としまえんのプールの場所取り時間と日陰の場所、有料席の様子は?

公開日:  最終更新日:2017/08/03

9b082916eee7786547d2b3e728d20c75_s
としまえんのプールは流れるプールや波のプール、ハイドロポリスなどのスライダーなどが充実しており、都内でも人気のプール施設になっています。

そんな豊島園のプールに遊びに行きたいなと考えていると思いますが、場所取りをする時間や場所、有料席について知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、としまえんのプールの場所取り時間と、日陰になっているおすすめの場所有料席の様子についてお伝えします!

スポンサードリンク

としまえんのプールの場所取りはいつから?

としまえんのプールに行く時に重要になってくるのが場所取りですね!

疲れた時に休憩できる拠点を確保しておかないと、プールを満喫するのは難しいです。

 

通常営業時の平日なら、そんなに人が多くないので日陰の良い場所を取りやすいですが、土日祝日夏休み期間になってくると多くの人で混雑するので対策が必要です。

ちなみに。プールエリア内には屋根付きの無料休憩所がないので、日陰の場所はかなり限られています。

そのため場所取りのために開園時間前から多くの人が並んでいるので、開園する30分~1時間前までには到着できるように行動しましょう!

 

ちなみに車を利用される方は駐車場を利用すると思いますが、プール営業時は臨時駐車場が解放されています。

正門近くの駐車場よりも、臨時駐車場の方がプールの入り口まで近いので、臨時駐車場を利用するのがおすすめです♪

ちなみにこちらでは、としまえんの駐車場情報について詳しく解説していますので、臨時駐車場の場所や料金を確認しておきましょう!
としまえんの駐車場情報を確認する!

開園する30分~1時間前までに到着して入園ゲートに並び、開門されたら急いで場所取りに向かいましょう!

この時に押されたりして転倒してしまう人もたまにいるので、場所取りは男性に任せて、小さい子どもや女性の方は場所取りに向かう人たちに巻き込まれないように、横にズレてプールに向かうのがおすすめです。

ちなみにプールエリア内は土足禁止となっているので、プールエリア内に入る前に裸足になるか、ビーチサンダルを履いて場所取りに向かいましょう!

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、としまえんに実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真を見ることができるので、行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】としまえんの口コミ情報を確認する!

としまえんのプールの場所取りで日陰の場所はどこ?

としまえんのプールで場所取りをする時間はわかりましたか?

しかし、プールエリアはかなり広いので、

「どの場所を確保したらいいのかわからない!」

と悩んでいる人も多いと思います。

気温も高いですし、疲れた時の休憩の場所になりますので、できるだけ日陰の場所を確保したいですが、豊島園には屋根付きの無料休憩所は基本的にありません。

なので、屋根付き・パラソル付きの日陰の場所を確実に確保したいのであれば有料席をおすすめします。
(次の章で詳しく解説しています。)

しかし、有料席は料金が高いので、できるだけお金をかけずに日陰の場所を利用したいですよね。

そんなあなたにおすすめの日陰スポットをご紹介します!

 

日陰スポット
としまえん 日陰スポット
流れるプールとナイアガラプールの壁際の場所になります。

この場所は後ろに背の高い木が生えていて、南側になりますので、1番気温が高くなる午後でも日陰の状態が続いているのでおすすめです。

この場所以外にもプールエリア内には背の高い木がありますが、日陰がどう動くのかわかりにくく、午前中は日陰だったけど午後になると日なたになっていた、という事もありますので、この日陰スポットが確実ですね♪

しかし、この場所は激戦区なので、開園30分~1時間前には並んでおかないと確保するのは厳しいので、早めに行動するようにしましょう!

また、木の近くという事もあり、虫や蚊がいる場合もありますので、虫よけスプレーなどがあると便利ですよ。

ちなみに豊島園のプールは、テントの持ち込みがOKなので、日陰の場所が無かったとしても、自分で日陰の場所を作るという方法で良いかもしれませんね。

ちなみにこちらでは、としまえんのプールに行く時の持ち物や、持ち込み可能なのかよくわからないグレーゾーンな物のについて詳しく解説しているので、行く前にこちらも確認しておきましょう!
プールに行く時に必要な持ち物と持ち込み可能な物を確認する

スポンサードリンク

としまえんのプールの有料席の様子は?

屋根付きやパラソル付きで日陰の場所を確実に確保するなら有料席がおすすめと言いましたが、有料席はどのようになっているのか気になりますよね。

まず、有料席の場所と席の紹介ですが、以下のようになります。

有料席の場所
としまえん 有料席

プレミアムシート(2棟)
・1棟8名まで
・土日祝、8月11日~16日:20,000円
・平日料金:15,000円
[設備内容]
オーニング(日よけ)
デッキチェア 1人用×4台
テーブルチェア 4人掛け
クーラーボックス
うきわ (ダブル)

 

スペシャルシート(26棟)
・1棟6名まで
・土日祝、8月11日~16日:8,500円
・平日料金:6,500円
[設備内容]
デッキチェア 1人用×2台
テーブルチェア 4人掛けパラソル付き
サイドテーブル

 

プールサイドシート(33棟)
・1棟6名まで
・土日祝、8月11日~16日:7,500円
・平日料金:5,500円
[設備内容]
デッキチェア 1人用×2台
テーブルチェア 4人掛けパラソル付き

 

ファミリーシート(49棟)
・1棟6名まで
・土日祝、8月11日~16日:6,500円
・平日料金:4,500円
[設備内容]
デッキチェア 1人用×2台
テーブルベンチ 4人掛け

 

こどもプールシート(9棟)
・1棟6名まで
・土日祝、8月11日~16日:6,000円
・平日料金:4,000円
[設備内容]
テーブルベンチ 4人掛け

 

ペアシート(31棟)
・1棟2名まで
・土日祝、8月11日~16日:5,500円
・平日料金:3,500円
[設備内容]
デッキチェア 1人用×2台
サイドテーブル

 

シングルシート(20席)
・1席1名
・土日祝、8月11日~16日:2,000円
・平日料金:1,500円
[設備内容]
デッキチェア 1人用×1台

 

ハイドロポリス有料席(10棟)
・1棟6名まで
・土日祝、8月11日~16日:5,500円
・平日料金:3,500円
[設備内容]
デッキチェア 1人用×2台
テーブルチェア 4人掛け

①~⑦の有料席は、朝早くから当日券を購入しなくても事前に予約することができますし、電子チケットになりますので簡単に入場することができるのでおすすめです!

公式サイトの方から予約購入ページに行くことができますのでチェックしておきましょう!

⑧ハイドロポリス有料席は画像の中にも表示はありませんが、スライダーで有名なハイドロポリスの近くにある有料席になります。

この席は事前予約することができず、すべて利用当日に「ハイドロポリスチケット&インフォメーション」で受付する必要がありますので注意しましょう!

 

ちなみに有料席を購入する時に注意してほしいことがありまして、それは、

「木の近くの席は利用しない」

という事ですね!

プールエリアの端の方に行くと林のようになっているのですが、その近くに行くと虫や蚊がいることがありますので、休憩中に邪魔になる事があります。

もちろん、としまえんのスタッフの方が虫対策を行っているのですが、すべての虫を防ぐことができるというわけではないので、虫が嫌いな人は木から離れた位置の有料席を確保するようにしましょう!

有料席は料金はかかりますが、

・日陰がある
・スペースが広い
・テーブルがあるので何かと便利
・疲れた時にはデッキチェアに寝れる
・荷物を少なくできる
・事前予約できる

というメリットがたくさんあります。

1日中遊びたいと考えている方は有料席の方も検討されてみてはどうでしょうか?

まとめ

今回は、としまえんのプールの場所取り時間と、日陰になっているおすすめの場所、有料席の様子についてお伝えしました!

無料の場所を場所取りするのなら、開園前から来て並んでおかないと良い場所は確保できませんので、早めの行動を心がけましょう!

ちなみにこちらでは、プールの混雑状況や更衣室などの様子だけでなく、遊園地や割引クーポン情報など役に立つ情報を紹介しているので、こちらもチェックしておきましょう!
としまえんのお役立ち情報を確認する!

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事も読んでいます

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑