紫外線対策は目も大事!サングラスの効果とは、メガネでもいいの?

公開日: 

そろそろ暑くなってくる季節、

紫外線対策は大丈夫ですか?

紫外線は1年中降り注いでいて紫外線の量は5月~8月がピークになります。

 

しかし顔や肌には日焼け止めを塗ったり、日傘をさしている人はよく見ますが

の紫外線対策は気をつけていますか?

ここでは目の紫外線対策について紹介していきます。

スポンサードリンク

紫外線対策は目もやった方がいい!?

紫外線を目に浴びてしまうとどんな影響が出ると思いますか?

 

人によって個人差はありますが、

目が充血したり、雪目と言って(雪山登山などで発症する事があります)

目が腫れて開けられなくなったり、

驚きなのは目が日焼けをすると肌も日焼けしてしまうということがあります。

 

角膜で紫外線を吸収すると、脳がメラニン色素を作れと指令を出してしまい

いくら肌の紫外線対策をしても目が無防備だとその効果は半減してしまいます。

また紫外線は角膜で吸収されますが、わずかは水晶体を通過します。

長年にわたり紫外線を浴び続けることにより、

水晶体のたんぱく質が変性し濁ってしまい、

白内障になってしまう可能性も出てきます。

 

このようなことにならないためにも目の紫外線対策はやった方がいいです。

 

紫外線対策としてサングラスの効果は?何を選ぶ?

目の紫外線対策と言ったらサングラスだと思います。

サングラスをかけると確かに紫外線を防ぐことができますが、

選び方を間違えると対策の意味が無くなってしまいます。

そこでサングラスを選ぶ時のポイントを2つ紹介します!

 

①レンズの色

普通にサングラスを選ぶとしたら色が濃いものを選びがちですが、

紫外線対策のサングラスとしては選び方が変わってきます

 

レンズの色は薄いもの

もっと言えば色がついてなくても良い

スポンサードリンク

 

なぜ薄いもの、または色がついていないものがいいのでしょうか。

黒目の中心には瞳孔があり、暗いところだと一生懸命に光を取り入れようとして大きく開きます。

しかし光を取り入れると同時に紫外線も入り込んでくるので、

瞳孔が大きく大きく開こうとすると紫外線もたくさん入ってきてしまうからです。

 

②レンズの性能

いくらレンズの色を薄い色にしたとしても紫外線対策のサングラスなので、

UVカットのレンズを選ぶことが大事です。

買いに行ったときにUVカットのレンズの表記を見るときは以下のところを見ます。

 

紫外線カット率
紫外線透過率
UV400

 

気をつけるのは数字の大きさです。

紫外線カット率は数字が大きければ紫外線を通しません。

紫外線透過率は紫外線が透き通る率なので数字が低いほど紫外線を通しません。

UV400というのは紫外線をカットできる規格になっていて400が最高です。

 

レンズを選ぶときは注意して見て選びましょう。

 

サングラスに抵抗がある人はメガネでもいい!

サングラスをかけても似合わないから嫌!

空が曇っているのにサングラスはおかしい…

 

と思っている人も多いと思いますが、そんな時はUVカットできるメガネ(だてメガネ)でも十分効果はあります。

レンズは暗くないので瞳孔は大きく開きませんしUVカットさえできれば問題ありません。

 

普段使うときはUVカットのメガネを、

外に出かけたりするときはちょっとオシャレにサングラスを、

自分好みで使い方を変えていってもらってもかまいません。

 

まとめ

紫外線対策として目も対策をしないといけないことがわかりましたか?

目が日焼けすると肌が日焼けする事はびっくりしたと思います。

ちゃんとした紫外線対策をしてこれからの季節に備えましょう!

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事も読んでいます

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑