昭和記念公園のプールの場所取りは?日陰の場所と有料席の様子

公開日:  最終更新日:2017/06/25


今度の休みの日を利用して、昭和記念公園のレインボープールに遊びに行きたいなと考えていると思いますが、遊び疲れた時の休憩所になったり、ご飯を食べてリラックスするための場所取りが重要になってきます。

場所取りするなら日陰の場所で過ごしたい人が多いので、場所取りが激しくなっているのですが、どの場所をいつから場所取りしたらいいのかわからないと悩んでしまう人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、昭和記念公園のプールの場所取りをする時間と、おすすめの日陰の場所有料席の様子についてお伝えします!

スポンサードリンク

昭和記念公園のプールの場所取りはいつから?

昭和記念公園のプールに遊びに行く時は、疲れた時に休憩したり、食事をしたりするスペースをしっかりと場所取りしておく事が重要になってくるのですが、

「一体いつから場所取りをしておけばいいの?」

と悩んでいる人もいると思います。

 

昭和記念公園のプールの混雑状況と駐車場情報を確認する
こちら↑で昭和記念公園のプールの混雑状況や駐車場情報を詳しく解説しているので、気になる方はチェックしておいてほしいのですが、7月中旬~9月上旬までプールは営業していて、その中でも土日祝日夏休みお盆の時期の11時~15時が最も混雑しやすくなっています。

これら混雑する時期に行くと、開園時間前には入場ゲートに多くの人が並んでおり、開園すると同時にみんな一斉に走り出して場所取りを行うので、無料の休憩所はあっという間に埋まってしまいます。

さらに11時~15時の混雑時間帯に行くと、プールに近い西立川口駐車場は満車状態になっているので、歩いて10分以上かかる他の駐車場へ回る必要が出てきますし、プールエリアでも日差しがサンサンと当たる場所しか空いていない状況になっています。

なので、プールエリアの日陰の場所を確実に確保したいのであれば、開園1時間前までに、遅くても30分前までには入場ゲートに並んでおいて、開園と同時に走って場所取りに行くのがおすすめですよ!

 

しかし、中には、

「そんなに早くから行けないよ~(>_<)」

という人もいるのではないでしょうか?

そんな人は15時を過ぎてから利用するのがおすすめですね♪

15時を過ぎてくると、午前中から利用していた人が帰宅し始めるので、その人たちが使っていた場所を確保することができます。

しかし、土日祝日や夏休み期間になると15時の時間帯でも駐車場は大混雑しているので、電車で行くことをおすすめします。

ちなみに場所取りに向かう際の注意点として3つありますので、こちらもしっかりとチェックしておきましょう!

場所取りする時の注意点
前売り券を購入しておく
現地でチケットを購入すると、購入している間に入場ゲートの行列が伸びており、その時間分だけ後ろの列に並ばないといけなくなってしまいます。

JTBなどのチケットサイトでは前売り券を販売していますので、前もって購入しておくと無駄な時間を過ごさなくて良くなりますよ♪

ちなみにこちらでは、昭和記念公園のプール料金をお得に利用できる割引クーポン情報を紹介していますので、行く前にチェックしてお得に利用しましょう!
昭和記念公園のプールの割引クーポン情報を確認してお得に利用する

 

車ではなく電車を利用する
先ほども少し言いましたが、昭和記念公園に行く時は車で行くよりも電車の方が混雑が少なく、スムーズに行動できるのでおすすめです!

昭和記念公園の駐車場は開門時間が営業時間と同時刻になっている(混雑状況によっては早く開門する事もあります)ので、駐車した後に入場ゲートに行っても長~い行列が出来てしまっています。

さらに、土日祝日や夏休み期間になると、1番プールまで近い西立川口駐車場は10時頃に満車になってしまうので、遅く行くとプールまで歩いて10分以上かかる遠く離れた駐車場を利用するハメになるんですよね。

なので、開園時間前から利用するなら電車が便利なのですが、どうしても車で行きたい場合は、開園時間前に駐車場前に到着しておき、運転手のみ車に残して、他の同乗者で入場ゲートに並んでおく方法を取るようにしましょう。

 

ワンタッチテントを持参する
昭和記念公園のプールには、2m四方までのワンタッチテントなら持ち込みが可能となっているので、持参して行くのがおすすめです!

開園時間前から行けないのなら日陰の場所が無くなっている確率も高いので、自分たちで日陰を作れるように準備しておきましょう。

ちなみにこちらでは、昭和記念公園のプールに行く時に必要な持ち物について紹介していますので、気になる方はこちらもチェックしておきましょう!
行く時に必要な持ち物を確認する

昭和記念公園のプールの日陰の場所でおすすめは?

プールの場所取りをいつから行ったらいいのかわかりましたか?

現地に着いたら素早く場所取りをするのが重要になるのですが、

「あの場所が良いかなぁ?」

「やっぱりあっちか?」

キョロ^(・д・。)(。・д・)^キョロ

と悩んでいるうちに良い場所はどんどん無くなり、プールやスライダーから遠く離れた場所しか確保できなかったという事もありますので、事前にどの場所にしておこうと何ヶ所か目星をつけておくのが重要になってきます。

昭和記念公園のプールエリアには無料で利用できる休憩所がいくつか用意されていますが、その中でも利用しやすいおすすめの場所を厳選してきたので、早速チェックしていきましょう!

おすすめの日陰の場所

大波プール周辺のテント
ここは大波プールの周辺にある日陰の場所で、たくさんのテントが設置されている場所になります。

プールエリアのほぼ中央にあるので、各プールやスライダーまでの距離が近くて便利なのも魅力ですね。

画像の赤い枠の中に六角形のテントがありますが、この場所が特におすすめ!

地面が人工芝になっているので座ってもお尻が痛くなりにくくなっていますし、背の高い木があるので、テント以外の場所も日陰になりやすくなっていますよ♪

 

昭島管理棟前の人工芝エリア
ここはメインゲートから離れた場所になりますが、人工芝が敷いてあるおすすめの場所になっています。

画像で見ると何もありませんが、プール営業期間中はこの人工芝の上に日よけが設置されていて、無料の休憩所として人気の場所になっていますね!

地面が人工芝なので柔らかく、背の高い木が周りにあるので日陰もできやすい、しかも子供用のプールに近い場所にあるので、家族連れで利用する方におすすめの場所ですよ♪

スポンサードリンク

昭和記念公園のプールの有料席の様子

昭和記念公園のプールでは有料席も販売されており、1日中利用するからちょっとリッチに過ごしたいという人に人気になっています。

実際にこの有料休憩所を利用したいなと考えている人もいると思いますが、設備状況やどんな様子になっているのか気になる人もいるのではないでしょうか?

早速ですが、この有料席について詳しく解説していきますのでチェックしていきましょう!

ペアシート2名用
[平日]
・7、9月:2,000円
・8月  :3,000円

[土休日]
・7、9月:3,000円
・8月  :4,000円

 

ファミリシート4名用
[平日]
・7、9月:4,000円
・8月  :5,000円

[土休日]
・7、9月:5,000円
・8月  :6,000円

有料席にはデッキチェアやテーブルが設置されており、屋根や隣との仕切りもあるので、プライベートな空間としてゆっくりとくつろぐことができるようになっています。

人工芝も敷かれているので、地面に物を置いたり座ったりするのも抵抗が少ないですね。

利用する時期によって料金が変化するのが痛い所ではありますが、開園から1時間もすれば有料席が無くなってしまうほど人気の席になっていますので、利用する際は開園時間前から並んで、開園と同時に有料席の受付までダッシュしましょう!

まとめ

今回は、昭和記念公園のプールの場所取りをする時間と、おすすめの日陰の場所、有料席の様子についてお伝えしました!

夏休みに入ると一気に人が増えますので、早めの行動を心がけましょう!

ちなみにこちらでは、プールに行く時に必要な持ち物や更衣室の様子、割引クーポン情報など、実際に行く前に確認しておくと役に立つ情報をまとめて紹介していますので、こちらもチェックしておきましょう!
昭和記念公園のお役立ち情報を確認する

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑