お中元はいつからいつまでに誰に贈ったらいいの?お返しは必要?

誰もが一度は聞いたことがある「お中元」

いつからいつまでに誰に送ったらいいのかわかりますか?

そこで今回はいつからいつまでに誰に贈ったらいいのか

またお中元を貰った時のお返しは必要かどうかについてお伝えします。

スポンサーリンク

お中元はいつからいつまでに贈ればいいの?

中元の意味とは、道教に由来する年中行事で、三元の1つです。

三元とは、

旧暦の1月15日を上元

旧暦の7月15日を中元

旧暦の10月15日を下元

のことを言います。

中元の時期には目上の人やお世話になった人に贈り物をしたことが、お中元の始まりと言われています。

もともとお中元は、旧暦の7月15日(新暦の8月15日)に贈るものとなっていたようですが、

現在では、7月の初旬から7月15日までに贈るようになっています。

もし7月15日を過ぎてしまったとしても大丈夫です。

そのときは8月7日(立春)までは「暑中御見舞」それを過ぎると「残暑見舞」として贈ることができます。

お中元を贈る相手は誰に贈ったらいいの?

お中元を贈るとするなら相手はどんな人に贈ったらいいのでしょうか?

一般的には、

・両親
・親戚
・会社の上司
・友人
・お世話になった方
・取引先関係

に贈るとなっています。

両親、親戚はあなたにとって一番近い存在です。

今までお世話になった感謝の気持ちを込めて贈りましょう。

会社の上司や取引先はこれからスムーズに仕事を続けるうえで必要な人に贈る傾向があります。

中小企業などではお得意様の会社からもらったり、贈ったりすることがあります。

送り状やお礼の仕方などについてのマナーもしっかり確認しましょう。

友人、お世話になった人に贈るのは礼儀的なものではなく、

今の自分の消息を知らせる機会として用いられています。

人間関係は努力してコンタクトを取っておかないと続かない一面があります。

本当に大切な友人との縁をつなぎ続けるのもいいですね。

スポンサーリンク

お中元をもらった時お返しは必要?

お中元は本来お世話になった方々に贈るのが一般的です。

ですので、贈られる側は特にお返しを必要としません

しかし現在では贈る側と贈られる側の立場が同等になってきていて、

「いつも迷惑をかけているから日頃のお礼に」という意味でお返しをする人もいるので、

お中元をもらった時お返しは不要とは言い切れなくなってきています。

また自分ではお世話をしたつもりはないけれど、お中元として友人や同僚、または目上の方から送られてきたときは、

恐縮してしまいますしお礼状だけで済ますのも何だか気が引けるのでお返しをするということもあります。

言えることは、お中元を貰ったのならお返しはした方が無難です。

まとめ

今回はいつからいつまで誰に贈るのか、お返しは必要なのかということについてお伝えしました。

お中元を貰えることはとてもうれしいことです。

お世話になった人に感謝の気持ちを伝えるいい機会なので贈ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています