かぐらスキー場の積雪情報!チェーンは必要?雪道での車の注意点は?


気温が下がり本格的な冬になると、ウィンタースポーツや雪遊びを楽しみたいなと計画しているのではないでしょうか。
そんな中かぐらスキー場へ遊びに行きたいと考えている人もいるかと思いますが、スキー場の積雪情報や、車で行く時のチェーンや注意点などあらかじめ知っておきたいですよね。

そこで今回は、かぐらスキー場の積雪情報と、車で行く時にチェーンは必要なのか雪道での車の運転の注意点などについてお伝えします!

スポンサーリンク

かぐらスキー場の積雪情報!

かぐらスキー場に遊びに行く時に気になることといえば積雪状況ですよね。
雪が少なかったりすると解放されているコースも少ないですし、雪質も悪いので滑り心地が悪くなってしまいます。

スキー場の積雪情報は公式サイトの方でも確認することができ、今日・明日の天気予報や積雪量、気温などを確認することができます。

さらにゲレンデのライブカメラの映像もありますので、今のゲレンデの様子も確認することができます。

しかし、公式サイトの情報だけではゲレンデの様子はわかりにくいです。
そんな時にはツイッターでかぐらスキー場の様子を確認してみましょう。

ツイッターには実際にかぐらスキー場に行ってきた人たちがゲレンデの様子などについてツイートをしています。
実際に行ってきた人たちしか気づかない事や、写真も一緒にツイートしている人がいますので、今のゲレンデの状態を知ることができるのでおすすめです。

積雪状態は1月2月のシーズン真っ盛りの時は、天候が悪くない限りあまり心配しなくてもいいですが、年明け前や3月に入ってくると雪が少ない場合もあります。
行く前にしっかりと確認してからお出かけすることをおすすめします。

ちなみにこちらでは、かぐらスキー場の混雑状況やレンタルで格安なお店、おすすめの日帰り温泉もご紹介していますので、こちらも合わせてチェックしておきましょう!
かぐらスキー場の混雑予想!レンタルで格安な所と温泉で日帰りOKな所は?

スポンサーリンク

かぐらスキー場に行く時はチェーンは必要?

ゲレンデの積雪情報はお伝えしましたが、スキー場に行くまでの道路の積雪情報も気になりますよね。

これも天気次第にはなりますが、晴れた日が続いてくれれば道路は乾いていますのでノーマルタイヤでも行くことは可能です。
しかし、いつ天気が急変するかもわかりませんし、一度雪が降れば道路に積もってしまうことは十分に考えられます。
積もらなかったとしても路面が濡れていますので、夜から朝方にかけての冷え込みで凍結している恐れもあります。
そのため必ずチェーンを持って行ったり、スタッドレスタイヤで行くようにしましょう。

もちろんスキー場に行く前にはチェーンを取り付ける練習を何回も行っておかないと、現地に行ってからやろうとすると作業するのが難しく、他の方にも迷惑がかかる場合もあります。
取り付け方法はもちろん、取り付けるための軍手やスコップなどの道具もしっかりと準備しておきましょう。

スタッドレスタイヤを装着していれば雪道運転は大丈夫というわけではありません。
雪道で運転の仕方を間違えてしまうと、スタッドレスタイヤでも事故を起こしてしまう場合もありますので、次の車で行く時の注意点も確認しておきましょう。

かぐらスキー場に行く時の車の注意点は?

スキー場に車で行く時は雪道を運転することが多いので、あまり慣れていない人にとっては細心の注意を払いながら運転しないといけません。
雪道運転では下り坂の運転で事故が起きやすいと言われて、下り坂はスピードが出やすく、あわててフットブレーキを踏んだ瞬間に車がスリップしてしまい、運が悪いとそのまま谷底へ落ちて行ってしまいます。

雪道の運転の仕方としては、基本的にスピードをあまり出さないで車間距離も空け、エンジンブレーキを利用してスピードを落とすようにしましょう。
スピードの出し過ぎ、急ブレーキ、急発進、急ハンドルは事故を起こしてしまう原因になります。
普通の道では多少大丈夫なことでも雪道では通用しませんので安全運転で走行するようにしましょう。

この他にも駐車場に着いた後の凍結対策も必要となってきますので確認しておきましょう!

駐車時の凍結対策
ワイパーを立てる
雪が降るときにはワイパーを立てている様子を良く見かけますが、あれは凍結してワイパーがフロントガラスに貼りついて動かなくなることの防止と、ワイパーゴムの凍結による劣化を防ぐため、ワイパーのリンク機構を壊さないために行っています。
しかし、建物に積もった雪が車に落ちてきてワイパーが破損するということもありますので、周囲の状況を確認してから行うようにしましょう。

サイドブレーキは引かないようにする
雪が降る場所でサイドブレーキを引いておくと凍結してしまいブレーキが動かなくなる場合があります。
駐車する時は平たんな場所を選び、マニュアル車ならギアを1速かバック、オートマ車ならPにいれて駐車するようにしましょう。

フロントガラスの霜を取れるように必要な物を準備する
フロントガラスが霜などで凍ってしまうと前が見えないのでエンジンをかけて温まって溶けるのを待つのも良いですが、かなり時間がかかるので面倒です。
そんな時は解氷スプレーを使うとあっという間に氷が解けてしまいますので、車の中に1つは積んでおきましょう。

まとめ

今回は、かぐらスキー場の積雪情報と、車で行く時にチェーンは必要なのか、雪道での車の運転の注意点などについてお伝えしました!

スキー場で楽しい時間を過ごすためにも、行く前の準備を怠らないようにしましょう。

ちなみにこちらでは、かぐらスキー場の宿泊でおすすめの所や周辺の食事場所、観光スポットなどもご紹介していますので、こちらもチェックしておきましょう!
かぐらスキー場の宿泊でおすすめは?周辺の食事場所と観光スポットは?

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

コメント

  1. […] は、かぐらスキー場の積雪状況や車で行く時の注意点なども詳しく解説していますので、こちらもチェックしておきましょう! かぐらスキー場の積雪情報と、雪道を行く時の注意点は? […]