宮島水族館の混雑状況と駐車場情報、おすすめデートプランも紹介!


広島県廿日市市にある宮島水族館「みやじマリン」は、10のゾーンで瀬戸内海を中心に350種13,000点以上の生き物を飼育・展示しているのを見ることができたり、ライブプールではアシカショーを楽しむ事ができる人気スポットとなっています。

そんな宮島水族館に行きたいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると混雑状況や駐車場情報が気になりますし、恋人とデートで行く場合はどのようなプランで楽しめばいいのかわからないという人もいる事でしょう。

そこで今回は、宮島水族館の混雑状況駐車場情報と行く時間おすすめデートプランについてお伝えします!

スポンサードリンク

宮島水族館の混雑状況は?

今度の休日を利用して宮島水族館に行きたいなと考えていると思いますが、実際に行こうとすると混雑状況が気になってしまいますよね。

人が多いと水槽を近くで見ることができませんし、ショー会場の場所取りが激しくなるので、できるだけ人が少ない時に利用したいものです。

宮島水族館が混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか?

宮島水族館が混雑する時期としては、平日よりも土日祝日が混雑し、時間帯としては11時~15時の時間帯が混雑しやすくなっています。

ただ、ゴールデンウィークお盆などの連休や特定の日になると、いつも以上に混雑するので注意が必要です。

特に注意するべき連休や特定の日をまとめてみたので、チェックしておきましょう!

注意するべき連休・特定の日
春休み
3月下旬~4月上旬

ゴールデンウィーク(GW)
5月上旬

夏休み
7月下旬~8月下旬

お盆
8月13日~8月16日前後

シルバーウィーク(SW)
9月中旬

冬休み・年末年始
12月下旬~1月上旬

3連休の中日

これらの連休や特定の日になると、平日でも通常営業時の土日祝日以上の混雑が予想されるので注意が必要です。

特にGW夏休みの土日お盆3連休の中日は、お出かけしやすい気候という事もあり、最も多くの人で混雑する傾向にあります。

普段の1.5倍~2倍の待ち時間や混雑になりますので、これらの時期に行く時は開園直後に行ったり、混雑が緩和されてきた15時以降に行くようにしましょう!

ここまで混雑状況について解説してきましたが、

「混雑すると言われても、宮島水族館のどこの場所が混雑するの?」

と考えている人もいるのではないでしょうか?

宮島水族館で実際に混雑に注意してほしい場所としては、駐車場チケット窓口ショップ&レストラン水槽展示ショー会場ですね!

駐車場に関しては、この次の章で詳しく解説しているので、車で行こうと考えている方はしっかりと確認しておきましょう。

チケット窓口では、平日なら特に問題なく利用できますが、土日祝日や連休時になると、チケット窓口に長い列ができており、購入するだけで10分以上の待ち時間がかかってしまうことがあります。

JTBなどのチケットサイトでは前売り券の販売をしているので、事前に購入しておけば現地で購入するよりもスムーズに入園することができますよ♪

ショップ&レストランについてですが、お昼の混雑時間帯に近づくにつれて多くの人が利用するので、待ち時間が発生し、大混雑しているのを見かけることができます。

ショップでは商品を選ぼうにも人が多くて前に進めない時もありますし、レジにズラァ~っと並んでいることがあるので注意しましょう。

レストランでは目安として12時を過ぎてくると混雑してくるので、ちょっと早めですが11時頃から利用するのがおすすめです!

ちなみに、食べ物や飲み物などの飲食物の持ち込む事ができるので、お弁当を持参して対策をするのも良いですが、観覧しながらの飲食は禁止されているので、屋上広場または屋外のおべんとう広場の飲食可能なスペースを利用するようにしましょう。

水槽展示についてですが、混雑時期・時間帯になると多くの人が水槽の前に集まって写真撮影をしたり、小さい子供は離れずにずっと見ている子もいて、なかなか前に行って見ることができない状況になっているので注意が必要です。

水槽周辺の通路は割と広めなので、後ろから見る分はスペースが空いていますし、ベビーカーで利用する人でも段差が少なく、スロープになっているので、安心して利用しやすくなっていますよ。

開園直後15時以降になると、人気の水槽の前でも人が少なくなっているので、時間をズラして利用するのがおすすめです♪

ショー会場についてですが、最も人気の高いイベントであるアシカショーを見ることができるので、混雑時期・時間帯になると席の場所取りが激しくなっています。

これを目当てに訪れる人も多いので、ショー開演時間ギリギリに行ってしまうと、端っこの席しか空いていなかったり、立ち見になってしまったりするので、早めの場所取りが重要です。

平日なら約20分前、土日祝日・連休時は約30分前までに場所取りをしておくと、中央中段ぐらいの良い位置を確保できる確率が高いので、早めに場所取りに行きましょう!

ちなみにショープールから前列の席までは距離があり、水が飛んで濡れる危険性も無いので、安心して前列を場所取りできます。

また、午後からのショーよりも、午前中のショーの方が人が少ない傾向なので、午前中に利用するのがおすすめですよ♪

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、宮島水族館に実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】宮島水族館の口コミ情報を確認する

混雑情報まとめ
・平日よりも土日祝日が混雑
・11時~15時が混雑
・駐車場、チケット窓口、ショップ&レストラン、水槽展示、ショー会場に注意
・連休や特定の日に行く時は特に注意!

・出来るだけ平日に行く
・開園直後、15時以降に利用する
・レストランは早めの11時から利用する
・もしくはお弁当を持参
・ショー会場の場所取りはお早めに

スポンサードリンク

宮島水族館の駐車場情報と行く時間は?

宮島水族館まで車で行きたいなと考えている人もいると思いますが、実際に行こうとすると駐車場情報が気になってしまいますよね。

ただ、宮島水族館には、身体障害者用の駐車場が2台あるのみで、普通車の駐車場はありません。

なので、宮島水族館に行くためには、本土の宮島口周辺にある駐車場に駐車して、宮島口フェリー乗り場からJR宮島フェリーを利用、宮島フェリー乗り場に到着したら宮島水族館まで徒歩で向かう形になります。

※こんな感じのルート↓↓

そこで、おすすめの駐車場とJR宮島フェリー、徒歩でのアクセス情報をまとめてみましたので、チェックしておきましょう!

市営宮島口駐車場

[駐車台数]
134台

[営業時間]
7時30分~18時30分まで

[駐車料金]
自動二輪車:300円
普通車:1,000円
中型車:3,000円
大型車:3,500円

JR宮島フェリー

[営業時間]
5時頃~22時頃まで

※時期によって運行ダイヤが変更になります。
公式サイトでチェックしてみる

[運賃]
大人:片道180円(往復360円)
小人:片道90円(往復180円)

宮島フェリー乗り場~宮島水族館

アクセス情報はこのようになっていますね。

「JR宮島フェリー」と「宮島フェリー乗り場~宮島水族館」までのアクセスや混雑状況については大丈夫だと思いますが、心配なのが「市営宮島口駐車場」です。

宮島水族館の近くには、かの有名な厳島神社があるので、観光客の方もこの駐車場を利用します。

そのため、平日でも多くの車が駐車されていますし、土日祝日や連休時になると満車になっている事もありますね。

周辺には他の有料駐車場がいくつかあるので念のためにチェックしておいて欲しいですが、平日は40分100円・土日祝日は1日1,000円など、平日が時間制になっているので、半日駐車すると1,000円は軽く超えてしまいます。

それと比べて市営宮島口駐車場は一律1日1,000円と非常にお得なので、できればこの駐車場を利用できるように早めに到着しておくのがおすすめです。

駐車場に到着しておく時間の目安としては、

平日に行く場合は、満車になる事はほとんどないので、何時に行っても大丈夫です。

土日祝日に行く場合は、遅くても11時までに到着できるよう行動しましょう。

連休や特定の日に行く場合は、7時30分~遅くても10時までに到着できるよう行動しましょう!

駐車台数が少ないこともあり、万が一、満車になって駐車できない場合も考えられるので、周辺の駐車場もチェックしておくことをおすすめします。

宮島水族館でのデートプランは?

好きな人と一緒にデートで宮島水族館に遊びに行きたいなと考えている人もいると思いますが、初めて行く場合、どんな回り方で楽しめばいいのかわからないと悩んでいませんか?

そんなあなたのために、宮島水族館のおすすめデートプランを立ててしてみましたので、参考にしてみて下さい!

おすすめデートプラン

[基本設定]
・通常の土曜日
・車で行く
・厳島神社も見て回りたい

[デートプラン]
①9時頃に市営宮島口駐車場に到着

②JR宮島フェリーで移動

③宮島散策をしながら徒歩で宮島水族館へ移動

④チケット窓口でチケットを購入し入場

④ショーやお食事タイムなどのイベント時間を確認

・アシカショー
・ペンギンお食事タイム
・トドお食事タイム
・アザラシふれあいタイム
etc…
公式HPでスケジュールを確認できます)

⑤イベント時間の合間に水槽を見学

⑥ショーやお食事タイムを楽しむ

⑦昼食

⑧厳島神社へ移動・見学

⑨JR宮島フェリーで移動

⑩帰宅or別のデートスポットへ

大体の流れはこんな感じです。

混雑状況・駐車場情報でも解説しましたが、土日祝日は混雑しやすいので駐車場には9時頃に到着できるよう行動するのがおすすめです。

混雑を考えると、もう少し早い時間帯の方が良いのですが、9時頃に到着しておく理由がちゃんとあります。

それは、宮島口発9時10分~16時10分のフェリーの便は、厳島神社の大鳥居に最接近する「大鳥居便」を運行しているので、海から大鳥居を近くで見れますし、厳島神社を正面に大鳥居とのツーショットを撮影できるからです!

しかも、「大鳥居便」宮島口発9時10分の便に乗れば、お昼頃に比べると人が少ないので、撮影もしやすくなっているのでおすすめですよ♪

フェリーに乗って到着したら、水族館まで約20分歩かないといけませんが、宮島散策をしながら歩いて行けば、楽しみながら歩いて行くことができるので、のんびり歩いて行きましょう。

水族館に到着し、チケット窓口でチケットを購入したら、まずはショーやお食事タイムなどのイベント時間を確認しましょう。

公式HPでスケジュールを確認できますし、印刷して持参し、蛍光ペンなどで印をつけたりするとわかりやすいですよ。

時間があるようなら、水槽展示を見て回ればスムーズに楽しめます。

ちなみに、アシカショーは人気が高いので、約30分前に場所取りをしておくと良い場所で楽しむ事ができますよ♪

昼食に関しては館内のレストランや、お弁当を持参して屋上広場、または屋外のおべんとう広場で食事するのがおすすめです。

そして、昼食を食べたら厳島神社へレッツゴー!!

ちなみに厳島神社は潮の満ち引きによって大鳥居まで歩いて行けたり、厳島神社が海に浮かんで見えたりするので、潮汐表を確認しながら利用するのがおすすめです。

厳島神社は当日なら再入場が可能なので、潮が満ちている時間、引いている時間の2回を楽しめるように、こちらで確認しておくと良いでしょう。
宮島観光協会HP(年間潮汐表をチェック!)

今回のデートプランは、あくまで大体の計画なので、個人的に合わない部分もあるかと思います。

そのあたりは自分好みのデートプランを考えて、良い1日だったと思えるプランを計画してみて下さいね♪

まとめ

今回は、宮島水族館の混雑状況、駐車場情報と行く時間、館内を回る時のおすすめデートプランについてお伝えしました!

連休時は混雑しやすいので、しっかりと混雑対策を行ってからお出かけするようにしましょう。

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、宮島水族館に実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】宮島水族館の口コミ情報を確認する

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています