四日市花火大会の有料席の様子と屋台、混雑の状況は?

公開日:  最終更新日:2016/08/20

四日市花火大会へ行こうと思っていて有料席について調べていると思いますが、決めかねているのではないでしょうか?どんな感じなのか、周りには何があるのかわからないですもんね(>_<)

そこで今回は、四日市花火大会の有料席の様子と、屋台混雑の状況についてお伝えします!

スポンサードリンク

四日市花火大会の有料席ってどんな感じ?

四日市花火大会の有料観覧席ですが、富双ふ頭と言われる富双緑地公園に設置され、打ち上げ上の正面で打ち上がる花火を楽しむことができます!大迫力の花火を近くでゆっくり見たいという人におすすめです。指定席の種類とお値段の方ですが、

[座種] [料金]
いす席(指定席) 2,000円/1人
芝生席(区画内自由席) 2,000円/1人
2人シート席(指定席) 4,000円/2人
6人テーブル席(指定席) 15,000円/6人

このようになっています。

いす席は一人がけのイスがズラ~っと並んでいる感じです。例えば赤ちゃん連れですと、大人がずっと抱っこしておかないといけません。ベビーカーを置くスペースも無く、通路側に座ったとしても1mほどの通り道なので邪魔になりますし、お子さんも危ないと思います。

芝生席は90cm×60cmのシートを配布され好きなところに座るという感じです。

2人シート席は、いす席の2つ分みたいな感じです。区画の中の真ん中の席だと、隣の人にすみませんと言いながら移動しないといけないので大変です(^_^;)

6人テーブル席は1人当たり2,500円とちょっとお高めですが、食事したり飲み物を飲んだりするのに便利で、スペースも広いです。

おすすめの席としては芝生席ですね!いす席だと、どうしても移動が大変ですし、芝生席なら1人当たりのスペースも広いのでゆっくり見ることができます。子供連れならなおさら芝生席の方がおすすめです!どの有料席がいいのか大体決まりましたか?決まったら早速チケットを購入しましょう~

【販売窓口】

・チケットぴあ(サークルK、サンクス、セブンイレブンを含む)
・中日新聞販売店、
・ローソンチケット
・セブンチケット、
・四日市観光協会(連絡先:059-357-0381)

これらの場所で購入できます!

スポンサードリンク

四日市花火大会では屋台はどこにある?

花火大会で気になるのが屋台ですよね~花火が始まる前には屋台を回って楽しみたいものです。でもどこに屋台があるのか、どんな屋台があるのか気になりますよね。そこで屋台について詳しくご紹介します!

基本的に会場は富双ふ頭の周辺になりますが、屋台が出店されるのも会場付近になります。詳しく言うと有料観覧席付近富双緑地公園付近ですね。花火大会当日は16時から交通規制も始まり、人も多くなり始めるので、屋台の営業も16時ごろから本格的にやるところが多いです。広い会場には約300店ものの露店が出店され、りんご飴たこ焼きなどの定番ものから、大坂バーガー富士宮焼きそばなどのB級グルメも楽しむことができます!もちろんくじ引き金魚すくいなど子供も楽しめる夜店がたくさんあります。特設会場でのチャリティーイベントなどもありますので、十分楽しめると思いますよ(*^_^*)

四日市花火大会の混雑は?

四日市花火大会当日は約4万人の人出が見込まれており、その日に一気に集まるので大混雑します。混雑の状況や駐車場、おすすめの花火が見える場所も詳しくご紹介していますので確認してみましょう!
四日市花火大会の混雑と駐車場は?おすすめの見える場所はどこ?
花火大会のような大きなイベント時は混雑するので早めの行動が大事です。時間に余裕をもっていきましょう(^o^)

まとめ

今回は、四日市花火大会の有料席の様子と、屋台と混雑の状況についてお伝えしました!

有料席を購入しておけば時間までゆっくり屋台を楽しむことができるのでおすすめです。こちらでは場所取りの時間と渋滞情報、浴衣でも大丈夫なのかということについて解説していますので、行く前に確認しておきましょう!
四日市花火大会の場所取りの時間と渋滞情報!浴衣で行っても大丈夫?

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事も読んでいます

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑