はまぐりの砂抜き時間で潮干狩りの物は?短縮方法と口が開かない原因は?

公開日: 

9cd202bb08020798dd7daea9af7a8059_s
潮干狩りに行って、たくさんのはまぐりを獲り、

「今夜ははまぐりパーティーだ!」

と楽しみにしていると思いますが、調理する前にやらなきゃいけないのが砂抜き。
潮干狩りで獲ってきた蛤は特に多くの砂を含んでいる可能性があるので、砂抜きを怠ってしまうとあの「ジャリッ」とした食感で食べる気が失せてしまいます。

しかし、いざ砂抜きをやろうにも、どういう方法でどのぐらいの時間砂抜きをしたらいいのかわからないですよね。

そこで今回は、はまぐりの砂抜きの時間で潮干狩りの物をやる場合と、時間を短縮してやる方法砂抜きしても口が開かない原因を解説していきます!

スポンサードリンク

はまぐりの砂抜きの時間で潮干狩りで獲ってきたものは?

潮干狩りで獲ってきたはまぐりは多くの砂を含んでいる可能性がありますので、砂抜きをする必要があります。
早くその方法を知りたいと思いますので、早速砂抜きの方法をチェックしていきましょう!

ハマグリの砂抜き方法

[準備するもの]
・底が平たいバット
・網
・水
・塩
・新聞紙
・ハマグリ

[やり方]
ハマグリをこすり合わせて良く洗う
潮干狩りに行った後なので、表面に付いている砂やゴミを洗い流します。

底が平たいバットに網を敷き、はまぐりを並べる
バットに網を敷くことで、はまぐりが吐いた砂が下の隙間に落ち、再び吸い込んでしまう事を防いでくれます。
はまぐり同士ができるだけ重ならないように並べましょう。

塩水を作り、はまぐりの3/4くらいまで入れる
塩水は潮干狩りで獲ってきた場所の海水を使うのが1番砂抜きに適していますので、海水を持ち帰るようにしましょう。
海水が無い場合は水500mlに対して塩15g(大さじ1)の3%食塩水を作って入れていきます。

注意してほしいのが水道水を使う場合、塩素(カルキ)濃度に差がある地域があります。
濃度が高ければ1度水道水を沸騰させて、カルキを飛ばしてから使用するようにしましょう。

新聞紙をかけて暗い所に3時間~1晩置いておく
新聞紙をかけることで暗くなりますし、はまぐりが砂と一緒に水を勢い良く吐いたとしても、周りに飛び散るのを防ぐことができます。
冷蔵庫に入れてしまうと温度が下がりすぎて、はまぐりの活動が鈍くなるので、15℃~22℃の場所に置いておきましょう。

砂抜きが終わったら、はまぐり同士をこすり合わせて洗う
吐いた砂を被っていることがあるので綺麗に水で洗いましょう。

砂抜きをした後はこのまま調理しても良いですし、同じ濃度の塩水に浸けて、毎日水を交換しながら冷蔵庫に保存しておけば2~3日は日持ちしますよ。

スポンサードリンク

はまぐりの砂抜きの時間を短縮する方法は?

はまぐりの砂抜き方法を紹介しましたが、

「砂抜きに3時間もかかるの!?」
「夕飯のおかずにしたかったけど間に合わない!」

と悩んでいませんか?
そんなあなたにおすすめの砂抜きの時間を短縮する方法がありますので、早速チェックしてみましょう!

はまぐりの時短でやる砂抜きの方法

[準備するもの]
・底が平たいバット
・網
・50℃のお湯
・ハマグリ

[やり方]
①ハマグリをこすり合わせて良く洗う

②底が平たいバットに網を敷き、はまぐりを並べる

50℃のお湯をハマグリの3/4くらいまで入れる

3~5分浸けて砂抜きする

⑤砂抜きが終わったら、はまぐり同士をこすり合わせて洗う

50℃のお湯を準備するのが面倒ですが、この方法だとすぐにハマグリが顔を出し、砂抜きをどんどんやってくれるので、15~20分で全工程を行うことができますよ。

しかし、少し温度の高いお湯を入れるので、貝にストレスが加わり、旨味が抜けてしまう恐れもあると言われています。
それでも大丈夫という方はやってみると良いでしょう。
(ちなみに私も50℃砂抜きやったことありますが、普通に美味しかったですよ♪)

はまぐりの砂抜きで口が開かない原因は?

砂抜きをしていても、いつまでたっても口が開かない場合もあります。
その時の原因をまとめましたのでチェックしてみましょう!

[砂抜きしても口が開かない原因]
塩分濃度が薄い、もしくは濃すぎる
塩水を作るときは水500mlに対して塩15g(大さじ1)の3%食塩水を作りましょう。

塩水の量が多い
塩水をハマグリ全部が浸かってしまうほど入れてしまうと、呼吸ができなくなるのではハマグリが死んでしまいます。
3/4くらい浸かるぐらいの水量で砂抜きを行いましょう。

水の温度が低い
水の温度が低いとハマグリの活動が鈍くなり、砂抜きができません。
おすすめの室温と同じ15℃~22℃の水温がおすすめです。

冷蔵庫に入れている
冷蔵庫の温度は約3~6℃と言われていますので、その中にはまぐりを入れてしまうと活動が鈍くなり、砂抜きができません。
15℃~22℃の場所に置いておきましょう。

明るい場所に置いている
はまぐりは普段、砂の中にいるので明るい場所よりも暗い場所の方を好みます。
新聞紙などを被せて暗い場所に置いておきましょう。

はまぐりが死んでいる
他のはまぐりは口が開いているのに、その中で口が開いていないものがあったら、そのハマグリは死んでいますので取り除いておきましょう。

みんな口を閉じていてわからない時は、殻と殻を音が鳴るくらい叩き合わせてみると良いでしょう。
重い音がしたら生きていて、死んでいたら貝柱の力が無くなっていることから、ガシャガシャと軽い音がします。

まとめ

今回は、はまぐりの砂抜きの時間で潮干狩りの物をやる場合と、時間を短縮してやる方法、砂抜きしても口が開かない原因についてお伝えしました!

しっかりと砂抜きを行ってからハマグリを思い存分味わって下さいね♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑