脇の汗染み黄ばみの落とし方!シャツが黄ばむ原因、防止方法と保管方法とは?

公開日: 

暑い夏は何をしてもたくさんの汗をかいてしまいます。

そのため服に汗染みがついてしまうので、時間が経つとなかなか落とせなくなってしまいます。

特に脇は汗が多く、いつの間にか黄ばんできたりして困ってしまいますよね。

そこで今回は、脇のしつこい汗染み黄ばみの落とし方と、黄ばみの原因防止方法と保管場所についてお伝えします!

スポンサードリンク

脇のしつこい汗染み黄ばみの落とし方とは?

脇汗による汗染みや黄ばみは普通に洗濯してもなかなか落ちてくれませんよね?

特に白いシャツなんかに黄ばみができてしまうと、目立ってしまいかなり恥ずかしいです…

しかし買い替えるのも嫌なので何とかしたいですよね?

白いシャツの黄ばみには、40~50℃くらいのお湯に入れて、

アタックなどのコンパクト洗剤+酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム系)を溶かした液に一晩つければきれいになります。

黄ばみがひどいようなら直接汚れに漂白剤を付けてから一晩つけておきましょう。

もしも重曹があるのなら、酸素系漂白剤に混ぜて使うとより一層の効果が期待できます。

ちなみに液体の酸素系漂白剤よりも粉末の酸素系漂白剤の方が漂白力が高いです。

ただ粉末の酸素系漂白剤は効果が高い代わりに色落ちしやすくなるので注意しましょう。

 

酸素系漂白剤の場合は、汚れが軽いものならいいですが、ひどいものになると綺麗に落とすことはできません。

さらに効果のある塩素系漂白剤を使うといいですが、生地が傷みやすく、色物は色落ちしてしまいます。

そんな時に使えるのがジョイなどの食器洗い用の台所洗剤です!

クリーニング店に勤めていた方が言っていましたが、これはホントにおすすめです。

台所用洗剤の長所としては、

・中性なので生地を傷めたり、変色させたりという心配がほとんどない。
・中性なので何度もすすぐ手間が要らない。
・油汚れ、食べこぼし、口紅などほとんどの汚れに対応できる。

(皮脂の汚れにも充分対応する。)
・安価で常備しているし、何処でも売っている。
・メーカーの差はほとんどなく、効果は安定している。

短所としてはほとんどないのですが強いて言えば

・濃縮タイプが多いので付けすぎると残ったりする場合がある。
(再度濯げば大丈夫です)
・血液には不向き。

といったとこでしょうか。

使い方はシミや黄ばみに台所用洗剤を直接塗った上に手で揉んでください。

そしてあとは普通に洗濯するだけです。

あまりにも時間が経ちすぎてしまうと、薄く目立たなくすることはできますが、

完全にきれいにすることはできないので、汚れていたらすぐに洗うように心がけましょう!

スポンサードリンク

シャツの脇などに黄ばみができる原因とは?

白いシャツを着ているとわかりやすいですが、脇のあたりに黄ばみができていたということありませんか?

黄ばみができていると目立ってしまい周りを気にしてしまいますよね。

そもそもなぜ汗をかいてしまうとシャツなどに黄ばみができてしまうのでしょうか?

原因の1つがワキガです。

脇の下にあるアポクリン腺という汗腺から分泌される汗の一種で、それが細菌などに汚染されて発生する刺激臭のことをいいます。

このアポクリン腺から分泌される汗は、黄色みを帯びているので乾いた時に黄ばみとして出てきてしまいます。

ワキガの人は他の人と比べると、アポクリン腺から出る汗の量が多いため黄ばみになりやすいです。

ワキガではなくても、汚れを落とし切れていないと蓄積され、黄ばみとして出てきてしまいます。

また汗が残っていたり、皮脂の汚れが残っていたりすると、

酸化してしまい黄ばみになってしまうようです。

 

あとは脇に使うデオドラント剤も原因とされていて、

体質に合わないデオドラント剤を使うと汗と反応して黄色い色が出てしまいます。

「最近、黄ばみが多くておかしいなあ」と思った方は、

使っているデオドラント剤の使用を一時的にやめてみると、原因がデオドラント剤なのかどうかが分かります。

また全てのデオドラント剤が黄ばむわけではなく、不思議なことに、その人により黄ばむデオドラン剤が異なるようです。

 

他には汗腺機能の低下による原因もあります。

普通の汗はエクリン腺から出ますが、健康な汗ならその成分はほとんど水です。

しかし、汗腺機能が低下すると汗の中に血中のミネラルがあふれ出して汗が黄色くなります。

原因が分かったところでどのようにすれば黄ばみを防げるのでしょうか?

次の章で詳しくお伝えします!

シャツを黄ばみから防止する方法と保管方法は?

汗などで汚れて時間が経ってしまうと黄ばみやすくなってしまいますので、

その日のうちに洗濯をすることが重要になってきます。

黄ばみの落とし方を紹介しましたが、黄ばみが出てくる前から対策をやっておいた方がいいです。

なので毎日の洗濯で漂白剤をつけたり、台所用洗剤をつけたりしてから洗い、予防を心がけましょう。

また衣類に直接汗をつけないことも重要です。

そのため汗わきパッドなど装着して汗をつけないようにしましょう。

せっかく洗濯したのにタンスに入れて出してみると黄ばんでいるということがあります。

汚れが落とせていなかったり、タンスにぎゅうぎゅうに詰めて入れてしまうと、

湿気やすく黄ばみやすいです。

そのため衣類は余裕をもって収納すること、換気をしたり、除湿剤を入れるなどの対策が必要になってきます。

まとめ

今回は、脇のしつこい汗染み黄ばみの落とし方と、黄ばみの原因、防止方法と保管場所についてお伝えしました!

日頃から洗濯する時に気をつけて対策をしていれば黄ばみなどは出てきにくいです。

どうしても落ちないときにはクリーニング店で染み抜きしてもらいましょう。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事も読んでいます

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑