ならば特に混雑はしていませんが、土日祝日や連休に行くと、人が多くてなかなか前に進まなかったり、長い行列ができていたりするので要注意。

できるだけ営業開始直後の人が少ない時間帯に行くのがおすすめですよ!

最後に、日原鍾乳洞に行く時の注意点を紹介しておくと、靴や服装には注意してほしいですね。

日原鍾乳洞の通路は段差や階段が多く、前日が雨の日は天井から落ちてくる水滴の量も多くて通路が滑りやすくなっているので、スニーカーなどの歩きやすく、滑りにくい靴を履くのがおすすめです。

また、洞窟内は年間を通じて約11℃となっており、冬に行く場合は暖かいですが、夏に行く場合は肌寒く感じることが多いです。

洞窟を1周するにはかなりの時間がかかるので、寒さが苦手な人は、1枚上から羽織れる物があると便利ですよ♪

あと、水滴が振ってきて濡れることも多いので、タオルを持参するのは必須ですし、簡易カッパなどもあると非常に便利ですよ!

混雑情報まとめ
・平日よりも土日祝日が混雑
・11時~15時が混雑
・連休や特定の日に行く時は特に注意!
・駐車場、チケット窓口、洞窟内通路に注意

・出来るだけ平日に行く
・営業開始直後の人が少ない時間帯を狙って行く
・靴や服装には注意する

スポンサーリンク

日原鍾乳洞の駐車場情報と行く時間は?

日原鍾乳洞まで車で行きたいなと考えている人もいると思いますが、その時に気になるのが駐車場情報ですよね。

周辺道路の渋滞情報や到着しておく時間など気になると思いますが、それらについて解説する前に、駐車場の基本情報から確認していきましょう!

日原鍾乳洞駐車場

[駐車料金]
土日祝日・ゴールデンウィーク・8月中夏季は交通整理員配置のため有料

3時間500円(それ以外の日は無料)

駐車場の基本情報はこのようになっています。

以前は鍾乳洞の入口よりも先に大きな駐車場があったのですが、落石によって全面通行止め(歩行者含む)となってしまい、地図上の日原鍾乳洞売店近くの駐車場しか利用できなくなっています。

駐車台数が非常に限られており、土日祝日やGW、夏休み、お盆にはすぐに満車になり、駐車場待ちが1時間~3時間以上発生する大渋滞となっているので注意が必要です。

どうしても車で行きたいのであれば、1番は平日に行くことが重要ですが、お仕事などの都合でなかなか行けない事が多いですよね。

混雑時期に行く場合は、午前中の10時前までに到着しておけば比較的に空いているので、早めにお出かけするのがおすすめですよ!

もしも、早い時間帯から車で行けない場合は、大渋滞にハマってしまう確率が非常に高いので、バスなどの公共交通機関を利用して遊びに行くようにしましょう。

日原鍾乳洞をお得に利用できる割引券情報!

日原鍾乳洞のチケット料金は確認してみましたか?

入場料は以下のようになっています。

[入場料]

区分 料金
大人 700円
中学生 500円
小学生 400円

こうやって見てみると、

「もう少し安く利用できないかなぁ~(^_^;)」

と思ってしまいますよね。

さらに、車で行くとなると駐車料金やガソリン代がかかりますし、レストランやショップなどを利用するとさらに出費が増えてしまうので、チケット料金だけでも安く利用したいものです。

そんな少しでも格安に利用したいと考えているあなたのために、日原鍾乳洞をお得に利用できる割引クーポン情報をこちらで紹介しているので、行く前にチェックしておきましょう!
日原鍾乳洞の割引券情報を確認してお得に利用する!

まとめ

今回は、日原鍾乳洞の混雑状況、駐車場情報と行く時間、お得に利用できる割引券情報についてお伝えしました!

土日祝日や連休時は混雑しやすいので、しっかりと対策をしてからお出かけするようにしましょう!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています